ファミリーケア市川新田さくら物語ブログ

元気な高齢者を増やすために応援するデイサービスをつくりたい!利用者スタッフ共同多機能訓練デイサービス

季節を知らせる虫

2017-07-23 15:34:38 | 二十四節気、行事
今日は、二十四節気でいう
大暑/たいしょ
一年中で最も暑い日という意味。

二十四節気とは
一年を二十四等分し、季節を現すための工夫として考え出されたもの。
今でも季節の節目を示す言葉として使われる。

でも
今日は連日の強い日差しもなく
だいぶ過ごしやすい。
なので、連日の暑さならデイへちょっと花の様子を
見にいこうかと思ったがやめました。
今日は、休日ですから〜^_^
そういえば
夏を知らせるセミの鳴き声が
まだ、聞こえてこない。
7月は、薄暗くなるにつれて
ヒグラシのカナカナカナカナ声
もっと暑くなると
ニイニイゼミのチーチー声
アブラゼミのジリジリジージー声 ←なぜかPM専門(笑)
そして・・・
誰もが知っているセミ
日本の夏!を感じさせてくれる
ミンミンゼミのミーーンミンミン声
スイカ、風鈴、海、花火、お祭り、浴衣など
連想するものは多い。
8月は
ツクツクボウシのツクツクボーシ声
夏も終わりだなーと感じ
ちょっと寂しい気持ちにになりますが・・・
でも、セミの鳴き声は
夏の始まり〜終わりを知らせてくれる。
日本人の季節感には、欠かせない虫。
ウチのデイの庭にも、セミのぬけがらが
毎年たくさん見つけられる。
それを利用者さんに見せてまわる夏がやってくる!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PMダイジェストなう | トップ | 朝顔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

二十四節気、行事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。