PENTAX KP

2017年02月12日 | 写真
PENTAX KP 予約しました!な訳はなく(w。

なかなかお手ごろ的で、最初はトホホ・・・な感じでしたが、ジワジワ来ています。が、先日入手(お借り)したM5、フルサイズセンサーに慣れてしまったボクちゃんの眼力ですと、やはりAPS-CはAPS-C。同じセンサーサイズでももっと良い画質のものもあるかもしれませんが、この辺は最初から割り切るべきでしょうな。逆に割り切ることでデッカイEOSを本気撮り用とするならば、ちっさいEOSは持ち運び、軽快感、普段使いには最適なギア。ちょっと話が逸れますが、KPも『普段持ち歩きたい』カメラだと考えたら意外と良いかもしれません。

ところで、自分は時々ヤフオクを利用するのですが、元々職業が『商売人(売人ちゃうで)』ですので人様に物を買って頂くには?と言うのをなんとなく常に考える癖?があります。以前、あまりしっかりした写真だと『取引後に突っ込みがいれられるので』という理由から、『商品説明にあえてややピンぼけな写真を使う』と言う方のお話を聞いたことがありますが、正直な話『商売人の風下にもおけません(w』。特に、自分の出品してるものが『間違いないもの』であるならば、説明はきちんとし、そして更に『出来るだけ高く買って頂けるように』、装飾のない範囲で見栄えを良くしたり、欲を欠かないこと、対応は誠実に。その結果『逆に痛い人をはねつける』良い結果をもたらす事が出来ます。

例えば、よくある1円スタート。確かに多くの人の目に触れますし、安く落札出来るかも!と入札者も増えます。同時に痛い人も寄ってくる訳ですが、商品が間違いないもので、なおかつ魅力的に見える工夫がされていると、結果的に高額になるので、その(高い)金額でも購入する気がある『ある程度確かな方』に結果的に落札して貰えるので、いくらなんでもこんな価格で即決する訳ねえだろ、このアホンダラ!という痛いオク外取引を持ちかける輩なども、ただ、最終的な落札価格に上乗せをしてくれる『要員』にまでなってくれますしね。ま、自分は1円は入札が逆に面倒なので最終的に数万から10万ぐらいになるかな~というものは1万からですね。

特に、カメラ関係のものは『そもそも商品が写真を撮る道具』な訳ですから、商品説明の写真が魅力的でないと『商品はもとより、それを使っていた人のセンスもない』ように感じますので、特に気をつけたいところですが、先日より色々と情報が出始めましたPENTAXのKP。幾つかのカメラ屋さんの販促レビューの写真がどうもイケテナイ感じがしていたのですが、やっぱ売るための販売前のレビューはこうでないとね!歓心したのがマップカメラさんですね。K-1と同じややデコッパチな印象が強いKPですが、このような表現をすれば『なかなかカッコイー』じゃありませんか。

実際の感じはやはり月末のCP+で確かめてみたいと思います。


M5クンもこうして撮ると結構男前でっしゃろ?
『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Ultimate EOS,Mirrorless EOS | トップ | 見慣れてみれば »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。