理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

北朝鮮のミサイルは新型の可能性、稲田防衛相「高度2000キロ超は初めて」

2017年05月14日 12時41分27秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

http://jp.reuters.com/article/northkorea-missile-japan-sea-idJPKBN1890W0
 

5月14日、日本政府は、同日午前5時28分ごろ、北朝鮮西岸から1発の弾道ミサイルが発射されたと発表した。写真は北朝鮮の国旗。スイス・ジュネーブで2014年10月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse/File Photo)

 

北朝鮮のミサイルは新型の可能性、稲田防衛相「高度2000キロ超は初めて」

2017年 05月 14日 07:54 JST

[東京 14日 ロイター] - 北朝鮮は14日早朝、同国西岸から弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルはおよそ30分間、約800キロ飛んで日本海に落下した。日本の排他的経済水域(EEZ)の外側の日本海に落下したとみられる。

北朝鮮による弾道ミサイル発射は、韓国で文在寅・新大統領が就任して以降初めて。

稲田朋美防衛相は防衛省で記者団に対し、ミサイルは高度2000キロ超に達したことを明らかにした。北朝鮮のミサイルの高度が2000キロを超えたのは初めて。稲田防衛相は、飛距離が約800キロ、飛行時間が約30分間だったことと合わせ、新型ミサイルの可能性があるとした。

会見した菅義偉官房長官は、日本のEEZ外に落下したと推定されるとした。付近を航行する航空機、船舶への被害報告はないという。

安部晋三首相は官邸で記者団に対し、「断じて容認できない。強く抗議する」と発言。「度重なるミサイル発射はわが国に対する重大な脅威であり、国連の安保理決議に明確に違反する」と述べた。

弾道ミサイルの発射を受け、日本政府は国家安全保障(NSC)を開いた。


北朝鮮が弾道ミサイル1発 発射 排他的経済水域外に落下と見られる

NHKニュース&スポーツ
https://sp.nhknews.jp/

今朝6時頃



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「どんなことがあっても日中... | トップ |  北ミサイル「次は日本のどこ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。