理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

乗船中に「ドン」 西之島の噴火

2017年06月17日 14時50分33秒 | 災害・医食・自然・超常現象など情報

写真・図版

夕闇のなか、赤く輝く溶岩片を噴き上げる西之島=16日午後7時15分、東京・小笠原沖の客船「にっぽん丸」から、写真家・三好和義氏撮影

SNS情報より

夕闇のなか、赤く輝く溶岩片を噴き上げる西之島。先般は、伊豆大島近海で地震も頻発しています。日本(にっぽん)は、マグマの上に浮かぶ火山列島。どこから火を噴いてもおかしくないと感じます。皆様【備え】をお願いいたします。
ーーーーー
乗船中に「ドン」 西之島の噴火、写真家・三好さん撮影
2017年6月17日0時29分
http://www.asahi.com/articles/ASK6J7W53K6JUBQU017.html?ref=smartnews


 東京・小笠原諸島の自然などを収めた「楽園」シリーズで知られる、写真家の三好和義さん(58)が16日午後7時すぎ、西之島が爆発的に噴火する様子を撮影することに成功した。乗船していた客船「にっぽん丸」の船上から、約2キロ離れた島の噴火の様子を撮影した。
西之島、さらに広がる可能性 1年5カ月ぶりに噴火
 三好さんによると、船が約1時間、島の周囲を巡る間に数分に1度噴火が続いたという。噴火すると「ドン」という爆発音が少し遅れて聞こえ、黒い火山灰も降ったという。
 夕暮れとともに溶岩の明るさが際立つようになった。三好さんは「こんな迫力のあるシーンを撮影できるとは。赤い溶岩で浮かび上がった山の形も美しく、興奮しました」と話した。
 2013年、西之島近くの海底が噴火して新島ができ、その後の活発な火山活動で西之島とつながった。しばらく活動が収まっていたが、今年4月に約1年5カ月ぶりに噴火。

気象庁は火口から1・5キロの範囲で噴石に警戒するよう呼びかけている。



飛び出す火山弾・流れる溶岩…噴火の西之島、活動活発に

2017/04/23 に公開

1年5カ月ぶりに噴火した小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)を4月21日、本社機「あすか」で見た。高さ約100メートルまで飛ぶ火山弾や、海の近くまで流れた溶岩が確認できた。
http://www.asahi.com/articles/ASK4P32...

 

 

参考動画

海から噴き出す溶岩を至近距離で撮影

2017/02/15 に公開

ハワイらしいです。
まずで地球が吐いているかのような映像です。
美しもあり、恐怖でもあり神秘的な映像です。
こんなにも至近距離でよく撮影できたものです。熱くないのかな?

 

【貴重映像】海水浴場沖で海底火山爆発

2016/06/18 に公開

海水浴場のすぐ近くで突然起きた海底火山爆発の様子です

 


 

大爆発、映像 まとめ 迫り来る衝撃波がすごい迫力  それぞれが何の爆発なのか知りたい。



 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヴァンカの女性のエンパワ... | トップ |  天女と羽衣伝説の真相判明!... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。