広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デター!

2017年04月21日 | 写真
先日からカメラシステムのダウンサイジングをマジで考えてるのですが、自分的にはダークホースのSONYさんからSUGEEEEE!のがキタコレ。SONYと言うメーカーは特に好きではないのですが、なんて言うか『既存概念を打ち破る破壊力』があるので、その点はすごく良いな~と思います。あと、前モデルの不評な所を確実にブラッシュアップしてくるところ。


本格的なカメラ、プロ用機材は大きく重いのが当たり前的な現在ですが、同じSONYのα99を見ても判るように、CNのフラッグシップのようなサイズが本当に必要だろうか?と思う訳です。プロが使うものは性能だけでなく堅牢さも必要かと思いますが、例えば10年前、20年前の携帯電話のサイズを笑ってしまう様に、大きな航空機がより軽い素材を使用する事で大幅なコストダウンを図っているように、道具や機械で『大きく重い事』にメリットは殆どありません。


いずれ『当時(昔)はこんなデカい弁当箱のようなカメラを皆が使ってたんだよ』、と笑い話になるのも遠い未来の話ではないでしょう。近いところでは次のオリンピック。並ぶレンズの比率が本当に変わってくる予感。いや、アッパレSONY。見直した。



写真をクリックするとYOUTUBEに飛びます(紹介動画)

『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 割りやすいタマゴ。 | トップ | おっさんがデッサン »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぜひ (ジュン)
2017-04-26 10:23:24
ユーザーとなってくださいまし(^o^)

コメントを投稿