理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

【米大統領選】第2回TV討論 トランプvs.クリントン・司会者連合の構図 だが変化も 2016.10.10

2016年10月11日 10時59分11秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

https://the-liberty.com/article.php?item_id=12041 The Liberty Webより

【米大統領選】第2回TV討論 トランプvs.クリントン・司会者連合の構図 だが変化も

2016.10.10

「1対3ではないか」――。共和党候補のドナルド・トランプ氏は、そう不満を口にした。

アメリカ大統領選の候補者による第2回のテレビ討論会が9日(日本時間10日)、
ミズーリ州セントルイスで行われた。

冒頭の言葉がトランプ氏の口から出たのは、討論の中盤。民主党候補のヒラリー・クリントン氏の
メール問題に関するやり取りの中で、司会者2人がクリントン氏の味方をするように、
トランプ氏の発言を制止したためだ。
他の場面でも、「クリントンびいき」が見え隠れした。司会者は、クリントン氏の発言が制限時間を
超えてもそのまま話をさせるのに、トランプ氏の時は、すぐに止める。
トランプ氏も思わず、「これは面白い」と皮肉を口にするほどだった。

金持ちに対して、減税のトランプ氏、増税のクリントン氏

今回の討論会は、クリントン氏が10年前のトランプ氏の「女性蔑視発言」に対して、
トランプ氏がクリントン氏の「メール問題」で激しく応酬。
税制については、トランプ氏が、実業家らしい視点からこう語った。
「減税は企業にとって、非常に重要だ。
我々は、中間層にも減税する。
しかし、クリントン氏は税金を上げるだろう。
この国の税金は世界でも最も高いが、私は税率が非常に低い国にする」。
これ対して、クリントン氏は、次のように語っている。「彼(トランプ氏)は、富裕層と大企業に
過去最大の減税をするだろう。(中略)そして中間層の税金を増やす。私はアメリカの大半である
25万ド以下の収入の人々に対して、税金を増やすことはない」

支援した者を悪者にするオバマ外交の失敗

また、シリア問題について、クリントン氏は、こう指摘。「アサド政権が地上ではイラン、空爆では
ロシアとともに、特にアレッポで野蛮な行為をしている。
ロシアはISと戦うのではなく、アサド政権を延命させようとしている 。

これを受けて、トランプ氏は、オバマ外交を次のように批判した。
「クリントン氏は、ロシアのプーチン大統領やアサド政権に対しても悪く言う。彼らに反対する
人の立場で話す。反逆者がどんな人々かも知らないでだ。イラクだろうとどこであろうとアメリカは
反逆者に支援する。人々を武装させる。
その結果、ご存知の通り、武装した人々は反抗する対象よりも悪者になってしまう」
(参考:10日付日経新聞電子版)

世論調査で63%が「トランプ氏は期待以上」と評価

討論後、米政治専門紙「ザ・ヒル」(Web版)は、「クリントン勝利」という見出しで報じた。
討論を観た人の57%がヒラリー勝利、34%がトランプ勝利と回答した世論調査を紹介。
しかし、その一方で、63%の人々が「トランプ氏は期待以上だった」と評価していることも伝えた。
確かに、今回の討論全体を眺めると、トランプ氏が押し返してきたイメージがある。
討論の終盤、司会者から、互いの評価できる部分についてコメントするよう促された際、
クリントン氏は、トランプ氏の家族を褒めたものの、トランプ氏本人への言及を避けた。
これに対し、トランプ氏は、「ヒラリー氏は、途中で投げ出さない、諦めないファイターだ。
多くの問題で判断は全く違うが、素晴らしい資質を持っている」と素直に褒めた。
今までワンマンだった実業家のトランプ氏が、「政治家」になる階段を上っている
プロセスなのかもしれない。

日本人にとって大事な視点

覇権国家・中国が核ミサイルの照準を日本に合わせている今、米大統領選について、
日本人は週刊誌的な話題で一喜一憂すべきではないだろう。
日米で協力して「中国封じ込め」を進めるのはどちらか、習近平・国家主席をねじ伏せるだけの
「タフさ」があるのはどちらか、という視点が必要だ。
同時に、どちらの候補が大統領になっても、
日本として進めるべき国防政策は進めるという肚を固めなければならない。

3回目となる最後の討論会は10月19日、投開票は11月8日に行われる。

(山下格史)


【関連記事】

2016年10月3日付本欄 大川総裁がニューヨークで英語講演 大統領選を控えたアメリカの使命を語る

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12017

2016年9月28日付本欄 【米大統領選】第1回目テレビ討論 クリントン氏「優勢」の報道、しかし

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12002

2016年8月号 「トランプ大統領」は怖くない 日本にとって大チャンス! - 2016.11.8 アメリカ大統領選

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11520

 

 坂上・美輪のニュースにダマされるな! 2016年10月2日 2016.10.02


あえば直道氏 トランプ陣営による、初の公式プロモーションビデオ(テレビCM用)が完成しました。

テレビCM第2弾 あえば直道のBLOG  動画を追加

報道2001で,饗庭直道氏のコメントが放映 日本人として初登壇し演説された アメリカの共和党の顧問です 更新


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫に話しかける赤ちゃん 動画... | トップ | 宇宙人探しが始まった!1億ド... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。