理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

米国人教授、誰が次期米大統領になるかを語る

2016年10月29日 12時16分49秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

https://jp.sputniknews.com/us/201610282953757/

ノーポース教授の開発した選挙結果予測モデルは

1992年から今までの米大統領選挙の予測を2000年の1度を除いて全て当てている。
―――――
◆米国人教授、誰が次期米大統領になるかを語る
2016年10月28日 22:33
(アップデート 2016年10月28日 22:36)
http://sptnkne.ws/c8jZ

ニューヨーク大学のヘルムト・ノーポース教授は、自分の作った米大統領選結果予測モデルによると

勝利するのは共和党のドナルド・トランプ候補であることを明らかにした。インディペンデント紙が報じている。

ノーポース教授の開発した選挙結果予測モデルは1992年から今までの米大統領選挙の予測を2

000年の1度を除いて全て当てている。モデルは2000年は民主党の勝利を予測したが、実際は

フロリダ州の浮遊票を集め、共和党のジョージ・ブッシュ氏が当選した。


さて今回だが、このモデルの予測ではプライマリーでより見事な演説を行なった候補者が勝利する。

ノースポース氏の見解ではプライマリーで勝利を収めるのはトランプ氏で、このことから選挙で勝利する確率は高い。

 
 
トランプ候補、選挙なしに自分を大統領に任命してくれと提案
© REUTERS/ Carlo Allegri
米国 2016年10月28日 23:36

 https://jp.sputniknews.com/us/201610282953963/
 
 共和党のトランプ米大統領候補は選挙を行なうことなく、直ちに自分を大統領にする必要があるとの考えを示した。
CNNテレビが報じた。
「なんで(選挙を)やるのか? 彼女(クリントン候補のこと)の政策などあまりにひどいじゃないか。」
トランプ氏はオハイオ州の支持者集会の演説でこう語った。

トランプ氏はヒラリー・クリントン候補はスモールビジネスへの課税を45%まで引上げる意向を表しており、
一方共和党の掲げる雇用復活プランではスモールビジネスへの課税率は現在の35%を15%まで下げるものと
なっていることを指摘。
「今ふと思ったんだが、選挙など止めてしまい、トランプに勝利を渡したらどうだろう? そうじゃないか?」
トランプ氏は集会参加者らに向かってこうした提案を行った。

 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「もんじゅ」廃炉の検討方針... | トップ | <比大統領>「神のお告げ」... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-29 17:04:41
グッドアイデア
Unknown (Unknown)
2016-10-29 19:04:30
ヒラリー氏も影武者だそうです
Unknown (朝日新聞だ)
2016-10-29 20:39:44



こんにちは
FBIが捜査再開という大ニュースが入ってきました。
事態の展開しだいでは、トランプの形勢逆転かもしれません。
トランプ米新大統領になると、世界はヤレヤレです。

クリントン氏優位に変化も=メール捜査再開、投票前に激震―米大統領選
【ワシントン時事】米大統領選の投開票が11日後に迫る中、激震が走った。民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)の私用メール問題で、連邦捜査局(FBI)が捜査の再開を議会に伝えたためだ。共和党はメール問題で再び攻勢を強める構えで、クリントン氏優位の流れが変わる可能性も否定できない。

 ◇沸き立つトランプ陣営

 「FBIが捜査を再開する。ついに正義が下される。ウォーターゲート事件より重大だ」。共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は28日、メディアの速報からほとんど間を置かずにニューハンプシャー州の演壇に立ち、興奮気味にこう報告した。聴衆は「投獄しろ」と連呼した。

 大統領選は、クリントン氏が独走状態に入りつつあった。トランプ氏によるわいせつ発言が表面化して以降、激戦州は次々にクリントン氏優勢に変わり、大統領選は終わったとも指摘されていた。思わぬニュースにトランプ陣営は「素晴らしい日だ」(コンウェー選対本部長)と沸き立った。

 一方のクリントン陣営にとって、捜査再開は寝耳に水だったようだ。ニュースが全米を駆け巡っていた頃、クリントン氏はアイオワ州へ向かう機中にいた。到着時、記者団が呼び掛けても答えず、その後の演説でも言及しなかった。
 クリントン氏が口を開いたのは、一報から約6時間後。夜に入ってからの記者会見で「国民は全ての事実を直ちに知る権利がある」と、FBIに捜査情報の全面開示を要求した。ただ、質問に長くは答えず、3分ほどでその場を後にした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。