さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

ネット句会いろいろ

2016-08-27 | ネット句会

暑さも少しやわらぐと言われる処暑の頃となりましたが、
日中のひざしはまだまだ暑いですね。
暑さが何よりにがてなわたしは、
毎日をなんとかやっとこさで過ごしている感じです。

台風の動きも気になりますね。
荒れないといいのですが…

夏の疲れが出てくる時期ですが、みなさんおからだたいせつに。


<川柳塔おきなわ準備室・毎週WEB句会>
「自由吟」
 
  すきだった香り近頃なじまない (森山 文切 選・佳作)

  思惑は決してみせぬ鳳仙花 (森山 文切 選・地の句)

  さばさばと役目を終えた紙コップ (森山 文切 選・佳作)

  持ち歩く傘が重たいこともある (森山 文切 選・佳作)


<川柳塔おきなわ 50,000アクセス記念句会>
「誤り」

  距離感を誤りました苦い酒 (美馬 りゅうこ 選)(高瀬 霜石 選)

  正解でなくても欲しい部分点 (美馬 りゅうこ 選)


<川柳展望ネット句会・7月>
「聞く」

  耳ふたつ聞き流すためあるらしい (天根 夢草 選)


<豊前境川柳会・7月>
「尻尾」 

  捨てられたことを知らずに振る尻尾 (平松 由美江 選、柳 茂 選・佳句、互選56票)

  全体がよく見渡せる最後尾 (柳 茂 選、互選31票)



   
   にほんブログ村



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回松江市川柳大会

2016-08-16 | 掲載句

欠席投句で参加させていただいたこの大会の発表誌が届きました。
ありがとうございます。

お題は「裸」(当日参加のかたのみ)と、「岸」「狂う」「祭り」「うさぎ」「鬼」

作者、選者のかたがたのお名前敬称略で失礼いたします。

わたしは「祭り」の2句だけ選んでいただけました。

  祭り好きさびしがりやの人でした (野島 全 選・佳作)

  祭りあと微熱を今も持てあます (野島 全 選)


大会での天位の句をご紹介いたします。

  裸木になっても父という巨木 (両川 無限)

  待てという右岸告白する左岸 (斉尾 くにこ)

  蛇行する濁流岸は食いしばる (斉尾 くにこ)

  発狂の一歩手前にある無言 (両川 洋々)

  お祭りぐらいあんぽんたんになりなされ (仲村 陽子)

  手料理と酒でうさぎにされている (新家 完司)

  ルビコンを渡れと鬼がそそのかす (斉尾 くにこ)


天位の句、どれもさすがですね。唸らされます。

ところで、おまけの一句を。

  バンダナを着けて徘徊してる鬼 (丸山 進)


松江川柳会会長である、海賊さんのことですよね。。。

参加した数すくない大会のひとつで、今年の春ご一緒させていただいたのでわかりました。
思わず笑いが♪

まじめな深い句もすきですが、遊びごころのある句にも大いに魅かれます。



   
   にほんブログ村



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳すずか 272号(28年8月号)掲載句

2016-08-15 | 川柳すずか

黄色い、ひまわりの表紙絵のすずか8月号が届きました。

<すずか路>

 わたしの足はよく転びよく歩く

 弱いから強くなる余地たんとある

 お手入れでまだまだ動く中古品

 真夏日に涼風くれた文ひとつ

 ごきげんな酒で話がまた巡る


<課題句>

「過信」(吉崎 柳歩 選)

 いくさなどないと信じて疑わぬ

  
「刺す・刺さる」(毎熊 伊佐男 選)

 バラはバラらしくあるため棘を刺す


「自由吟」(橋倉 久美子 選)

  薄味の人だがだしは効いている


<誌上互選> 「自由」

  放されて途方に暮れる籠の鳥  (5点)

  ご自由に言われたとたん縛られる (4点)


<インターネット句会> 「滲む」

  行間に想いのいろがにじみ出る (濱山 哲也 選)

  恋ごころほんのりにじむロゼワイン (濱山 哲也 選)




   
   にほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡たかね 2016年8月号・掲載句

2016-08-14 | 静岡たかね

<自由吟 富岳抄>

「料理」
 
  火加減がだいじ料理もジェラシーも
  
  飽きてきたおでんにカレールウを入れ
     
  すこしだけ愚痴も包んで揚げ餃子
     
  凝りすぎた料理に舌がなじめない


<6月句会>

「適当」 (増田 信一 選)

   ばあちゃんのどこか和風なオムライス


「雨」 (松田 タ介 選・天位)

   逢える日は雨の音符も弾みだす   

「自由吟」 (互選)

   その歌を聴けば昭和がよみがえる (1)


<加藤 鰹 追悼誌上句会>

 (選者:高瀬 霜石、熊谷 岳朗、新家 完司、石田 一郎、
     赤松 ますみ、西 恵美子、鈴木 順子、真島 久美子、松田 タ介)

「跳ねる」

   ドに跳んでまたドに降りる人生譜 (西 恵美子・鈴木 順子・真島 久美子 選)

   跳ねすぎた毬がこの手にかえらない (石田 一郎・松田 タ介 選)

「追悼句・一人一句抄」

   風がゆくいつかわたしもおなじ風



選者の先生がたのお名前敬称略で失礼いたします。

鰹さんへの思いがこもるみなさんの句がたくさんつまった今月号です。



      
      にほんブログ村


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋番傘 平成28年8月号・掲載句

2016-08-03 | 豊橋番傘

<近詠>

 秘めてなどおけぬこんなに青い空
    
 年をとるだけじゃ大人になれません
    
 高齢者なれずに逝ったひともいる
    
 笑わせるとは泣かせるよりもむずかしい


<課題句>

「セーフ」 (藤原 緑郎 選)

 アドリブの台詞ピンチを切りぬける         


「ずるい」 (寺部 水川 選)

 こころだけ奪って逃げた春の風


<各・地・句・報> (森口 美羽 抄)

 直球を不意に投げられうろたえる
 


   
   にほんブログ村




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン2016年8月号・掲載句&智頭線の旅のおまけ

2016-08-01 | 川柳マガジン
<川柳マガジン8月号 掲載句>

  皮下脂肪も非常袋の備品です
     (笑いのある川柳 西 美和子 選・佳作)

  いちにちの無事もりっぱな奇跡です
     (読者柳壇「雑詠」 たむら あきこ 選・佳作 間瀬田 紋章 選・佳作)


2句とも、なんだか
「オバチャンの主張!」みたいな言いまわしの句ですね。。。^^;


おまけ?で、
智頭で自分へのおみやげに買ったさかずきと
お酒(純米吟醸生原酒「満天星・袋吊りうすにごり」)の写真を添えておきます。





ほかにもほしいお酒がたくさんありましたが、
持ち帰るにも、予算にも問題が…
この次のお楽しみとします♪

このお酒のラベルと同じ絵柄のさかずきもあり、
そちらは、友人へのおみやげにしました。



   
   にほんブログ村




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

智頭線の旅

2016-07-27 | つれづれに
先日出かけた、智頭(ちず)へのちいさな旅。

こちら にアップしましたので、
よかったらいらしてくださいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネット句会いろいろ

2016-07-25 | ネット句会
ネット句会での入選句です。

目にとめてくださった選者の先生がた、
互選で選んでくださったみなさま、ありがとうございます。
敬称略で失礼いたします。

<川柳塔WEB句会・7月>
「寝る」

  寝るための酒でますます目が冴える (吉崎 柳歩 選・平抜き) 

  いい知恵が浮かばぬときは寝ると決め (吉崎 柳歩 選・平抜き)


<川柳塔おきなわ準備室・毎週WEB句会>
「自由吟」

  重心はずれるものです恋ごころ (森山 文切 選・平抜き)

  バナナとは違って食えぬ黒い人 (森山 文切 選・地の句)

  もうどこも痛くはないね白い骨 (森山 文切 選・佳作) 


<鈴鹿インターネット句会・7月>
「滲む」

 行間に想いのいろがにじみ出る (濱山 哲也 選)

 恋ごころほんのりにじむロゼワイン (濱山 哲也 選)


<豊前境川柳会・6月> 
「段々」

 できぬこと増えてくるのに慣れてゆく (星野 睦悟朗 選・橋倉 久美子 選・互選36票)

 だんだんと丸を描くのがうまくなる  (星野 睦悟朗 選・互選33票)



昨夜、歌の本番がひとつ終わってほっとひと息ついています。

もしよろしければ、こちらの記事もどうぞ♪


   
   にほんブログ村


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳すずか 271号(28年7月号)掲載句

2016-07-14 | 川柳すずか
今回は、第14回鈴鹿市民川柳大会号でもあり、
創立30周年記念の合同句集といううれしいふろくもついた豪華版。

たかこさんの表紙絵が、またまた素敵です。
7月号の表紙がお花の絵でなかったのは、
あれれ~!?でしたが、着物姿の女性の表情にも味があります。
人物画もすてきに描かれるのですね。

合同句集の表紙は、額に入った1輪のガクアジサイの絵。
わたしもすきな花です。
色がまたいい感じです。

わたしは大会にも合同句集にも参加できませんでしたが、
楽しい大会の空気や、
みなさんの人となりが伝わってくるような句集をすこしずつ読みすすめて、
楽しませていただいております♪


<すずか路>

  非常時は非常時なりに暮らす知恵

  キャンドルもいいねと集う停電時

  パソコンの履歴が人を語りだす

  マスコミに追われる身ではない安堵

  オペラなら絵にしてしまう不倫劇

  
<誌上互選> 「固い」

  お人柄想像させる楷書体  (3点)

  酒二合固い頭もほぐれだす (3点)


<インターネット句会> 「裸」

  裸銭あのぬくもりを忘れない (濱山 哲也 選)

  こころには鎧をまとう裸婦の笑み (青砥 たかこ 選)




湿気の多いむし暑さが続きますね。
このところ仕事も忙しい日が続き、バテぎみです。
最低限のことしかできないまま、毎日バタンキュー。

合唱で暗譜するべき曲のおさらいも進まない…
10月の本番までに、みんなで練習できるのはあと8回。
1回1回の練習が貴重です。

7月24日には声楽のコンサートがひとつ。
6月に歌ったのとおなじ2曲ですが、
ステージではいつも、何が起こるかわかりません。
ライブの楽しさでもあり、こわさでもあり。

ひとつずつひとつずつ、と言いきかせてクリアしていきます。

川柳の課題も!

つつがない日常の中で、自分のすきなことに取りくめるありがたさに感謝しつつ。
そのなかで悩めることもまた、幸せですね。

  

      
      にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

静岡たかね 2016年7月号・掲載句

2016-07-06 | 静岡たかね

<自由吟 富岳抄>

「おんがく」 

  走りだす歌をピアノが追うバトル

  ふたが開きおたまじゃくしが跳ねまわる        

  変拍子それも楽しいラブソング
    
  まちがったリズムのままでうたう恋

 
<5月句会>

「扉」 (尾崎 好子 選)

   押してみた扉がはねかえるこわさ


「贅沢」 (松田 タ介 選)

   毎日が贅沢うまい酒とめし

   時々は自分のための花を買う   


「自由吟」 (互選)

   劇薬を良薬にするさじ加減 (5)



      
      にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加