理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

大川隆法総裁、27年前に「トランプ大統領」を見通していた  

2016年11月12日 01時00分53秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12185 The Liberty Webより

大川隆法総裁、27年前に「トランプ大統領」を見通していた

大川隆法総裁、27年前に「トランプ大統領」を見通していた

 James.Pintar / Shutterstock.com

アメリカ大統領選において、共和党のドナルド・トランプ氏が勝利し、世界に激震が走っている。

この勝利が驚きなのは、アメリカ中のメディアが「アンチ・トランプ」だったこと。

クリントン氏を支持したのは57社であったのに対し、トランプ氏を支持しているのはわずか2社だった。

他にもトランプ氏は、共和党の政治家たちからも「不支持」をつきつけられるなど、激しい批判の嵐にさらされていた 

実は今から27年前、大川隆法・幸福の科学総裁は、「トランプ氏の、批判を逆手に取る姿勢」について、

1989年6月、東京都内で行った講演会で、次のように言及していた。

◆              ◆               ◆

ザ・リバティ 2016年12月号

ザ・リバティ 2016年12月号 幸福の科学出版

お読みになった方があるかもしれませんけれども、『トランプ自伝』という本が出ました。 

アメリカの不動産王で、ドナルド・トランプという人の自伝です。

四十二、三歳でものすごい資産をつくって、やがては大統領をも狙おうかというような勢いのある、

ニューヨーク一の腕利きの不動産王です。この自伝を読みますと、おもしろいことを言っているのです。

腕が利きすぎるためにずいぶん敵もつくったし、まわりから批判もされたこともあるのです。新聞に批判されたこともあります。

しかし、彼が書いているのをみると、新聞の批判はたしかに身にはこたえるが、

悪口を書かれれば書かれるほど商売が繁盛したというのです。

内容がよかろうが、悪かろうが、少なくともトランプという名前を新聞の第一面とか、

第二面とかのトップで出してくれるということは、その後の商売にはものすごくプラスになったというわけです。

だから、恐れていてはいけない、何を書かれても有名にしてくれれば、ちゃんと採算はとれる、と書いてありました。

おもしろい考え方です。

そういう考え方ができる人というのは、その裏に、そうとういろいろな批判を跳ね返すだけの自信があるのだと思います。

自分がやってきた自信、バネが強いのです。足腰が強いのです。

どんな批判が出ようが、何が出ようが、「ああこれは有名税だ。」と思ってスイスイと上がっていく。

ニューヨーク市長などともどんどん喧嘩して、公然と批判して、そしてそれをてこにしてもっともっと

ガンガンガンガンやっていくのです。おもしろい人物です。

なかなかやるなと思って読んでいましたけれども、そういう人もいます。

これなどでも、批判を受けたらもうそれでだめだというふうに、イエス・オア・ノーで考えると、もうどうしようもありません。

女性関係をあばかれて、わずか六十数日で辞任した首相がいました。まことに情けない話です。

やはり、いずれ辞めなければならないと思ったとしても、一回ぐらいは粘り腰で粘ってみればいいのです。

「女性に対する愛が深いのが私の唯一の欠点です。」などと一回ぐらいぶちまけてみたらどうだ、

週刊誌に二、三回批判が載ったぐらいで、何を弱気なと思いました。

やはり、やれるだけやってみたらどうだ、という気は、私はするのです。

何かあまりにも情けなさすぎます。お金と女性のスキャンダルと、そんな首相が二代続いて、ほんとうに情けない。

批判されたら、「おう、それがどうした。」といって、「しかし、わしの政治手腕はすごいぞ、見てみろ。」とでも

言ってみろというんです。「わかった。スキャンダルは認める。

一年待て。一年待って、その間これを消すだけの実績を上げてみせる。」と、それぐらいなぜ言えないのかと、

私などは言いたいです。

(中略)

そんなことで引き下がるくらいなら、最初から首相の座など受けるなと言うのです。

ああいうことをされたら非常に迷惑です。

受けた以上は、悪口いわれようが、どうしようが、やれるだけのことはやってから辞めなさいという気がします。

情けないです。教育してやりたいです。

事実は自分で知っているのだろうから、あんな批判で辞めるなら、最初から受けるな、と思うのです。

やはり、簡単に後退するようなザリガニ型人生を生きてしまう人はだめです。

虎の皮ぐらい残して死ぬようでなければだめです。私はそういうふうに思います。

(『常勝思考』旧版より抜粋)

◆               ◆               ◆

まるで、大統領選のトランプ氏の戦いをも見通していたかのようだ。

大統領選の始めの頃、トランプ氏は知名度においても期待感においても、クリントン氏に大きく劣っていた。

しかし1年を通してみれば、メディアでの露出と話題性という面において、トランプ氏はクリントン氏を圧倒していた。

大きな成功と人気を得た者ほど、数多くの批判を浴びている。それと同時に、批判の"効用"も心得ているようだ。

今回の逆転劇は、私たちひとりひとりの人生の励みになる面もあるのかもしれない。

【関連書籍】

幸福の科学出版 『常勝思考 人生に敗北などないのだ。』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=164

※新版にはトランプ氏に関する記述はありません。

幸福の科学出版 『守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1613

 

ピンチはチャンス

悪口を書かれれば書かれるほど商売が繁盛した。アメリカの不動産王で、ドナルド・トランプという人の自伝

トランプさんに関して、総裁先生が言及されたところ。

以下は、経典『常勝思考』(初版)81~82頁より。

 

第二部 光明転回の理論 4 批判をバネにする逆発想




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相 トランプ氏の勝利に... | トップ | プロ市民の思想と行動は、世... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (朝日新聞だ)
2016-11-12 19:36:57
フランクリン・ルーズベルトの生まれ変わりとされる胡春華の動静が報道されています。


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成28年(2016)11月12日(土曜日)弐
         通算第5085号 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 胡春華(広東省書記、団派のライジングスター)が上海市書記へ昇格か
   上海のトップとは次期総書記への最短距離

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。