理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

【協力依頼】「やまと新聞の日(8月10日)」キャンペーンにご協力をお願いします

2010年07月20日 00時04分48秒 | ご紹介愛国ブログ、一般含む

 【協力依頼】「やまと新聞の日(8月10日)」キャンペーン

にご協力をお願いします
日心会のメールからです

今後の保守系市民活動において、民主党の日本解体法案提出の阻止が重要だと考えます。参議院の過半数割れで、しばらく法案の提出はないと予測されています
が、部分連立(政策連立)で、法案が提出されない保証はありません。
 その万が一に備えて、在特会さんを始めとする行動する保守活動家の方々は準備を整えています。ですが、有志の方々が国会デモで動いたとしても、それが日本国民を大々的に巻き込んだ運動に発展しなければ、阻止することができません。
このような危機的状況に陥った時、確実に正しく報道してくれる新聞社が1つだけ
あります。もちろん、「やまと新聞」です。
日本解体法案が提出された時、「やまと新聞」の号外がすぐにでも打ち出せれば、
全国各地で日本国民全体に知らせることが可能になります。そして、やまと新聞が
動き出せば、他のマスコミも巻き込んだ「反民主、反日本解体法案」の運動を展開
する事が可能になります。
実績は「口蹄疫号外」で証明済みです。この号外の規模をさらに大きくすれば、国
民運動へと広がっていくと考えます。

 ただし、このやまと新聞さんの力を借りた国民運動への準備として、2つの課題
をクリアしておく必要があります。
 1つは資金。お金がないと号外を刷れません。
 もう1つは、やまと新聞の存在を多くの保守市民が知る事、興味を持つ事、日心
会以外のグループでも、いつでも協力体制を作れる状態にしておいてもらうこと。
 この2つをクリアしておく必要があります。

そのために、10000人新規会員募集企画(やまと新聞の日キャンペーン)を実施
したいと考えています。


■■■「やまと新聞の日キャンペーン実施要綱」■■■

◆8月10日をやまと新聞の日と定める。(公認済)
◆「月々500円で購読者になれる、皆入会しようよ。」とやまと新聞を推薦する。
◆8月10日に、キャンペーン参加者には、ブログなどの各自の情報発信の場で、
一斉にやまと新聞の紹介をする。
◆8月10日に向けて、各保守系団体、情報発信網、人気ブログに、キャンペーン参
加の呼びかけをする。
◆フライング紹介もOKですが、8月10日の一斉紹介は必ず実施する。同じ日に、
どこのブログでも、どこの団体でも、どこの情報発信網でも、やまと新聞の名を出
すことが、とても重要です。

会員の皆様のつながりを活かして、大々的に広めていってもらいたいと思いま
す。


以下に、やまと新聞のキャンペーン実施の効果を説明します。

■■抑止力効果が大きい■■
 日本解体法案をマスコミが報道しない理由(情報統制を受けている理由)は、日
本人全体に正しい情報が広まったら、法案を提出した政党、賛同した政治家が壊滅
的なダメージを受けるからです。
 やまと新聞が多くの会員数と資金力を持ち、日本解体法案が提出されたと同時
に、号外を出すことを表明して、多くの日本人がボランティアで各駅前において配
布する準備を整えていると知れ渡ったら、日本解体法案の提出に対する強大な抑止
力になります。
 ネット上の抗議活動だけでも、抑止力になるのですから、新聞で号外が出される
となったら、政治家がためらうのは間違いありません。「提出推進派の中心人物の
選挙区では、全世帯に配布する。」ぐらいの意気込みを表明しておけば、提出を口
にする事すらなくなるかもしれません。


■■正しい情報を発信することの大切さを報道関係者に思い出してもらう■■
やまと新聞が、日本国民の支持を受けて、規模を拡大していったら、日本のマス
コミは正常化する可能性が高まります。(もちろん、一部の新聞社は廃刊してもら
うしかないのですが。)
保守系新聞のやまと新聞が、ビジネスモデルとして成功を収めた場合、売り上げ減
少に苦しんでいる大手新聞社が、保守系に乗り換えることもありえます。少なくと
も、そういった記事を増やそうと、現場の報道関係者が動いてくれる可能性はあり
ます。そうでなければ、やまと新聞に読者を奪われて、消えてなくなるだけなので
す。
日本の新聞社が、業界内の動き(自浄作用)によって正常化する最後の機会が「や
まと新聞」の購読者拡大だと考えます。


■■どこでも手渡せる新聞■■
 日本解体法案反対のチラシやビラの配布は思うようにいきませんが、「新聞の号
外」ならば、駅前で「号外でーす。」と言うだけで、手が足りないと思うぐらいに
配布することが可能になります。
また、職場でも、「こんなチラシやビラがあるんだけど。」と見せるのはためら
ってしまう方であっても、「こんな号外を駅前で配っていたよ。何部かもらってき
たから、読んでみる?」との会話で、話題にするだけでなく、号外を普通に手渡す
ことも可能です。
号外は、チラシ・ビラ配り未経験の方であっても、ベテラン級の保守活動家と同
じだけの実行力を私たちに持たせてくれます。それだけ、歴史と伝統ある新聞社の
情報の発信力は極めて大きいものがあります。それを、保守活動に活かせるのです
から、やまと新聞の購読者になるしかありません。

↓やまと新聞のHPアドレスです。
http://www.yamatopress.com/

 

 

(*`・ω・)ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落書きとつぶやき・・・ | トップ | 諦めるな。自民党にとっては... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やまと新聞こそが、真のメディア! (Unknown)
2010-07-20 09:34:51
何時も応援しています。


私も、やまと新聞を応援する

記事をこの版で

のせようと


思っていた矢先


です。


皆で、応援しましょう


やまと新聞を

購読しましょう!


こうてい疫の号外知らしを

配布する、、この智慧!



見習いたいですね


日本の護るために


絶対に、、、日本国人は


応援すべきです。


やまとファンより


素直なご意見 (桜咲久也)
2010-07-20 14:43:58
ねずきちさんのとこに、TBしました。
自分のほかのブログでもUPしています。
総勢5000人くらいの方が、目にして
くださると思います。
応援ありがとうございます<(_ _*)>

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。