理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

日経エンタテイメントが発表している「タレントパワーランキング」「スコア急上昇女優ランキング」の5位に、千眼美子さん

2017年06月18日 12時25分03秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

SNS情報より

日経エンタテイメントが発表している「タレントパワーランキング」。

「認知度」と「関心度」によってスコアを算出してるそうですが、「スコア急上昇女優ランキング」の5位に、千眼美子さん(^.^)

新垣結衣、初の女優1位 広瀬すず、土屋太鳳が上昇

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00000009-nikkeisty-ent

2017年版女優のタレントパワーは、4年連続1位だった綾瀬はるかに代わり、新垣結衣が1位。また、広瀬すず、土屋太鳳ら若手女優たちもスコアを伸ばす結果となった。
 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。(調査の詳細は総合編の「タレントパワー、マツコが連覇 新垣、星野が急浮上」をご覧ください)
 新垣結衣、綾瀬はるか、石原さとみの3人が総合ランキングのトップ10に入り、層の厚さが増していることを示した女優シーン。その結果は、タレントパワーのスコアにも表れている。16年にスコアが40を超えた女優は、綾瀬はるかと北川景子の2人のみだった。しかし17年は、ドラマ『ダメな私に恋してください』や「UQモバイル」CMなどで話題を集め、女優部門5位へと順位を上げた深田恭子までが40ポイント以上となった。
 13年から4年連続で女優部門1位をキープしてきた綾瀬はるかは、2位となったがスコアはアップ。新垣や石原の勢いに押されて、16年の2位から4位へとダウンした北川景子もスコアは上昇している。16年の北川は、7月クールの主演ドラマ『家売るオンナ』が同期放送の連ドラでは最高となる平均視聴率を記録しており、その成果はタレントパワーのスコアに反映されたようだ。
 16年の3位から6位へと順位を落とした有村架純も、スコアは16年と変わらず。16年同様、25歳以下の女優では最上位だ。4月からは朝ドラ『ひよっこ』にヒロインとして出演しており、さらなるスコアの上昇が予想される。

続き https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00000009-nikkeisty-ent



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラム国(IS)最高指導者... | トップ | 支持率が低下する「都民ファ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。