理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

「母国への恩返し」の気持ちが、国を発展繁栄させる 【鈴木真実哉氏×綾織次郎編集長対談 トランプ革命で神国が目を覚ます(4)】 2017.05.07

2017年05月08日 07時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

https://the-liberty.com/article.php?item_id=12966 The Liberty Webより

 「母国への恩返し」の気持ちが、国を発展繁栄させる 【鈴木真実哉氏×綾織次郎編集長対談 トランプ革命で神国が目を覚ます(4)】

●対談者プロフィール●

鈴木 真実哉

プロフィール

(すずき・まみや)早稲田大学政治経済学部経済学科卒。同大学大学院経済学研究科博士後期過程単位取得後退学。聖学院大学政治経済学部教授等を経て、現在、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ経営成功学部ディーン。主な著書に『格差社会で日本は勝つ』(幸福の科学出版)などがある。

綾織 次郎

プロフィール

(あやおり・じろう)一橋大学社会学部卒。産経新聞に入社後、政治部で首相官邸、自民党などを担当し、2001年に幸福の科学に奉職。「ザ・リバティ」編集部で主に政治、国際政治などの分野を担当。現在、幸福の科学常務理事兼 「ザ・リバティ」編集長兼HSUビジティング・プロフェッサー。著書に、『愛と勇気のジャーナリズム』、『「奇跡」の日本近代史』(HSU出版会)、『GDPを1500兆円にする方法』(幸福の科学出版)などがある。

「日出づる国」日本のミッション

「日出づる国」日本のミッション

綾織次郎著 幸福の科学出版

トランプ政権が誕生し、はや100日が過ぎた。最新刊『「日出づる国」日本のミッション』の中で、「トランプ革命で神国(ニッポン)が目を覚ます」と断言する綾織次郎・本誌編集長と、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)経営成功学部ディーンの鈴木真実哉氏が、"トランプ大統領が起こす革命"について、このほど対談した。今後、日本は、そして世界はどのように動くべきか、考えてみたい。今回は第4回目。

《本記事のポイント》

  • 「強いアメリカ」を目指すトランプ大統領は真っ当
  •  企業には、自国に税を納める義務がある
  •  愛国心の強い国が、自国を発展させる

歪んだ考えを持つアメリカのマスコミ

鈴木真実哉(以下、鈴): トランプ大統領は「強いアメリカ」を目指していますが、一体、誰が困るのでしょうか。強いアメリカになって困るのは、自由や民主主義、正義に反する勢力でしょう。

綾織次郎(以下、綾): オバマ前政権下でアメリカは社会主義的な国に変わり、かつ、グローバリズムと称して、世界中どこでも、稼げるところで稼ぐようになりました。その結果、アメリカの中流階級は貧しくなり、海外に出ていった工場では、その国の国民を奴隷のように扱っています。そうした世界を後押ししてきたアメリカのマスコミの中には、かなり歪んだものが入っていたと思います。

一方、トランプ大統領は就任演説で「生活保護を受けている人たちに仕事を与え、アメリカの労働者の手と力で国を再建します」とはっきり述べました。「福祉頼みはやめましょう。国民も汗を流して働いて、給料をもらう方が幸せのはずです」と極めて真っ当なことを言っています。アメリカ本来の勤勉さが取り戻されつつある感じはありますよね。日本の首相は、この一言すらはっきり言えません。

グローバル化で海外進出した企業は身勝手!?

鈴: 彼は国際ビジネスマンなので、国際政治や経済、経営をよく知っています。企業が雇用を生むことで、国民は福祉がいらない人生を歩めます。そうした社会にするには、企業の活動を活性化しないといけません。綾織編集長の著書『「日出づる国」日本のミッション』にも書かれていますが、グローバル化によって企業が海外に出ていき、企業は本来の使命を果たしていない状況です。

国は国民に義務教育を通して読み書きそろばんを教え、企業はその教育を受けた人を雇うわけです。インフラも整っていますし、法律が成立する過程にも税金が必要です。ですから企業は税金として国家に返す義務があるはずです。人件費や税金が安いから、工場を海外に移すというのは、身勝手な行動だと思います。

企業は、自国で雇用を生み出し、自国に税金を払い、自国を繁栄させるにはどうしたらいいかを考えるべきでしょう。その本質をトランプ大統領は知っているから、アメリカに企業を戻そうと、法人税を15%に減税する税制改革案も公表しました。アメリカ国民にとって悪いことではないはずなのに、なぜ「保護貿易だ」と批判するのか分かりません。

「国に恩返しをしたい」という気持ちが「愛国心」

綾: 「国を豊かにすることはどういうことか」という問題ですよね。経済学的に「自由貿易か、保護貿易か」という議論になってくると、「保護貿易は悪いのかな」と思ってしまう人もいるでしょうが、もっと前提のところです。

鈴: 自国民に雇用を与えることは、企業の仕事ですよ。従業員を雇用し、よい製品やサービスを生み出し、そして国に税金を払う。この3つが企業の仕事です。

その元にあるのは、愛国心です。グローバリゼーションが進むにつれ、愛国心のない企業や個人が増え、結局、国家は弱ってしまいました。アメリカが強かった頃は、「この国を何とか発展させたい」という愛国心がありました。過去の歴史を見ても、愛国心の強い国が国を繁栄させてきました。

日本でも、例えば田舎から東京に出て成功した人は、「故郷にお返しをしたい」と、故郷に公民館や橋などを建ててきました。その郷土愛が、地方を繁栄させたのです。流行の「ふるさと納税」で税金を集めるなんて、くだらないことを考えてはいけません。その景品も、税金で払っているわけでしょう。ふるさと納税は、郷土愛のなさの裏返しだと思います。

国レベルで言うと、多国籍企業が大成功したら、本国に多額の寄付をすることです。税金でなくても、寄付でいいんですよ。国に対する恩返しをすることで、国は発展繁栄していくことができます。

【関連書籍】

幸福の科学出版 『「日出づる国」日本のミッション』 綾織次郎著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1838

【関連記事】

2017年4月25日付本欄 米メディアは、もうすぐトランプに完敗する 【鈴木真実哉氏×綾織次郎編集長対談 トランプ革命で神国が目を覚ます】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12925

2017年5月2日付本欄 トランプ政権の北朝鮮攻撃は、もう間もなく!?【鈴木真実哉氏×綾織次郎編集長対談 トランプ革命で神国が目を覚ます(2)】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12950

2017年5月3日付本欄 日本の軍事力が、世界に平和と秩序をもたらす 【鈴木真実哉氏×綾織次郎編集長対談 トランプ革命で神国が目を覚ます(3)】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12954

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮が米国人を拘束 4人... | トップ | 富士山・箱根“危険な予兆” ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。