さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

川柳すずか 279号(29年3月号)掲載句

2017-03-13 | 川柳すずか

<すずか路>

 のぼるよりたいへんなのは下る坂
      
 角ひとつ曲がる世界を変えるため
      
 知恵の輪がひとつほどけてひらく道
      
 後始末きれいに閉じた父の店
      
 咲き残る花よおまえもさびしかろ


<すずか路 前号鑑賞> (278号から・岡本 恵)

 ありがたくもこわいこんなに効く薬


<課題句>

「連続」 (青砥 たかこ 選)

 連続で聴いて覚える好きな歌

 
「外す・外れる」 (共選)

 ネクタイを外してパパの顔になる (川喜多 正道 選)

 おねだりに外しちゃならぬタイミング (鈴木 裕子 選)


「自由吟」 (吉崎 柳歩 選)

 びくびくと春の使者待つ花粉症

 
<誌上互選> 「冷える・冷やす」

 喧嘩する相手もいない部屋の冷え (6点)

 空気冷えひび割れだした愛ひとつ (1点)


<ポストイン・各誌から>

 踊らなきゃ魔法が切れる時間まで (川柳たかね)





毎年この時期になると、そろそろかな~とそわそわしてきます。

ご近所の沈丁花が花を咲かせ、香りはじめました。
春だよと、その姿でよりも香りで知らせてくれるような、
奥ゆかしいこの花が好きです。

そのすぐお隣りには、大きなミモザの木。

蝋梅、菜の花、ミモザ…
これからはパンジーやチューリップも。

春の黄色は目にあざやかで、冬眠状態の気持ちをめざめさせ、
元気をくれるようです。

花屋さんも、色とりどりのお花が並びはじめますね。




   
   にほんブログ村


『川柳』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川柳信濃川新春誌上大会 | トップ | おんがくのある風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さくらさんへ (宗和)
2017-03-14 11:50:14
こんにちは。

 ありがたくもこわいこんなに効く薬

何の薬でも子供から老人まで直ぐ効いて助かります。
治ったら、なぜもっと早く治療しなかったのだろうと思います。
普段はまったく飲みませんが、予防のため喉のトローチと
アリナミンは常備しています。今見ればこそ
有効期限は昨年末で切れています。そろそろ飲みましょうかね。

時々、黒酢とかニンニク卵黄とかサプリ会社から
試供品送りますって電話ありますよ。
どれくらいで効果出ます?って聞くと、三か月は飲んでくださいと
言われますので、医者なら廃業ですよって言い返すんです。
三か月も効果の出ない薬ならお断りします!!って電話切ると
次からほとんどかかって来なくなり、助かります。
宗和さんへ (さくら)
2017-03-14 23:29:46
こんばんは~遅くなりました。
今日も寒かったです。

サプリメントや生活習慣での体調・体質改善は
時間がかかるのもたしかだと思いますが、
なるほど、困った勧誘を断るのには効果がありそうですね。
サプリメントも、ちゃんとしたものからいいかげんなものまでいろいろあるようですし、自分に合う合わないもあります。
中には、かえって肝臓を傷めてしまう原因となるものもあるので、からだによいとうたっているからといって、むやみにとり入れるのはこわいですね。

よく調べて、自分に合ったものを適量ならよいのでしょうが、
何よりも、日々の食事と生活のしかたがたいせつかなと思います。
宗和さんはお食事も運動もしっかりされているので、ばっちりですね。
血圧もいい値で、よかったですね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。