さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

川柳すずか 278号(29年2月号)掲載句

2017-02-19 | 川柳すずか

<すずか路>

 傾いた月はだれにも止められぬ
      
 歯車の狂いが日常を壊す
      
 ありがたくもこわいこんなに効く薬
      
 踊らなきゃ魔法が切れる時間まで
      
 だれもその過程を知らずほめそやす


<すずか路 前号鑑賞> (277号から・圦山 繁)

 躓いた石を踏みきり板にする


<課題句>

「転ぶ」 (吉崎 柳歩 選)&今月のこの句(青砥 たかこ)

 酔っていたことに転んでから気づく

 
「プラン」 (共選)

 プランなど立てない旅がおもしろい (竹口 みか子・毎熊 伊佐男 選)


「自由吟」 (橋倉 久美子 選)

 着てみればあきらめがつく試着室 (橋倉 久美子 選)

 
<誌上互選> 「スマホ」

 スマートに見えぬ猫背のスマホ族 (4点)


<ポストイン・各誌から>

 やんわりと労わられ傷ついている (豊橋番傘)

 ジングルベルにまぎれ悲鳴はきこえない (たかね)




体調不良が続き、それにともなって持っていかれてしまった気力が
からだが回復しても戻らず、まだ半分冬ごもりの状態ですが、
日常はあわただしく過ぎていきます。
生かされている身であってみれば、その日々をだいじに生きなければ、
と思うのですが…

今しばらく、あせらず自然にまかせてみましょう。




   
   にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

道なかば

2017-02-04 | 連作

 「道なかば」

   調律をしたくなったら旅に出る 
      
   ケガをしてひとの痛みを知ってゆく     

   できることまだまだあったこの手足 

   年輪をふやして人も太くなる

   引くことも勇気とさとす山の空

   だんだんと丸を描くのがうまくなる

   道草のおかげで見えたこの景色

   思う絵が描けぬ日もあるまたあした 

   ひとつずつ要らないものを捨てる旅  
  
   道なかばゴールはいまだ霧のなか




これまでに、いくつかの連作をつくりました。

これは、1年ほども前になりますが、

川柳展望の現代川柳大賞

(選考:天根 夢草、新家 完司、吉崎 柳歩、佐藤 岳俊、津田 暹、笹田 かなえ)

に応募した作品です。

現代川柳の何たるかも知らないままに…
いまだに、わからないでいるのですが。


受賞されたのは、全国的にご活躍されている有名なかたがたが勢ぞろいで、
なんとまあ、
そんなところにこわいもの知らずで出してしまったものだと
おそれ多い気持ちになりました。

佐藤 岳俊選でのみ、第4位にえらんでいただきました。
そのほかの選者さんでは選外でしたが、
おひとりでも目をとめていただけてうれしかったです。

今日は立春ですね。

まだまだ冷え込みますが、芽吹きの季節を前に、
冬ごもりの虫や動物たちも、木々も、起きだす準備を始めていることでしょう。




   
   にほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋番傘 平成29年2月号・掲載句

2017-02-01 | 豊橋番傘

<近詠>

 あたらしい風を迎える窓を拭く
    
 ひとり立つ更地になった城の跡
    
 笑わせてなんぼの意気で生きてゆく
    
 亡き父のぶんまでのもう父の酒


<課題句>

「狙う」 (小林 祥司 選)

 鮒ねらう鳥をねらっているキツネ

 ねらい撃ちしたいハートはガラス製         


「朝」 (尾方 静子 選)

 病癒えいつもの朝がくる安堵

 ぐっすりと寝てまっさらの朝にする


「弾む」 (藤原 緑郎 選)

 きみがいるだけでこんなに弾む歌

 まな板が弾んでうたう母の朝


「ますます」 (寺部 水川 選)

 深追いをするほど闇が深くなる
 



   
   にほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡たかね 2017年2月号・掲載句

2017-01-31 | 静岡たかね

<前月号推薦句> (荒牧 やむ茶 選)

  雑踏にたったひとりの背をさがす


<自由吟 富岳抄>

「ささやかなドラマ」 

  ドラマなら決まるシーンのはずなのに

  アドリブの台詞流れを変えてゆく

  おもしろいドラマは先を読ませない

  ささやかなドラマを生きて満ちたりる


<12月句会>

「コタツ」 (荒牧 やむ茶 選)

  ぬくい犬コタツ代わりに抱く午睡

  あの頃の四人家族を知る炬燵


「きっかけ」 (勝又 恭子 選)

  おなじ歌すきだと知ってうちとける

  ゆく道を決めた体験ボランティア (地位)

   
「自由吟」(互選)
 
  さりげなくたとえ話で言う本音(10票)




お天気が回復し、明るいひざしがそそがれるとほっとしますね。

もうすぐ節分。

立春も近くなりました。

カゼやインフルエンザ、胃腸炎がまだまだ流行っているようですが、
冬ごもりの季節から
待ちわびる春に向けて、すこしずつ動きだす準備をととのえていきましょう。



      
      にほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン2017年2月号・掲載句

2017-01-30 | 川柳マガジン
<川柳マガジン2月号 掲載句>

  おとなにも欲しい日がある子守唄
     (川柳道「傷心」 西來 みわ 選・佳作)  

  文字化けを起こした恋が読み解けぬ 
     (印象吟 古谷 龍太郎 選・佳作)

  さわがしいいびきが止んで眠れない
     (笑いのある川柳 本荘 静光 選・特選5) 
 
  毒を秘め鳥をいざなう実の赤さ
     (全国誌上大会「邪心」 あべ 和香 選、村上 氷筆 選・佳作)

  生ききってついた眠りのやすらかさ
     (全国誌上大会「雑詠」 大脇 一荘 選・佳作)

  さいごまで熱々でした父と母
     (第15期9回 川柳マガジンクラブ誌上句会「熱々」 石田 一郎 選・六十五秀)


選者の先生がたのお名前敬称略で失礼いたします。


   
   にほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネット句会&咲くやこの花賞

2017-01-24 | ネット句会

<川柳塔おきなわ準備室~10万アクセス記念句会>

「自由吟」 (真島 久美子・樋口 由紀子・丸山 進・新家 完司 選)

  忘れえぬ絵が遠景になってゆく (丸山 進 選)

  あしたには切られる柚子が実を生らす (新家 完司 選)


<鈴鹿インターネット句会・1月>

「質問」 (森山 文切・橋倉 久美子 選)

  礼を欠く問いはさらりと受け流す (森山 文切 選) 


<豊前境川柳会・1月>

「芽」

  芽の出ない男にきょうも水をやる (互選52票)

  こぼれ種思わぬ場所で芽吹きだす (互選25票)


<誌上競詠・咲くやこの花賞>
第10回「凄い」

  紙オムツついに汚さず逝った父 (大野 風柳 選)




体調がすぐれず、先週は仕事もできる状態ではなく、家で臥せっているしかなくて
とうとう1週間もお休みしてしまいました。

ひどい腰痛から始まった不調でしたが、
それが幾分やわらぎだした頃から
これまでほとんど経験したことのない頭痛が出現。

決まった場所に数分おき、ときには1分間のうちに何度となく
ビリッ(あいたた)、ズキッ(いててて)と来て、
それが昼夜間断なし。
睡眠や食欲にも影響が出てきます。

さすがにこれは何かあってもおかしくないと、
頭の検査を受けましたが、さいわい異常なし。

それはひと安心しましたが、
だからといって痛みはいっこうに治まってくれず、
この状態で仕事の責任を果たすことはできません。

いつ治まってくれるのやらわからない痛みの苦痛と不安で
体力も気力もそがれていくようでした。

職場の院長や漢方に詳しい友人、ご近所の漢方薬局にも相談しながら
いくつかの薬を服用し、そのおかげもあってか
ようやく痛みのない時間が長くなってきて、
日常の用が果たせるようになり、
昨日からやっと出勤、通常どおりに仕事ができました。

まだ頭痛が目覚まし代わりのような朝ですが、
気長にぼちぼちとととのえていこうと思います。

重篤な疾患が原因となっている不調(いまの場合は頭痛)
ではないことさえ判明すれば、あとは対症療法的に対処すればいいわけで
日常生活を過ごすなかでゆっくり改善していければと思います。

深くつきつめれば何か原因があるのかもしれませんが、
このように原因のよくわからない不調というものも、
実は人間にはよくあるのですよね。
これほど発達した現代の医学や科学をもってしても、
ほんとうはわからないことがまだまだ多いのです。

ちょっとしたバランスのくずれから不調をきたすのも
人間の常…
このところの急激な冷え込みにも一因があったでしょうか。
加えて、
最近の日常生活の過ごしかたに何か問題はなかったかと、
ふと反省してみるわたしでありました。



   
   にほんブログ村




コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳すずか 277号(29年1月号)掲載句

2017-01-12 | 川柳すずか

すずか誌ことしお初の1月号が届きました。
表紙絵は、たかこさんの息子さんが描かれています。
絵ごころのある親子さん、いいですね。
今年の表紙も楽しみです。

<すずか路>

 躓いた石を踏みきり板にする
      
 登山道蟹にならって横に這う
      
 苦しくなって初めて意識する呼吸
      
 慣れてくる寒さにもこの痛みにも
      
 歩くのをやめぬかぎりは続く道


<小休止> 前月号より推薦句

 受けとめるごくゆっくりの変化なら (柴田 比呂志 選)


<すずか路 前号鑑賞> (276号から・柴田 比呂志)

 間をおいてみればすんなり出るこたえ


<課題句>

「枠」 (橋倉 久美子 選)

 額縁をつけられた絵がかしこまる

 
「売る・売れる」 (共選)

 クリスマスグッズが売れる世の平和  (高柳 閑雲 選)


「自由吟」 (天根 夢草 選)

 りきまないときがいちばんうまくいく

 
<誌上互選> 「代表」

 慎重に決めねばならぬ代表者 (3点)

 代表で頭を下げる役回り (2点)




エッセイもいつも楽しく拝読、
(今回は岡本 恵さん、竹原 さだむさん、西山 竹里さんと3名も!豪華ですね)

人となりが伝わり親しみがわいてくる、
たかこさんの「人と句」(今回は小林 祥司さん)、
職員室の風景や風物詩、動植物がえがかれる
久美子さんの「アラレの小部屋」(今回は「図書館の干し柿」)…
などなど、おなじみの楽しいコーナーや、
難しくも楽しそうな!?スリル満点の封筒回しの記事など、
すずかは今年も読みどころ満載です♪




   
   にほんブログ村


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ネット句会・12月

2017-01-04 | ネット句会

<川柳塔おきなわ準備室~毎週WEB句会・12月>

「自由吟」 (森山 文切 選)

  地模様に初めて気づく白いシャツ

  はみだしたこころの居場所さがす旅

  明日のためすこしつよめにネジを巻く


<川柳塔WEB句会・12月>

「持つ」

  ときに薔薇トゲを持つ身をもてあます (米山 明日歌 選)


<豊前境川柳会・12月>

「閉じる」

  夢でしか逢えぬひといて目を閉じる (若芽 選・互選41票)




ゆっくりできるかと思っていたお正月休みもあっというまに最終日で、
明日は仕事はじめ。
また日常がはじまります。
がんばっていきましょう。



   
   にほんブログ村




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン2017年1月号・掲載句

2017-01-03 | 川柳マガジン
<川柳マガジン1月号 掲載句>

  おつきあいしていたはずがどつきあい  
     (駄×洒落川柳 津田 暹 選・佳作)

  透きとおる水になるまでくぐる砂
     (全国誌上句会「雑詠」あべ 和香 選・秀作
                大脇 一荘 選、村上 氷筆 選・佳作)

  俺の目を見ろという目が揺れている
     (第15期8回 川柳マガジンクラブ誌上句会「白白しい」大野 風太郎 選・六十五秀)

  旗色が見えて味方の顔をする
     (第15期8回 川柳マガジンクラブ誌上句会「白白しい」鈴木 順子 選・六十五秀)




      
      にほんブログ村




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

静岡たかね 2017年1月号・掲載句

2017-01-02 | 静岡たかね
たかねの新年1月号が届きました。

1年が経ち、
また1月がめぐってきましたね。
2月には、豊橋の大会で鰹さんにおあいできると心待ちにしていた1年前。
その日を待たずに(ほんとうは待っていてくださったはずですが)
鰹さんは旅立ってしまわれました。
今でも胸を衝かれる思いです。
たかねのみなさんにとっては、なおのことでしょう。

鰹さんとのやりとりがご縁で、
新年句会に投句させていただいたことがきっかけで
たかねの誌友となりました。

編集チームが新しく結成されたとのこと。
いつもお世話になるばかりですが、応援しています。
今年もよろしくお願いいたします。


<前月号推薦句> (川柳さくら 米山 明日歌 選)

  太ってはダイエットするお月さま


<せんりゅう広場 富岳抄>

「にぎやかな孤独」 

  にぎやかな人の背の影みてしまう

  ジングルベルにまぎれ悲鳴はきこえない

  たくさんの孤独で街はさわがしい

  雑踏にたったひとつの背をさがす


<7月句会>

「冷える」 (中野 三根子 選)

  こころにも一枚羽織る秋の冷え

  秋だけのしわざでしょうかすきま風 (五客)


「元気」 (望月 弘 選)

  ことさらに元気な声を出す電話

   
「自由吟」(互選)
 
  異文化にふれて五感がめざめだす(9票)




      
      にほんブログ村



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加