ファミリーケア市川新田さくら物語ブログ

元気な高齢者を増やすために応援するデイサービスをつくりたい!利用者スタッフ共同多機能訓練デイサービス

縁側から

2017-07-06 19:53:08 | バリア、生活リハビリ
縁側から
暮らしを考える。


あぐらをかいて

庭を眺める

こんなに落ち着くのはなぜだろう^_^

「誰かきたわ! ○○子さんだわ!」

利用者さん同士のお迎え。お互い声をかけあう。

縁側で、日向ぼっこ、昼寝、読書、スイカを食べる。井戸端会議をする。
そんな素敵なことが出来る空間かなと思います。
今年は、畑で収穫したスイカを縁側で食べたいと思っている。

縁側には、濡れ縁 と くれ縁がある。
雨で濡れるという意味で、ウチは、濡れ縁になる。

縁側は、日本人の暮らしに欠かせないかもしれない
マンション育ちの私でも
不思議と懐かしさを感じてしまう。

私は千葉県出身なので、田舎がない。
でも、縁側でセミの鳴き声をききながらスイカを食べる
みたいなイメージがある。
日本の原風景のひとコマさえ思う人は
たくさんいると思う。
あなたも、そう思うでしょ?

だから今年の夏は
縁側で、セミの鳴き声を聴きながら 風鈴の音色もあってスイカを食べようと思う。

そんな保育園児がやって来る、ちょっと前のひとコマでした。

高齢者の一人暮らしは
縁側があっても、雨戸がしまっていたり
使われていない。

だからこそ
楽しくなる。わくわくするようなことは
積極的にやっていきます。

だって、そのほうが
運動だって、もっと頑張りたくなりますよね。

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つなぐ思い | トップ | 成長 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バリア、生活リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。