さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

川柳すずか 274号(28年10月号)掲載句

2016-10-13 | 川柳すずか

すずか誌10月号が届きました。
たかこさんが今回描かれた表紙絵は、金木犀。
秋を知らせてくれる香りの花ですね。

<すずか路>

 すぐそこと聞いた目的地が遠い

 ぬかるみで次の一歩が踏みだせぬ

 転ぶたびたくましくなる両手足

 黙々と歩くうしろにできる道
      
 淡々と生きて惑いもときにある


<小休止> 前月号より推薦句

 イントロで終わった恋にある未練 (上村 夢香 選)


<課題句>

「ひたすら」(橋倉 久美子 選)

 水かきは止めず優雅に泳ぐ鳥

 
「余分」(共選)

 再会の日には余分にのむお酒  (圦山 繁 選)(千野 力 選)


「自由吟」(青砥 たかこ 選)

 ロボットに教えられてる人らしさ

 
<誌上互選> 「技」

 主役立てみごとな斬られ役でした (6点)


お名前敬称略で失礼いたします。



マイファミリーのような、わが合唱団・ジュビラーテのコンサートはいよいよ来週。

こんな間際まで暗譜に不安があるのは初めてのことですが、
練習不足を本番あとで悔やんでも、なんの役にもたたないので
あと1週間、やれるだけのことをやって当日にのぞみたいと思います。

お客さまに楽しんでいただけるように、
そしてわたしたちも気持ちよくステージを終えて
楽しく乾杯できるように。


   
   にほんブログ村


『川柳』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊橋番傘 平成28年10月... | トップ | 静岡たかね 例会入選句 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます! (繁)
2016-10-14 08:12:13
さくらさん、おはようございます。
佳句がならんでいます。深い句、見付けの素晴らしい句
少しユーモアのある句。幅が広い。

 ぬかるみで次の一歩が踏みだせぬ
 淡々と生きて惑いもときにある
 水かきは止めず優雅に泳ぐ鳥 
 (ひたすら⇒水鳥を連想する見付けに 脱帽!)
 再会の日には余分にのむお酒 
 (誰に会いに行くのか?想像が膨らみました)
 ロボットに教えられてる人らしさ
 (寂しい時代ですね)

どの句も心に響いてきます。(4年生が少々生意気ですが・・・)

私は、毎週WEB句会に雑詠を廻していますので、すずか路の句がどうしてもおろそかになります。
さくらさんの姿勢を見倣わなければと思いました。

コンサートの成功を祈ります。すっかり秋、存分に楽しんで下さい。
 
繁さんへ (さくら)
2016-10-14 16:40:02
こんにちは。
秋らしい、気持ちのいいお天気が続きます。
が、急に寒くもなりましたね。
衣服の調整に気をつかうこのごろです。

9月の例会で、繁さんは千野 力さんとともに
「余分」の選者さんでしたね。
再会の…の句を心にとめていただきありがとうございます。

おきなわ毎週WEB句会では、繁さんのお名前と句をうれしく拝見しています。

  料亭に顔を出せない缶ビール(繁さん)

ほんとだ、そういえば見たことない。
さらりと詠まれていますが、こういうのが
「よい見つけ」なのですね。
人をえがく比喩のようにも感じられます。

  人の字を飲み過ぎ黒くなった腹(繁さん)

地の句でしたね、おめでとうございます。
何やらいろいろな想像が浮かんできます。
自分のお腹はどれぐらい黒いだろう。。。

わたしは、まとまったかたちで人の雑詠を読むのがすきなのです。
そのかたの日常や人となり、人生観がなんとなく感じられて
共感したり、くすっと笑わされたり教えられたり…
が、楽しいのです。
だから、すずか路が楽しみです。
繁さんの句がおろそかになっているなどとは感じませんよ。
わたしも、すいすいとたくさんつくれるほうではないので
いつも締め切り前は大あわて。

自分に課す宿題と、むりをしないことのバランスをとるのが
いつもむずかしいです。

コンサート前の練習、もうひとがんばりします。
いつもありがとうございます 
コンサート如何でしたか (繁)
2016-10-23 11:03:10
昨日のコンサート如何でしたか。
成功裏に終え、ホッとされていることでしょう。
打ち上げのお酒は、さぞ美味しかったことでしょう?

風が冷たくなっています。体調崩されないようにお過ごし下さい。
ありがとうございます (さくら)
2016-10-24 11:59:31
コンサート、なんとかぶじに終えることができました。
前夜は、めずらしく夜中過ぎに目覚めてそのまま眠れず、
まるで遠足前のこどものよう?でした。
聴いてくださったお客さまのあたたかさに包まれて、
練習の喜びや苦労を分かち合ってきた仲間と歌えて
しあわせな1日でした。
おなじ22日、すずかでは竹里さんを迎えての例会でしたね。
楽しかったことでしょう♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。