さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

川柳すずか 276号(28年12月号)掲載句

2016-12-13 | 川柳すずか

すずか誌の12月号が届きました。
たかこさんが描かれた今月号の表紙絵は、クリスマスリース♪

<すずか路>

 遠くても響きあうから満たされる
      
 熱燗が冷めないうちに座につこう
      
 受けとめるごくゆっくりの変化なら
      
 間をおいてみればすんなり出るこたえ
      
 ひとの世がどうあれ空の青は青


<課題句>

「飾る」 (吉崎 柳歩 選)

 にぎやかに飾り孤独はみせぬ窓

 
「意識」 (共選)

 意識あるうちに伝えるありがとう  (芦田 敬子 選)

 無意識のしっぽは嘘をつけません  (加藤 吉一 選)


「自由吟」 (青砥 たかこ 選)

 甘いとは思っていない甘い親

 
<誌上互選>…は、選外でした。

<インターネット句会>

「痛い」

 野菜高鍋が味方のはずの冬 (濱山 哲也 選)




お名前敬称略で失礼いたします。


なんともばたばたが続き、参加しているところへの投句が
まったく追いつきません。。。

すこしペースダウンの必要があるなあと思いつつ、
なんとかつくってみようという気持ちも捨てきれない、
困った心境と状況のこのごろです。

ながくゆっくり続けるために、むりは禁物ですね。

川柳誌への投句、ネット句会への参加、
時にはお休みしてもいいのよ~
と自分に声をかけながら、やっていこうと思います。

もちろん、休まずできればそれがベストですが…
自分よりもっともっと忙しい人ががんばっておられるのだから、とか
入選がかなわなくても皆勤賞があれば自分をホメてあげられるわ、
みたいな^^;

でも、ほかの人ができることを、
自分もおなじようにできるとはいえないのですよね。

体力も、状況も、句をつくるペースや必要とする時間、
そのときどきの優先順位もあります。

自分は自分にできるベストを、そして
いつもベストとはいかなくても、
それでいいと思えるようになりましょう。


そう言いきかせる今日このごろです。





   
   にほんブログ村


『川柳』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねぶた800号記念誌上大会... | トップ | 豊橋番傘 平成29年1月号... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川柳すずか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。