さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

ネット句会いろいろ

2016-07-25 | ネット句会
ネット句会での入選句です。

目にとめてくださった選者の先生がた、
互選で選んでくださったみなさま、ありがとうございます。
敬称略で失礼いたします。

<川柳塔WEB句会・7月>
「寝る」

  寝るための酒でますます目が冴える (吉崎 柳歩 選・平抜き) 

  いい知恵が浮かばぬときは寝ると決め (吉崎 柳歩 選・平抜き)


<川柳塔おきなわ準備室・毎週WEB句会>
「自由吟」

  重心はずれるものです恋ごころ (森山 文切 選・平抜き)

  バナナとは違って食えぬ黒い人 (森山 文切 選・地の句)

  もうどこも痛くはないね白い骨 (森山 文切 選・佳作) 


<鈴鹿インターネット句会・7月>
「滲む」

 行間に想いのいろがにじみ出る (濱山 哲也 選)

 恋ごころほんのりにじむロゼワイン (濱山 哲也 選)


<豊前境川柳会・7月> 
「段々」

 できぬこと増えてくるのに慣れてゆく (星野 睦悟朗 選・橋倉 久美子 選・互選36票)

 だんだんと丸を描くのがうまくなる  (星野 睦悟朗 選・互選33票)



昨夜、歌の本番がひとつ終わってほっとひと息ついています。

もしよろしければ、こちらの記事もどうぞ♪


   
   にほんブログ村


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳すずか 271号(28年7月号)掲載句

2016-07-14 | 川柳すずか
今回は、第14回鈴鹿市民川柳大会号でもあり、
創立30周年記念の合同句集といううれしいふろくもついた豪華版。

たかこさんの表紙絵が、またまた素敵です。
7月号の表紙がお花の絵でなかったのは、
あれれ~!?でしたが、着物姿の女性の表情にも味があります。
人物画もすてきに描かれるのですね。

合同句集の表紙は、額に入った1輪のガクアジサイの絵。
わたしもすきな花です。
色がまたいい感じです。

わたしは大会にも合同句集にも参加できませんでしたが、
楽しい大会の空気や、
みなさんの人となりが伝わってくるような句集をすこしずつ読みすすめて、
楽しませていただいております♪


<すずか路>

  非常時は非常時なりに暮らす知恵

  キャンドルもいいねと集う停電時

  パソコンの履歴が人を語りだす

  マスコミに追われる身ではない安堵

  オペラなら絵にしてしまう不倫劇

  
<誌上互選> 「固い」

  お人柄想像させる楷書体  (3点)

  酒二合固い頭もほぐれだす (3点)



湿気の多いむし暑さが続きますね。
このところ仕事も忙しい日が続き、バテぎみです。
最低限のことしかできないまま、毎日バタンキュー。

合唱で暗譜するべき曲のおさらいも進まない…
10月の本番までに、みんなで練習できるのはあと8回。
1回1回の練習が貴重です。

7月24日には声楽のコンサートがひとつ。
6月に歌ったのとおなじ2曲ですが、
ステージではいつも、何が起こるかわかりません。
ライブの楽しさでもあり、こわさでもあり。

ひとつずつひとつずつ、と言いきかせてクリアしていきます。

川柳の課題も!

つつがない日常の中で、自分のすきなことに取りくめるありがたさに感謝しつつ。
そのなかで悩めることもまた、幸せですね。

  

      
      にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

静岡たかね 2016年7月号・掲載句

2016-07-06 | 静岡たかね

<自由吟 富岳抄>

「おんがく」 

  走りだす歌をピアノが追うバトル

  ふたが開きおたまじゃくしが跳ねまわる        

  変拍子それも楽しいラブソング
    
  まちがったリズムのままでうたう恋

 
<5月句会>

「扉」 (尾崎 好子 選)

   押してみた扉がはねかえるこわさ


「贅沢」 (松田 タ介 選)

   毎日が贅沢うまい酒とめし

   時々は自分のための花を買う   


「自由吟」 (互選)

   劇薬を良薬にするさじ加減 (5)



      
      にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳塔WEB句会&うれしいプレゼント

2016-07-04 | ネット句会
<川柳塔WEB句会・6月>

「思う」

  切りたいと思う糸ほど切れにくい (太田 紀伊子 選・天)

  子を思う母は鬼にもなりましょう (太田 紀伊子 選・平抜)



<川柳塔おきなわ準備室30,000アクセス記念句会>

「差」

  一点の差で分けられる明と暗 (橋倉 久美子 選・平抜)

  にんげんがロボットに差をつけられる (橋倉 久美子 選・平抜)


選者の先生がた、ありがとうございます。
敬称略で失礼しております。

先日の夜、思わぬプレゼントが届きました。

たまねぎひと箱ぶんです。うれしい!♪

川柳マガジンで紹介されていた公募川柳
「第1回淡路島たまねぎ川柳コンテスト」で、
淡路島道の駅に応募したたまねぎ川柳の賞品でした。

たまねぎは、
生でよし、煮てよし、炒めてよしで
ありがたくうれしい食材です。

ご近所の友人や実家の母にも、
すこしばかりですがしあわせのおすそわけをしました。


  たまねぎがないとカレーも始まらぬ


実は、佳作の作品のなかに、
わたしが送った別の句とまったく同じものを発見。
あれれ、この句も入れてもらってる…
と思ったら、作者はちがうかた。

一字一句ちがわずおなじ句になってしまうこと、
あるのですね~。


  

   
   にほんブログ村



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋番傘 平成28年7月号・掲載句

2016-07-04 | 豊橋番傘

<好句往来>(5月号から・中山 恵子 選)

 真実の口に手を入れられますか


<推せん句>(5月号近詠より・鈴木 順子 選)

 ポケットの小銭に危機を救われる

 
<近詠>

 動物は食べるぶんだけ狩りをする
    
 吐ききれば自然に入る次の息
    
 わかろうとすればするほど遠くなる
    
 団塊が去り低体温になる社会


<課題句>

「掬う」 (尾崎 千津子 選)

 灰汁すくう明日が澄んでいるように         


「足場」 (須崎 東山 選)

 まとまらぬ声に足場が固まらぬ
 



   
   にほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン2016年7月号・掲載句

2016-06-29 | 川柳マガジン
<川柳マガジン7月号 掲載句>

  矢面に立つことはない扇動者 
     (印象吟 坂下 清 選・佳作)

  晩成の易当たるまで死ねません
     (笑いのある川柳 鈴木 公弘 選・佳作)

  酔いどめのくすり酒には効きません
     (笑いのある川柳 西 美和子 選・佳作)

  風にひろがる春のスカート
     (十四字詩 「広」佐藤 美文 選・佳作) 
 
  ひとりしか座れぬ椅子に人が群れ
     (読者柳壇「殺到」 荒川 八洲雄 選・佳作 間瀬田 紋章 選・秀作)

  生まれ死ぬみんな誰かの手をかりて
     (読者柳壇「雑詠」 たむら あきこ 選・佳作)

  わるいことしないのだけで目一杯
     (第15期2回 川柳マガジンクラブ誌上句会「善行」 竹崎 たかひろ 選・六十五秀)


選者の先生がたのお名前敬称略で失礼いたします。

梅雨らしい、雨が降ったりやんだりの日が続きますね。
これで水不足が解消されればよいのですが、地方によっては深刻な状況とのこと、
また地方によっては大雨による被害…
雨もお日さまの恵みも、バランスよく分配してくれたらよいのですが、
自然はなかなかいつも、人にいいあんばいで動いてはくれませんね。

ひととして生まれた者どうし、そしてひとが集まった国どうし、
つまらないいさかいなどやめて、
にんげんに与えられた知恵を、生かすべきところでうまく生かし、
助け合っていきたいものです。




   
   にほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネット句会いろいろ

2016-06-22 | ネット句会

参加させていただいたネット句会の入選句です。
選んでくださった選者の先生がた、ありがとうございます。
敬称略で失礼しております。

<川柳塔おきなわ準備室・毎週WEB句会>

「自由吟」 (森山 文切選)

 ふるさとの訛りで友とのみ明かす 

 深読みはやめて信じることにする

 ペアグラス悲鳴をあげて割れました

 溶けだして苦さに気づく糖衣錠(人の句)

 手を離すための握手をした別れ

 折鶴がきれいに折れるようになる(佳作)
 

<鈴鹿インターネット句会・6月>

「裸」

 裸銭あのぬくもりを忘れない (濱山 哲也選)

 こころには鎧をまとう裸婦の笑み (青砥 たかこ選)


<豊前境川柳会・6月>

「流す」

 かんたんに水に流せぬあれやこれ (真田 義子選・武者 駿造選・互選32票)

 最後かも知れない父の背を流す (真田 義子選・武者 駿造選・互選32票)


父を自宅(実家)で看取るまで、入浴のお手伝いはわたしの役目のひとつでした。
休日はもちろん、平日でも仕事に出かける前か、仕事の帰りに実家にかよっていたので、
父の体調をみながら入浴をすすめることもあれば、
時には父からの希望があって、ということもありました。

父はさいごまで寝たきりにはならず、
入浴して身体を洗うときも、できることは自分でしていました。
洗髪と、背中を流すこと、見守りとお手伝い。
それが、入浴時のわたしの仕事でした。

母は、その間にベッドを整え、シーツや枕カバーを洗ったものに取りかえ、
バスタオルと着替えを用意してスタンバイ。
父がなるべく体力を消耗することのないよう、
連携プレーです。

まだまだ元気でいてくれた頃も、
いつ急にわるくなるかわからない状態でしたから、
毎回、
これがさいごになるかも、さいごとなっても悔いのないように…
という思いで父の背を流していました。

亡くなる5日前の日曜日、
父から入りたいと言われたのだったか、わたしがすすめたのだったか…
いつもと変わらぬ状態、いつもと変わらぬ流れの入浴でしたが、
いつになく静かな父は、もう自分では身体を洗おうとせず、
すべてをわたしにゆだねてくれているようでした。

 「わたしが全部洗っていいの?」

とたずねると、

 「うん」

と静かに答える父。

なにか、いのちのエネルギーが、火が、
生命力というものが、ちいさく、弱まっていきつつあるような気がしました。

これがさいごになるだろう。

そんな予感がありました。


父とのたいせつな、忘れえぬひとときでした。


   
   にほんブログ村



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日も

2016-06-16 | つれづれに

今日は全国的に、本降りの雨のようですね。
紫陽花がよろこんでいるでしょうか。
大雨による被害などが出ませんように。

「雨の日も」

「さくら・たわわにたわごと」のブログで更新しました。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳すずか 270号(28年6月号)掲載句

2016-06-14 | 川柳すずか

今年5月号から、川柳すずか誌友のお仲間入りをさせていただきました。

毎回の投句はむずかしいかも知れませんが、
楽しく読ませていただきつつ学びつつ、
できる範囲で投句参加もさせていただこうと思います。

今月6月号の表紙絵は、たかこさんが描かれたひと枝の枇杷。
表紙の色もびわ色です。

今年は、びわが豊作のようですね。
ご近所でも、あちこちでたわわに実がなっているのを見る年と、
実がなっているのにも気づかないままの年があります。

びわの実、久しく味わっていません。
たかこさんの絵を見ていると、むしょうに食べたくなりました。


<すずか路>

 イメージを変える布地の表裏

 カクテルで意外な味を出すコンビ

 変換をミスして恋が逃げました

 ツッコミのあなたがいなきゃボケられぬ

 キーワードひとつでほどかれるこころ


<課題句>

「創立」(青砥 たかこ 選)

  創立の記念樹だけがなお青い

「自由吟」(吉崎 柳歩 選)

  サンプルをどうぞのあとが高くつく

 

 
   
   にほんブログ村



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

銀の笛&春はくろぼこ大会

2016-06-07 | 誌上大会
<銀の笛 第2回全国誌上川柳大会>

 「流れ」
  大海の流れをつくる雑魚の群れ 
       (岡崎 守 選・佳作) 

  激流を越えたあとから出るふるえ 
       (真島 久美子・長谷川 酔月 選・佳作)

<第16回 春はくろぼこ川柳大会>

 「飛ぶ」
  飛ぶ鳥はゆくべき空を迷わない
       (吉田 陽子 選・天 鳥取市議会議長賞)

 「祭り」
  前夜祭だけで終わった恋ひとつ
       (高木 勇三 選・五客)


選んでくださった選者の先生がた、
これらの句を心にとめていただきましてありがとうございます。 

春はくろぼこ大会では、
ほかに事前投句で「島」「色」「踏む」
当日投句では「笛」「枠」「的」「列」
の課題があり、欠席投句がゆるされていたので
すべてつくって出してみましたが、選外でした。

こころに響いた句がたくさんありました。

  万が一はずれる的がおそろしい (大杉 敏夫)

  君はまだ海辺で笛を吹いてるか (久保田 半蔵門)

  反戦を弓なりになり叫ぶ島 (渡辺 富子)

  安心をしたくて列の中にいる (橋倉 久美子)

  島はもう母の形になっている (平井 美智子)


  犬笛か拉致の悲鳴か日本海 (丸橋 野蒜)

  青臭いおばあさんでもええやんか (大久保 眞澄)

  譲れないものが自分の色になる (杉山 太郎)

  踏まれてもいつか私の花は咲く (大田 かつら)

  魂は売らぬ踏絵を踏もうとも (上嶋 幸雀)


  笛吹いて下さい生きていて欲しい (倉益 一瑤)

  外れ矢で射抜いた人と生きている (前田 一天)

  的になる覚悟ひとりの手を上げる (岩佐 ダン吉)

  難民の列で子供が泣いている (新家 完司)

  いつだって母は黙って最後尾 (福本 清美)


まだまだたくさんありますが、ひとまずこれにて。

敬称略で失礼しております。



   
   にほんブログ村




   
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加