化粧品の成分おたく さえぽんの日記

毒判定 1~3 ①★の時天然エキス等CAS有
天然×天然素材合成☆彡
or
天然×石油合成?成分名だけでは不明★①

オーガニック×ボタニカルノンシリコンシャンプー解析結果

2017年05月14日 23時41分00秒 | シャンプー

このシャンプーにセットで販売されているトリートメントの主成分成分は下記

水、ステアリルアルコール、ミネラルオイル、セタノール、グリセリン、ステアルトリモニウムクロリド、

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、トリデセス-3、(C12-14)パレス-5、ポリクオタニウム-10、

ポリクオタニウム-7、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2

上記の主成分の後に多くの天然エキスが採用されています

 

メーカーのPRの通りにシリコン類は使われていません。

成分から読み解ける主成分は

陽イオン(カチオン)界面活性剤です。

一般的なトリートメントの主成分の傾向性

A:シリコン+非イオン界面活性剤(ノニオン)

B:陽イオン界面活性剤+非イオン界面活性剤

C:シリコン+非イオン&陽イオン界面活性剤

D:シリコン+非イオン界面活性剤(ノニオン)+陽イオン原料類

上記からB陽イオン中心の非イオン界面活性剤と読み解けます。

陽イオン活性剤がアレルギーに関係が深いという事も知られ最近では陽イオン界面活性剤も避ける方も増えてきています。

トリートメント成分の詳細は後日解析します。

By さえぽん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスメサイトで売り上げNo1と... | トップ | ビフォー・アフター。ヘアモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL