理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』

2013年03月07日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』

    

http://ameblo.jp/itonozomi/entry-11482599530.html

2013-03-04

伊藤のぞみ氏 ブログ転載
 
日経ビジネスで韓国について評論を書かれている
 
鈴置高史さんの本です。 

     
 
中国に立ち向かう日本、つき従う韓国/日経BP社

 ¥1,470 Amazon.co.jp

 

「反日は韓国にとって二重においしい」
 

本書の主張を一言でまとめると
 こういうことになるでしょうか。
 

 

2012年6月29日

 閣議でも了承された
 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を
 締結の一時間前になって
 韓国がドタキャンをするという事態が発生。
 

対北朝鮮対策も踏まえ、
 日米韓の連携を強化しようと
 米国も条約の締結を後押ししていた
 条約だったため、
 日本もアメリカも
 韓国のこの行動に不信感をいだきました。
 

締結1時間前のドタキャンの裏には
 中国の圧力があったと言われています。
 

日韓の連携を絶つ一方で、
 中国に対しては急速に接近する韓国。
 

日本との条約締結を反故にした
 4日後の7月3日、
 
韓国各紙は
 「中国と韓国の軍事当局が
 物品役務相互提供協定(ACSA)締結を目指して交渉中」
 と一斉に報じました。
 

それだけではなく、
 日本との間では結ばなかった
 軍事情報包括保護協定を
 中国と結ぼうとしています。
 

こういった韓国の動きを
 アメリカはこころよく思いません。
 

それに対して韓国は「反日」を掲げることで、
 「日本が過去の歴史を反省しないので、
 日本と条約を締結することはできない」と、
 アメリカに言い訳をしています。
 

と、同時に中国の要求を呑むことができるので、
 中国から圧力を受けないですみます。
 

こうして
 韓国は中国の要求をのみ込み、
 アメリカに対しては「反日」で
 言い訳をするという図式が成立します。
 

しかし、
 
「反日」を理由に「従中離米」
 
(アメリカと離れて、中国に接近する政策)
 
をとることは韓国の国益を損なうだけです。
 

現在、中国の艦船が頻繁に
 
日本の領海に侵入していますが、
 
韓国に対する領海侵犯はそれ以上です。
 

韓国の西と東の領海では
 3000隻の中国漁船が不法操業を行っています。
 

韓国は中国とFTAを交渉を再開したら、
 
中国政府が漁船の取り締まりを
 
強化してくれるのではないかと
 
淡い期待をいだいて
 
FTA交渉を再開したようですが、
 
逆に軍事的な威嚇をされる結果に…。
 


2012年に共同声明を出すときにも、
 韓国は北朝鮮の核問題を盛り込むように
 中国に求めましたが
 まったく聞く耳をもちませんでした。
 

もう、日本人ならアホらしくて
 
中国のいうことなんか聞いてられませんですが、
 
それでも中国のいう通りにするところが
 
韓国の韓国たるゆえんなのか…
 

それとも
 
「反日」「反米」は世論の支持を
 
得やすいからなのか…
 

中国から嫌なことをされてでも、
 
中国に接近する韓国の本心は
 
日本人には理解できないものかもしれません。
 


ただ、日本も日本でのんきなところはあります。
 

この本の筆者が中韓FTAについて
 韓国の経済専門家に
 話を聞いたときのエピソードです。
 
-------------------------------------------
 

中韓FTAについて聞くために韓国の経済専門家と会った。
 

彼から率直な打ち明け話を聞くうちに、
 学校の廊下で“怖い人”から胸倉をつかまれて
 『放課後に体育館の裏に来い』と言われた高校生を思い出した。
 

「行くと答えなければ今ここで苛められそうだし、
 行けば行ったで怖い目に遭いそうだし…」といった感じである。
 

もちろん、中国は韓国から
「定期入れの中の虎の子の千円札」を直ちには取り上げない。
 

逆に、飴玉か煙草の1本もくれるだろう。

 「俺の“組”に移ってこい。分かったな」と言いながら。
 
こんな想像をしていると
 経済専門家から突然、聞かれた。
 

「日本の新聞には『中韓FTAで日本は外された、出遅れた』
 なんて記事がよく載ります。
 あれは本気で書いているのですか?」
 

体育館の裏に呼び出され青ざめた高校生にすれば、
 “怖い人”から脅されてもいないのに、
 「なんでオレはあの組に参加できないのかな。まずいなー」
 と言う日本人が奇妙に映るのだろう。
 

答えあぐねていると、
 彼の次の言葉が降ってきた。
 

「日本人は呑気でいいですねえ」。
 

-------------------------------------------
 

韓国の行動も理に適っていませんが、
 
日本は日本でのんきですね。
 

変わってはきていますが。
 

韓国の置かれている状況に同情はしますが、
 韓国が「反日」を掲げて
 日本を攻撃する限り、
 韓国を助けることもできません。
 

日本政府としてできることは
 韓国側が中国との経済連携よりも
 日本と経済連携を深められるように、
 日本経済の復活を行っていくことです。
 

また、韓国企業の躍進は著しいですが、
 韓国の製造業はキーパーツを日本企業に頼っています。
 

日本からの輸入ができなくなった場合、
 韓国経済に与えるダメージは深刻であるということを、
 何らかの措置で知らせる必要があります。
 

他にも韓国の「従中離米(日)」を止める方法はありますが、
 韓国は下手に出るより、圧力をかけた方が
 言うことを聞いてくれる傾向があるので、
 人がいい日本人はやりたくない政策が沢山。
 

やりたくないですが、やらないと
 韓国はドSな中国の言うことだけを
 受け入れる一方になるので

 ちょっとは日本もエスっ気を

 出さなくてはいけないかもしれません。

 

  (`д´ )/ 


。転載、させていただいた記事です

 


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治と宗教の大切さを思い出... | トップ | 原発停止は違法=安念委員長... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (泣き虫ウンモ)
2013-03-09 00:17:32
自民党も民主党も
http://www.youtube.com/watch?v=NyCG6epl1m8

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
韓国は中国の一部になる?:中国に立ち向かう日本、つき従う韓国 (本読みの記録)
中国に立ち向かう日本、つき従う韓国作者: 鈴置高史出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2013/02/21メディア: 単行本 前著「朝鮮半島201Z年」と同じく、韓国を通じて中国を見るというのが基本コンセプト。 韓国自身の分析も入っているが、韓国を見れば見るほど、中国...