さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

第5回卑弥呼の里誌上川柳大会

2017-04-05 | 誌上大会
卑弥呼の里川柳会の「第5回卑弥呼の里誌上川柳大会」
に参加させていただきました。

参加者は北海道から沖縄まで、590名だそうです。

「真」「線」「粒」「息」「影」のお題で、各2句ずつ投句。

選者の先生はすべて女性で5名。敬称略で失礼いたします。

(森中 恵美子・大西 泰世・木本 朱夏・樋口 由紀子・赤松 ますみ)



「影」

 断ち切れぬ影もわたしの一部です (赤松 ますみ 選)



入選できたのは、かろうじてこの1句。

伊万里焼のお湯吞みがほしいなどという、
よこしまな潜在意識がいけないのかしら…

ではなくて。

自分にはつくれない、みなさんのすばらしい句の数々に圧倒されつつ
楽しく読ませていただきました。
ことばの表現には、無限の可能性があるようで
すばらしいですね。




   
   にほんブログ村




『川柳』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊橋番傘 平成29年4月号... | トップ | 静岡たかね 2017年4月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

誌上大会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。