理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

憲法9条を改正し、国民の安全と生命を守る国家へ 。 いざという時、しっかり大切な人たち、愛する国をまもるための国家をつくっていくべきです。

2017年05月17日 13時00分39秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

憲法9条を改正し、国民の安全と生命を守る国家へ[HRPニュースファイル1820]
http://hrp-newsfile.jp/2017/3180/
 HS政経塾第6期生 坂本麻貴

 ◆有事に対して備えなく、憂いが残る行政事情
北朝鮮がミサイルを撃った場合、日本では「Jアラート」が鳴り、国民に避難するよう警告されます。
「Jアラート」が鳴ってから、着弾までは約7分。あるいはもっと短いといわれます。

しかし、14日の未明にミサイルが発射され、30分間飛行した後、日本海に落ちましたが「Jアラート」は鳴りませんでした。
実際に、ミサイルが日本に向かって発射された場合、国民の救助に当たるのは地方公共団体です。

自然災害時とは違い、自衛隊は迎撃などに当たるためです。  
地方公共団体によっては、まず司令塔にあたる職員や関連機関で訓練を実施し、今後市民も巻き込んで訓練していこうとしているところもあります。
しかし、地方公共団体で具体的な対策を取っているところはほとんどないのが現状です。
「ミサイル着弾は前例がなく、訓練や備蓄を準備するだけの予算をつけることが難しい」「国の判断で鳴らすので、鳴ってすぐに対応することが難しい」という団体もあります。
そのため、ミサイルを想定した避難訓練をすることや、備蓄の用意、生物兵器だった場合に備え、ワクチンや医薬品の準備と関連機関との連携を求める活動を行なっています。
 
◆国民の声
9条に自衛隊の存在を加える「加憲」に国民の55%が賛成だと、16日の産經新聞で報じられました。

地元をまわって、皆さまの声を聞いても、「9条を改正するべき」「2項の矛盾を改めるべき」という声を多く頂くようになってきました。
憲法を改正することは、自民党の党是。安倍首相はその念願を叶えたいところですが、各方面に配慮して9条1項2項はそのまま残し、あくまで自衛隊の存在を加えるとしています。

 ◆「加憲」よりも「改正」
しかし、それでは国民にたいして不誠実です。政治は諸外国に対しても、国民に対してもまっすぐであるべきです。

憲法9条を改正し、主権国家としての交戦権を認めるよう改正しなくてはなりません。
その上で、更に、人はなぜ尊いのか、人権の尊厳の根拠は何であるのかを、国の柱である憲法に定めた自主憲法を制定するべきです。


いざという時、しっかり大切な人たち、愛する国をまもるための国家をつくっていくべきです。


--------
◎幸福実現党公式サイト http://hr-party.jp/
◎HRPニュースファイルサイト(バックナンバーがご覧いただけます)
http://hrp-newsfile.jp/

 

 


加憲ではなく、堂々と憲法9条を改正しよう。 2017.05.04

◆9条は守って、自衛隊は明記?

3日の憲法記念日には、読売新聞一面に「憲法改正 20年施行目標」と題し、憲法改正に向けて意欲を示した安倍総理のインタビュー記事が掲載されました。

首相は「東京五輪が開催される2020年を新しい憲法が施行される年とし、その柱は憲法9条に自衛隊を明確に位置づけることだ」と発言しました。憲法の平和主義は守り、「戦争放棄」(1項)と「戦力の不保持」(2項)を規定した9条を残したまま、自衛隊の存在を明記する、「加憲」の議論を展開しています。

2012年に自民党が作成した憲法草案には「国防軍」の保持と明記されていますので、首相は態度をやや軟化させた格好です。

◆野党の批判をかわす目的

9条は改正せずに、自衛隊の存在を明記だけするという主張は、野党・民進党の幹部もかつてしたことがありましたので、野党の反発を最小限に食い止め、現実(妥協)路線で、まずは憲法改正を実現させたいというのが首相の思いでしょう。しかし、妥協でよいのでしょうか。

続 http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/221aa1203ad66d00ffe136b97afe2aa9

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮のミサイル技術が向上 ... | トップ | 空母「ロナルド・レーガン」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。