理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

ITジャーナリスト・佐々木俊尚氏と幸福の科学幹部が対談

2013年11月24日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

ITジャーナリスト・佐々木俊尚氏と

幸福の科学幹部が対談       ←よろしく お願いします (*´∇`*)

 

2013.11.22  ザ・リバティWebより

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6991


本欄でも紹介してきた、ITジャーナリストの佐々木俊尚氏と
幸福の科学IT伝道局の林洋甫局長との「ガチンコ対談」が22日夜、
開催された。開催前からネット上で話題沸騰となっていた今回の対談。

参加者約80人が会場を埋め尽くした上、
ニコニコ動画の生中継では2万人以上が視聴した。

対談のテーマは「宗教と科学」。

佐々木氏は、従来のように農村共同体や企業組織などによる人と人との
繋がりが失われている現代、宗教には新たな共同体としての可能性が
あると発言。しかしその一方、現代人の多くが求める「多様な価値観」という
ニーズを満たせてはおらず、十分に受け皿になれていないのではないかと
問題提起した。

これに対して林氏は、幸福の科学は、多様な霊人の霊言を公開することからも
わかるように、他の宗教とも共存できる宗教であると説明。

その上で、神々のなかの至高の存在であるエル・カンターレを信仰し、
現代における問題についても、真実や正しさを探究しているとした。

その後も、宗教の教義における「正義」と「多様性」は両立しうるかなど、
対談はまさに「ガチンコ」となり、白熱した。

質疑応答で、「テクノロジーの進化によるAR(拡張現実)と宗教の融合」と
いう男性の質問に対し、佐々木氏は「お互いに何もしなくても自動的に
コミュニケーションを行える技術ができれば、『霊界通信』と言われるものに
つながるのではないか」と回答。

林氏は、「宗教修行を通して心を見つめ、見えたビジョンや悟りを共有
できるようになる次元SNS」の構想などについて語るなど、未来社会の
テクノロジーについて様々な新しいアイデアが交換された。


今回の対談でクローズアップされた「宗教における多様性」。

佐々木氏は本誌の取材に対し、「多様な価値観を認めない宗教では21世紀
には生き残れない。

多様性と両立する宗教には、発展する可能性があると思う」とコメントした。


現代のインターネットの世界は、確かに多様であるが、その一方で、
価値観が交錯し、混沌としているのも現実だ。

テクノロジーと宗教の融合には底知れぬ可能性がある。
今後の発展に大いに期待したい。(晴)



【関連書籍】

幸福の科学出版
『公開霊言 スティーブ・ジョブズ 衝撃の復活』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1042


【関連記事】

2013年11月21日付本欄
【まもなく開催】ネットで議論沸騰
ITジャーナリスト・佐々木俊尚氏と幸福の科学の対談イベント

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6946

 

宗教法人『幸福の科学』の林洋甫さんとの公開対談について

http://blog.goo.ne.jp/ziyuunakaze/e/bb0b9b93f23b53fa7117bbf6e6cff6f9
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/1ed60f4ba2edb35c4da421adf63ec83d


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正しい選択を!!小泉元首相... | トップ | 日米で人気のケネディ大統領 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。