化粧品の成分おたく さえぽんの日記 (2017年7月化粧品成分検定1級上級スペシャリスト認定所得しました)

毒判定 1~3 ①★の時天然エキス等CAS有
天然×天然素材合成☆彡
or
天然×石油合成?成分名だけでは不明★①

天然100%オーガニック化粧品の5000円のシャンプー解析しました。

2016年11月20日 03時13分24秒 | シャンプー
天然100%オーガニックをうたう化粧品メーカーのシャンプーです。
シャンプーに鉱物合成のものが少なければ他の化粧品もかなり期待できるで、
分かりやすくシャンプーにしました。

本質・INCI・CAS番号は上記に示します。


☆天然物の可能性が高い。
★抽出の仕方により、天然合成と分からない。

CASがある場合は☆★天然物由来でも有機合成物なら一応①
★一つは原料自体が慣用的にほぼ有機物由来系です。
希に例外はあるようです。

この欄に☆★がない物は鉱物系の合成をしています。

シャンプーは通常、水と界面活性剤が9割前後を占めてるんだって。
この場合10番目位で配合の90%越えてそうです。
このシャンプー天然エキスいっぱい書いてあるけど主に臭い付けなのかな?



それよりも気がかりは👇
3 ラウリルグルコシド 552502 ~2
4 プロパンジオール 560605 2
5 ラウリルベタイン 552512 ~2

この組み合わせは新しい。
しかもこのシャンプーの主要成分にあたる。
多分ですけど、この原料が合成して強い界面活性剤に化けてる様な感じがします。
”プロパンジオール”って配合制限こそありませんが。
プロパンガスを想像するとね・・・・。
ちなみに
1,3-プロパンジオールは、炭素数が3であるグリコールの一種。溶媒、不凍液、接着剤などに用いる。別名をトリメチレングリコール。PDO と略される。消防法に定める危険物#第4類 第4類危険物 第3石油類に該当する。参照 ウィキペディア

炭素数が2個か1個かで変わるみたいですが、主成分に使わなくても…
と思ってしまうのは私だけ?
似た成分が旧指定成分にあります。
防腐効果は期待できそうですね🎵

結論つまり水溶成分を除いた中心の界面活性剤を中心に鉱物ですよね。

豆しば調に言うと

ねえ聞いて聞いて
今科学者達専門家が懸念しているのは、
新生の化学原料がどんどん登録されていて、
安全性の確認が間に合っていかないらしい。

ねえ聞いて
化粧品は表には何を書いても法律上問題無いんだって!!
裏表示を偽ると300万円の罰金?
払えば済むんだって。
後は企業のモラルとプライドかな。

へぇー トランプさん凄い✨
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/bcc3fc523a8bad34593f30277708cabc?utm_source=admin_ranking&utm_medium=realtime&utm_campaign=realtime

リンク張りました✨

By さえぽん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショウガエキスも合成の仕方... | トップ | Q:天然100%化粧品ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL