咲夜のお部屋

交信して浸透す。ないしょ話、艶っぽい話、詩・絵・写真etc 

「トイレでお祓い」の都市伝説を実行してみた☆

2017-03-20 | 不思議




いつも読んでいただきありがとうございます☆

読んでほしいし、読んでくれて嬉しい♪といつも思っています。



ケド、全体のほんの1%位なんですが
「アノ人には読まれたくない」ってのも正直に言ってあります。

世の中、多数決が力を持つと思っていたけど
意外や意外、「たった1%」の力って大きいんだなと思う。
その1%が天地をひっくり返すほど動かすんですもの・・・・


咲夜は普段は鈍感ですが、いざという時は見えないものを感じとることが出来るので

読んでくれた人たちからの「共感」や「温かいもの」を感じることを嬉しく思います☆



さて~、役に立たない不思議シリーズと違って・・・・
コレは役に立つかも☆


今はお彼岸の時期で、アノ世のものが流れ込んで来ているので
普段は何も感じない人も「腰とか肩が痛い・・・」とあっちこちから声が聞こえて来ます。

「腰とか肩を突っついて存在をアピール」していますからね・・・・

今年は3月の上旬位からなかなかハードなエネルギーです(涙)


もうなりふり構わず「お祓い」と名の付くものは何でもやって来ました。


瞑想しながら意識の上でオーラのクリーニングをするのも良いけど
やはり
お道具を使う方がダイレクトでパワフルで、スッキリ感が凄いです。


1年前位に流行った「都市伝説」を実行してみました。
もう、ご存知の方も多いかと思いますが

トイレットペーパーに「悩み」を書いて→塩を包んで→火で燃やし
→灰や燃えかすの紙と塩をトイレに流す


というもの。
いや~~~コレは凄かった!
スッキリ感、祓われた感が半端なかったです☆


トイレットペーパーに

「腰が痛い」と書いたら(他にも一度に沢山書いたけど)

ホントに瞬時に腰痛が軽くなりました。



憑いているものが取れます。マジで。

あまりに気持ちが良いので、1日に何度もやりました。

そしたら、トイレに対してものすごく感謝の気持ちが湧いてきました。

トイレは「陰の気」が溜まりやすいので
「陽(火)の気」を入れると良いと聞いたことがあるので
お祓いの儀式をした後は、お礼の気持ちを込めてトイレでお香を焚きました。


このお祓い方法は「火と水」を両方使うので

お祓いの基本は
「火と水」の統合にあり!

と実感しました。







この方法はお金もかからないし(塩代400円ほどだけ。咲夜は“シマ・マース”を使いました)
神社などに行かなくても出来るのが良いです。

誰が考えたのか知らないけど、凄いです。ありがとうございます☆


改めて、トイレが素晴らしい場所に思えました。

家の中に「祓い処」があるのです!
単に用を足すだけじゃなかったのです。

ウチのトイレは思いっきり「女性性」にしています。
薔薇の造花に薔薇のマット。キラキラした装飾。
けど、ゴテゴテでなくスッキリとまとめています。
それから、安っぽいものは排除しました。(だって神様だもん)



『ヒミツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【不思議メモ3】中央構造線... | トップ | 【感情】出したものは自分に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む