化粧品の成分おたく さえぽんの日記

毒判定 1~3 ①★の時天然エキス等CAS有
天然×天然素材合成☆彡
or
天然×石油合成?成分名だけでは不明★①

無店舗販売企業2016年売上1位2位のメーカーのシャンプー全成分です。

2017年06月15日 23時52分08秒 | メイク品

無店舗販売企業2016年売上1位のメーカーのシャンプー全成分です。

720ml 3,911円

10年ほど前に御客様に紹介をされたことがありましたが、当時はラウレス硫酸Naが主成分でした。

主成分は低リスクに改善されているようですが・・・・

陽イオン界面活性剤・TEA・PPG・PEG・EDTAを含め気になる科学物質がちらほら

メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノンは防腐剤です。

以前も案内しましたが、欧米では禁止している国もあります。この2つはセットで使用されるとか?

パラペンフリー・安息香酸フリー・フェノキシエタノールフリーの化粧品に見かける防腐剤です。

水、ココイルイセチオン酸Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、コカミドプロピルベタイン、グリセレス-26、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸グリコール、(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー、香料、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、塩化Na、乳酸アルキル(C12-15)、ヘクトライト、ヒドロキシエチルセルロース、PPG-12ブテス-16、酢酸トコフェロール、EDTA-4Na、クレアチン、ラノリン脂肪酸、BG、アロエベラ液汁、クエン酸、TEA、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、メドウフォーム油、アスパラギン酸、ブドウ種子エキス、PCA、ザクロステロールズ、メチルクロロイソチアゾリノン、グリシン、アラニン、セラミド2、セリン、セラミド3、バリン、メチルイソチアゾリノン、ベヘン酸、コレステロール、イソロイシン、プロリン、トレオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、シソ葉エキス

次に無店舗販売企業2016年売上4位のシャンプーの全成分です。

250g 2824円

このメーカーの化粧品類を使っている友人に御客様がいいのあるよ。と当店のシャンプーを勧めてくれた時に、天然100%だから大丈夫と言われたと。

これはかなり石油合性値が高い成分が多いですね。何故ユーザーが天然成分だと勘違いをし続けて使っているのか・・・・・?

ちなみに防腐剤はやはりメチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

気になる方は検索をしてみてください。

成分解析は後日ご案内させていただきます。

成分名成分分析
溶剤
デシルグルコシド 合成界面活性剤、洗浄剤
ラウレス硫酸アンモニウム 合成界面活性剤、洗浄剤
ラウリル硫酸アンモニウム 合成界面活性剤、洗浄剤
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-6 合成界面活性剤、乳化剤
コカミドプロピルベタイン 合成界面活性剤、洗浄剤
コカミドMEA 合成界面活性剤、起泡剤
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤
パンテノール ビタミン類、育毛効果
ハナショウガ液汁 植物液汁
香料 単一香料又は調合香料
グァーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 毛髪保護
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 合成ポリマー、乳化安定剤
ジステアリン酸PEG-150 合成界面活性剤、洗浄剤
銅クロロフィリンNa 着色剤、消臭剤
メチルクロロイソチアゾリノン 防腐剤、防カビ剤
メチルイソチアゾリノン 防腐剤、防カビ剤
AMP アルカリ剤、pH調整剤
クエン酸 キレ-ト剤、pH調整剤
PEG/PPG-18/18ジメチコン 合成界面活性剤、乳化剤
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 22時に帰宅すると、人が集... | トップ | 食せるところはすべて食べます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL