理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

「加計学園問題の敗者は自民党ではなくメディア」 モーリー・ロバートソンによる鋭い指摘

2017年07月12日 12時58分15秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

http://netgeek.biz/archives/99317 より

「加計学園問題の敗者は自民党ではなくメディア」 モーリー・ロバートソンによる鋭い指摘

腹BLACK 2017年7月11日

東京大学、ハーバード大学出身のモーリー・ロバートソン氏が加計学園問題について「メディアが敗者になる可能性がある」と新たな方向性を示唆した。

ユアタイム(フジテレビ)動画あり。

モーリー・ロバートソン「メディアは一番初めに能動的に取材できたと思うんですね。ところが野党による内閣への追及ということで、ショーアップに加担して尻馬に乗ってしまったように思えます。ですから下手をすると今回、信頼を失うのは自民党というよりもメディアが敗者になる可能性があると思います。自分の本来の機能を果たしてこなかったんじゃないか。エンターテイメントと報道を混同してしまったのではないか。自戒を込めてそう思っております」

フジテレビに出演しながらも正論でメディア批判をするところが素晴らしい。非常に本質を突いた指摘で周囲もうなずきながら聞く。

市川紗椰「これ(加計学園問題)を語るときに、人って目の前の材料より安倍総理が好き・嫌いでポジションをとっているような話題でもありますよね」

モーリー・ロバートソン「一個足していいですか?印象操作と言うと表現が強すぎるのですが、メディアは印象の操縦桿を握っているところがあります。それに大衆が敏感に反応して人気が上がったり下がったりするのもちょと…。そこには皆さんに免疫をつけて頂きたいなと…」

優しく謙虚な語り口でずけずけと言うのはモーリー・ロバートソン氏の良いところ。

ネットで情報収集する人たちは当初より獣医師会と民進党、文部科学省の黒さを見抜いていた。既得権益を守りたい獣医師会が国益を損ねてまで獣医学部の新設を阻止し、民進党議員に献金することで政治的な駆け引きを行っていた。

真実に気づいたネットメディアが安倍総理を擁護する一方でテレビ新聞といったオールドメディアは事実を捻じ曲げてまで国民を騙そうとする。なぜオールドメディアは執拗に安倍総理バッシングを続けるのか?その動機も解明され始めたところだ。

参考1:日テレ・バンキシャが玉木雄一郎疑惑を報じずに安倍バッシング→裏の癒着構造が明らかに

参考2:東京新聞で「とにかく安倍を叩け」という社内命令が出ていた。産経新聞の阿比留瑠比が暴露

バンキシャは玉木雄一郎議員の身内がつくる広報番組だから、東京新聞は編集局長が個人的に安倍総理を嫌っているから。いつの時代も力を持つ者は腐敗する。もはや組織的に腐りきったメディアを正すことはできないだろう。

だからこそモーリー・ロバートソン氏が指摘したように国民がメディアの偏向を見抜くことが重要になる。

メディアのネガティブキャンペーンにまんまと乗せられて政権の支持率を上下させるのは望ましくない。ドナルド・トランプ大統領はメディアが流すインチキ情報に「フェイクニュース」という名前をつけてやり返した。さらには一部メディアを「お前のところはフェイクニュースだから」という理由で記者会見を出禁にしたりしている。

風評被害に悩まされた安倍総理もこれぐらい強気でやったほうがいいのではないか。殴られたときに殴り返さないと相手は図に乗るだけだ。信賞必罰。ここらで一度、日本のマスコミを懲らしめてけじめをつけさせよう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半崎美子「種」MV  時代が... | トップ | 次の記事へ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何が正しいかがわかりにくい (へうげもの)
2017-07-12 13:27:28
保守の論客で、正しい歴史観と日本の国益を主張してきたと思われる人が、今はただ盲目的に安倍首相を擁護しているように感じる。
安倍首相の最近の政策を客観的にじっくり精査していないのではいかと思われる。

第一次内閣での安倍首相の政策は良かったと思うが、第二次内閣での経済・外交での実績が上がっておらず疑問に思うもののほうが多い。
昨年の終戦記念日談話や日韓合意などを見ても、とても正しい歴史観を持っているとは思えない。

保守の論客は、安倍の他に誰がいるのか。安倍しかいないだろうという観点からしか物事を見ていない。

安倍首相たたきもマスコミが作り出した一種のムードと感じるが、前川前事務次官たたきも保守陣営が作り出した異常なムードとも思われる。

いろんな意見が錯綜して、何が正しいかが分かりにくくなっている。

こういう時は、あらゆる意見を偏見なく取り込んで、自分の頭で考えるしかない。

一つのヒントとして、重要な書籍がある。
「自称“元首”の本心に迫る
安倍首相の守護霊霊言」
これを読むと、かなり視界が開けてくること間違いない。

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1733

ぜひ、多くの国民に読んでいただきたい本の一つである。
ずっとメディアはこんな調子 (はねもね)
2017-07-15 12:39:04
疑惑がないなら疑惑がないことを証明しろと、悪魔の証明を迫る反安倍陣営のメディアと、前川前次官の風俗通いという何の関係もないニュースで印象操作する安倍総理擁護側メディアの対決で、どちらも信頼に値しないですね。

自分たちの読者層が喜ぶことを書くのに腐心していて、事実の追求とは無関係なことばかりをやっています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。