霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

さわやかウォーキングin函南

2017-03-20 17:00:53 | 散歩

 妻が仕事で私が休み。

久しぶりにJR東海のウォーキングに出かけました。

足は自転車で伊豆箱根鉄道の仁田駅に止めます。

下りの鉄道は8時33分発でした。

 出発地の原木駅で貰った今日のコースです。

右下の原木の駅から右下の日守山に向かいます。

その後、山本食品を通って国道136号線を横断して、湯~トビアかんなみに向かいます。

時間は3時間もありませんが、少々アップダウンが厳しくて疲れます。

 

 出発地の原木の駅です。

 

 ここから、ウォーキングの出発です。

いつもは無人駅なのですが、今日は駅員がしっかり対応していました。

時間は8時45分過ぎで、一番最後っぽい場所で出発です。

 

 最初は来光川の防波堤を国道136号線の蛇ヶ橋に向かって折り返します。

川の反対側には早い人が見えています。

 

 今日一番の疲れ場所、日守山の山頂です。

案内にキビシイと書いてある通り、ウォーキングには厳しい山です。

登り30分と書いてありました。

 

 日守山に登ったら、136号線の縦貫道(バイパス)の脇を通って山本食品の店に出ます。

いつも来ているので店内を一周回って今回はパス。

 

 山本食品を出てから国道136号線を渡って、来光川の防波堤を歩きます。

 

 今日の終着地の「湯~トビアかんなみ」に到着です。

のんびり歩いていたら、午後になっていました。

 

 後は出発地の仁田駅に向かいます。

午後1時20分になっていました。

 

 家まで自転車をこいで帰りましたが、途中のベンチで一休み。

家に帰ったのは午後3時20分頃でした。

久しぶりの街歩きでしたが、最近は若い人が多くなって来たように感じました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥沼津アルプス | トップ | 冬用タイヤ交換が。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む