理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

【北朝鮮核実験】 核弾頭実験なら「想定上回る脅威」と専門家分析 ターゲットはワシントン

2016年09月10日 00時00分00秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

2016.9.9 22:13http://www.sankei.com/world/news/160909/wor1609090084-n1.html

【北朝鮮核実験】
核弾頭実験なら「想定上回る脅威」と専門家分析

 ターゲットはワシントン

北朝鮮は9日に発表した声明で「核弾頭爆発実験」が成功したと述べている。事実なら、実際に兵器として使用可能な水準の核弾頭(核爆弾)を爆発させて性能を検証したことになり、単に実験装置で核分裂反応を起こした過去の実験に比べ、核の実戦配備に向けて大きな前進を意味する。

 元防衛庁技術研究本部第3研究所長の久保田浪之介氏によると、核保有国の中国や米国も、過去の開発過程で実際の核弾頭を爆発させる実験を行ってきた。

 ミサイルへの搭載などを念頭に置いた核弾頭の場合、弾頭が十分に小型化・軽量化されている必要がある。今回、核弾頭を爆発させたとすれば、大きさが問われない従来の実験装置より小型化に成功したことになる。久保田氏は「小型化にはかなりの時間を要する。兵器化できるサイズになったとすれば、想定を上回る脅威だ」と指摘する。

 威力を示す爆発の規模は10キロトン程度と、1月の核実験から倍増したと推定される。奈良林直・北海道大特任教授(原子炉工学)は、威力の増大や弾頭の形状に合わせた核爆弾を作る技術について、「これまでの実験で得た知見により設計の精度が上がった」として、核弾頭の量産化が可能な段階に入ったとみる。

 声明は、核弾頭が「戦略弾道ロケットに装着できる」と述べた。核実験は今年2度目だ。「米の首都ワシントンを狙った核ミサイルを保有したい北朝鮮が、その開発を急いでいる」と久保田氏はみている。(塩原永久)

北朝鮮ミサイル、今年で21発目 この危機に慣れてはいけない

核弾頭爆発実験に「成功」と発表、過去最大規模 「小型化」量産も強調

北朝鮮が改良ミサイル発射「成功」 今年で21発目

【北朝鮮ミサイル】安倍政権の国民に事実を公表しない姿勢、それを追求しないマスコミの姿勢、国民の間に不信感がだんだん募っています。

こうやって、北朝鮮は経験値をあげてゆく。いま、そこにある危機。北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射 G20への牽制か?

【中韓】朴大統領、中韓首脳会談で「心配事でよく眠れない」と吐露

【最新版】もし北朝鮮の核ミサイルで攻撃されたら?【被害想定】

/


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核弾頭爆発実験に「成功」と... | トップ | 小池都知事「中共の「日本解... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-09-10 00:32:19
 ついに完成間近の北朝鮮の核ミサイルにより、朝鮮有事か日本が滅亡か、植民地か属国化の危機か。
 正しい事を言う宗教団体を、嫉妬する安倍マリオ政権は、結局、無力な国連決議と遺憾の意しか言えない。
 腰砕け外交の安倍マリオ政権は、国民の生命と財産を、守る気もなく、政権の延命がすべてなら、総理失格では。
 真面目に日本滅亡は、見たくありません。
 次の選挙で、本当の国防を、考える団体や政党を選ばなかったら、本当に日本に後がない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。