理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

新刊!「誰がマスコミ権力を止めるのか」 現代マスコミが繰り返す偏った報道の背景に迫る。

2016年10月18日 09時02分26秒 | ご紹介愛国ブログ、一般含む

http://blog.goo.ne.jp/eternal-h/e/aecf2d6fc9b37b9e91fcdf59f212a70c 危機に立つ日本さんより

新刊!「誰がマスコミ権力を止めるのか」 現代マスコミが繰り返す偏った報道の背景に迫る。

沖縄、そして日本のマスコミ、アメリカのマスコミもそのようですが、
よくもまあ、ここまで偏向報道ができるものです。

公的機関としての誇り、自尊心はまったくないようです。

マスコミ界も大掃除が必要ですね。

誰がマスコミ権力を止めるのか

愛と勇気のジャーナリズムII
・著者 綾織次郎/里村英一 編 ・定価 1,188 円(税込) ・発刊日 2016-10-19 
※全国書店は、発刊日より順次発売です
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1748


国民を不幸にするマスコミの「黙殺権」とは?

現代マスコミが繰り返す偏った報道の背景に迫る。

・戦後の日本を主導してきた左翼ジャーナリズムの源流とその功罪とは。
・週刊誌ジャーナリズムは大きな曲がり角を迎えている。
・“第一権力”となったマスコミをチェックし、導く役割が求められている。

■■ 編著者プロフィール ■■
編著者=綾織 次郎(あやおり・じろう)1968年生まれ。鹿児島県出身。一橋大学社会学部卒。産経新聞に入社後、政治部で首相官邸、自民党などを担当し、2001年に幸福の科学に奉職。「ザ・リバティ」編集部で主に政治、国際政治などの分野を担当。現在、幸福の科学常務理事兼 「ザ・リバティ」編集長兼HSUビジティング・プロフェッサー。著書に『愛と勇気のジャーナリズム』『「奇跡」の日本近代史』(HSU出版会)『GDPを1500兆円にする方法』(幸福の科学出版)などがある。HSUでは「現代ジャーナリズム研究」などの授業を担当。

編著者=里村 英一(さとむら・えいいち)1960年生まれ。新潟県出身。在京のテレビ局宣伝部を経て、1991年、幸福の科学に奉職。月刊「ザ・リバティ」編集長、幸福の科学グループ広報局長などを経て、現在、幸福の科学専務理事〔広報・マーケティング企画担当〕兼HSUビジティング・プロフェッサー。ネット番組「THE FACT」メインキャスターも務める。共編著に『スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る』( 幸福の科学出版)などがある。

目次

まえがき
第一章 誰がマスコミ権力を止めるのか…………綾織次郎
第二章 左翼ジャーナリズムの功罪…………綾織次郎
第三章 週刊誌ジャーナリズムの問題点…………里村英一
第四章 テレビメディアの課題と可能性…………奥津貴之
第五章 マスコミの「黙殺権」全体主義を打ち破る…………綾織次郎


 

産経新聞 衆院10区補選候補者アンケート ②政治と金

衆院補選で偏向報道 幸福実現党の候補者だけ報じないマスコミ BPOも審議入り 

安倍政権の失敗の本質 大局観なき戦線の泥沼化の教訓はどこへ!? 2016.10.14

消費増税は、国民を不健康にする。 2016-10-12 

衆院東京10区補選 3氏の訴え  産経新聞 10月12日 更新記事

衆院2補選 幸福実現党候補が"事実上"いないことになっている? 2016.10.11

中日新聞記事に捏造、記者「想像して書いた」

元航空自衛隊の自衛官 新潟県阿賀野市議選に幸福実現党候補が当選 16日に投開票が行われた新潟県阿賀野市議選 

解散風にものんきな自民1、2回生に「40人落選」の危機!?「若手は自分が偉いと勘違い」と党幹部が分析


 ・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産経新聞 衆院10区補選候補... | トップ | 手紙 ~拝啓十五の君へ~ 映... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。