理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

熟したバナナには、腫瘍壊死因子(TNF)が含まれている 更新

2017年04月04日 20時40分41秒 | 災害・医食・自然・癒し・超常現象など

がんはストレスで発症することが多い。ストレスを和らげる効果もあるし・・

茶色い斑点があるバナナを毎日2本ひと月食べると、

体にこんなことが起こる。

1) 胸焼け解消

熟したバナナには制酸剤のような働きがあります。バナナに含まれる、免疫力を高めるリン脂質という成分が胃の粘膜に吸着し、酸からの攻撃を守ってくれるのです。胃のムカムカを解消してくれる他、胃潰瘍予防も期待できます。

Twitter/Harvard Health

2) 抗がん剤効果

ことが研究によって分かっています。腫瘍壊死因子(しゅようえしいんし、Tumor Necrosis Factor)とは、腫瘍細胞を壊死させるタンパク質で、ガンなどの悪性細胞に作用するものです。また、白血球や抗酸化物質の増加を促し、腫瘍や異常細胞の成長を抑えるのに重要な、体の免疫力を高める効果もあります。

Twitter/coolbeansweb23 

3) 便秘解消

便秘解消にバナナが良いというのは聞いたことがあると思います。バナナには、食物繊維、善玉菌のエサになるオリゴ糖、便を柔らかくするマグネシウムや、気持ちをリラックスさせてくえるセラトニンが入っています。熟したバナナは血行改善にも効果があるので、自然な便秘解消を目指す人におすすめです。

4) ストレス解消

最近、ストレスがたまっていると感じている人にもバナナがおすすめです。バナナは血糖値を正常値に保つのに効果があるとされています。また、ストレスや疲労回復に良いビタミンBが豊富に含まれています。バナナを食べて、穏やかな毎日を送りましょう。

5) 体温調節

暑い季節がやってくるのはまだ先のことですが、バナナに体温を下げてくれる効果があるのを知っていましたか?熱がある時などにもおすすめ。温かい場所でとれる食べ物には、体温を下げる効果があるんですね。

6) 心臓発作のリスク減

アメリカの研究によれば、熟したバナナには心臓発作や脳卒中のリスクを減らす効果があることが分かっています。バナナに豊富に含まれているカリウムは、心臓や脳の細胞の機能にとても重要な成分で、血圧の抑制や心臓病の危険を軽減してます。カリウムの推薦摂取量は1日1500mg。バナナ2〜3本に含まれる量です。

さっそくバナナが食べたくなりましたが、まずは熟すのを数日待ちたいと思います。

 

 

 

 


これもバナナと関連があるのかも????

南国で癌は発生しにくいって本当?

投稿日: 2016年1月8日http://ganmaga.jp/archives/3856 がん対策
 

南国では癌が発生しにくい

日本でも亜熱帯気候である沖縄ではがんの発生率が低いように、南国といわれる地方ではがんの罹患率が高いというデータはあまり見られません。太陽が降り注ぐ南国では皮膚がんの影響もあるとは思いますが、がんの罹患率が高い日本とどのような違いがあるのでしょうか。今回は南国の特徴とがんとの関連性を説明したいと思います。

南国のフルーツは抗がん効果がある

気候が温暖な地域で育ったフルーツには抗がん作用があるとされています。例えば、グアナバナというフルーツはドリアン、マンゴスチンと並ぶ世界三大美果の一つといわれています。このフルーツには卵巣、結腸、乳房、肺、肝臓、膵臓がん、リンパ腫、子宮頸部、前立腺などの幅広いがんの症状に効果があるとされています。これはアセトゲニンという成分ががんを構成している成分の動きを止めるためといわれています。

また、周りを海で囲まれた地形もあり、海産物を主食とします。特に海藻類に含まれる多糖類はがんを自滅に追い込む作用があります。その他、抗がん成分であるβ-力ロテン、食物繊維、β-力ロテン、U-フコイダンが多く含まれています。沖縄の名産品ゴーヤは血糖値・コレステロール値を下げ、ガン発生率を低下させる食材として注目を浴びています。

南国の気候がストレスを軽減?

暖かい気候の土地は温和な方が多く、ストレスを感じる環境も多くありません。人間はストレスを感じると活性酸素を体内で多く発生させます。この活性酸素が遺伝子を傷つけ、がんの発症リスクを高めてしまいます。南国地方では綺麗な大自然に囲まれていることもあり、あまりストレスを感じないため、がんの罹患率が低いとされています。

身体を温めるとがん予防になる?

「身体の冷えは万病の元」といわれるくらい体温はガンの予防に関係があります。がん細胞は35度前後の低い体温が増殖に相応しい環境であり、39.3度以上になると死滅するという特性があります。しかし、39度を超える体温を日常生活で維持するのは困難です。従って、体温を下げないことががんの予防につながります。体温が下がると血流が悪くなり、免疫が低下し、がんだけでなく、さまざまな病気にかかりやすくなります。適度な運動ががん予防に繋がることも運動による体温上昇が影響しているとされています。温暖な気候に恵まれた南国では体温が年中35度以上を維持することができるため、がんの増殖機会が低いとされています。

以下続き http://ganmaga.jp/archives/3856

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一人っ子政策の名の下 殺され... | トップ | 大橋巨泉さんが立ち上げた芸... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。