化粧品の成分おたく さえぽんの日記

毒判定 1~3 ①★の時天然エキス等CAS有
天然×天然素材合成☆彡
or
天然×石油合成?成分名だけでは不明★①

化粧水の主成分のボーダーラインについて。

2017年04月22日 00時27分16秒 | 化粧品成分 豆知識

化粧品成分検定協会の水溶成分について(化粧水の例)に使われた資料をご案内します。

それぞれ大手メーカーさん市販の化粧水です。

赤のボーダーライン迄がこの化粧水類の主成分です。ボーダーライン以下は1/100mlと推測されます。

植物エキス配合と華やかにCMされますが、主成分(化粧品ならおおよそ8割~9割)にどの水溶成分が使われているかの確認をすることが大切。

水溶成分が何か?

一般のユーザーには難しいところだと思います。

エキスやヒアルロン酸は1ml以下で役割を果たす。

エキスが出てきたら境界線と捕らえても良いと思います。

(あくまでも目安。試験に受かる受からないの境界線は全く別)

この主成分に水以外の天然素材のみで作ることはほぼ皆無

それは価格や原料の取扱いやすさを考えると難しいこと。

化粧品成分検定協会の講師の方が言っていました。

この常識の中で化粧品成分でトラブルを起こしたことがある人は自分に合わない成分を把握して

そのリスクを避けることは裏表示を見る事で出来ます。

その通りです。

でも避けていたら使える物がなくなる人は?

保湿をするより上の選択。

本質的にきれいになりたい人は?

21世紀。主成分にも天然素材で作られている化粧水もあります。(ほぼ皆無)

そんな事を耳にしたら、裏表示を見てください。

下記とを違う傾向の成分名が最初から並んでいるはずです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラメラ構造の美容液 図と解... | トップ | 化粧品 シリコン成分のメチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL