理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

猛暑は天の警告!

2013年07月31日 10時48分52秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

猛暑は天の警告!

6月の熱中症による救急搬送4265人 昨年同月比2.3倍
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130717/Hazardlab_2104.html

2013年7月17日 (2013年7月20日 12時07分 更新) 抜粋

都道府県別に人口10万人当たりの搬送者数で見ると、

沖縄県が最も多く13.14人、次いで岡山県の8.94人、秋田県の6.63人などとなっている。

 7月に入ってからは関東以西の各地で異常高温になるなど、猛暑は厳しさを増しており、

総務省消防庁では熱中症に対する一層の注意を呼びかけている。

・・・・・

(`・ω・´)民主党の昨年の猛暑のときより、増えてるってことはどういうことか。。

民主党がだめだからと、国民に支持されたのに。、政権が変わった時から、

原発を動かす努力が見えてこない・・・・・。

政治の話題で、多くの友人、親戚と話をする機会があったが、宗教とか関係なく

「これは天変地異だね、これで節電しろなんて世の中おかしいからね。」

と、だいたい言っていた。普通の人にもわかることを、政治家たちは、

感じていないはずは無いと思うが。。

 

◆猛暑は安倍首相への天の警告!

熱中症による救急搬送が過去最高に
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6425

総務省消防庁は30日、5月下旬から7月下旬までの2カ月間で、熱中症で
救急搬送された患者数が2万6860人(速報値)と観測史上最高の数になったと
発表した。そのうち死亡者は32人、重症者は713人にのぼった。年齢別に
見ると、65歳以上の高齢者が1万3014人で全体の約半分に及んでいた。

福島第一原発の事故以来、各地の原発が再稼働できなくなり、自治体や
マスコミは盛んに節電を呼びかけている。そのため、エアコンを切って
過ごそうとする律儀で真面目な高齢者も多いという。

ある専門家の調査では、高齢者がエアコンを使用する時間は若者の半分で、
その要因として、温度上昇を感じる能力の低下のほかに、「節電のため
我慢したりする人もいるとみられる」という指摘もある。
(29日付読売新聞)

こうした中で、気温の高い日が続き、7月の始めには、東京都心で最高
気温35度以上の猛暑日が4日連続となり、最高記録を更新した。

ここ数日は、記録的な豪雨で全国各地で被害が出ているが、この異常気象
は何が原因か。
これまで数々の霊言を行ってきた大川隆法・幸福の科学総裁は、選挙期間中
の7月12日、ついに自身の守護霊を呼び、その中で、大川総裁の守護霊は、
憲法改正や中国の問題について話す中で、猛暑続きで、死亡者が出ている
ことについて触れ、次のように警鐘を鳴らした。

「こうしたことは、自然現象としてのみ処理されているが、彼らを生かす
ためには、安価な電力の供給の体制が非常に重要だと思われる。

実は、こうした天意が、表れていることを知らねばならないと思う。

早い梅雨明け、熱暑の到来。これは、『電力の安定的供給が、住みよい社会を
つくり、老人や子供たちの生命を守ることを知るがよい』ということを示し
ているわけだ。(中略)ただただ『原発廃止』を唱えているけれども、
天意はそちらのほうにはない」

つまり、猛暑が続くのは、「原発を動かせ」という天意の表れということだ。

一方、安倍晋三首相は、参院選前から原発に対する態度を明確にすることは
なく、再稼働についても原子力規制員会の判断に委ねるばかり。
政治のリーダーシップを発揮する素振りは見せていない。

だが、本欄でも再三指摘してきたように、福島原発事故の放射線の影響で
死んだ人は一人もいない。亡くなっているのは、節電に協力したがため
の熱中症による高齢者であり、避難を強いられ、慣れない土地や狭い
仮設住宅でストレスを抱える人たちである。


安倍首相は、本当に国民の生命を守るつもりがあるならば、規制委任せ
でなく、政治のリーダーシップを発揮して、原発の再稼働を積極的に
進めなければいけない。(居)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『大川隆法の守護霊霊言』 大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=988

アマゾンの同書紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4863953631/


【関連記事】

2012年7月9日付本欄 民主党政権になって、日本で竜巻被害が多発?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=4555

2012年3月23日付本欄 天変地異が日本人に送るメッセージ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=3992

 

◆ヤマト運輸が高齢者活用 政府に頼らない社会づくりが必要
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6424

「クロネコヤマトの宅急便」でおなじみのヤマト運輸が、2016年春をメドに、
社員に65歳まで働き続けることを促す新しい賃金制度を導入すると、

30日付日経新聞が報じた。政府の年金制度が、事実上、破綻状態にある中
で、こうした民間企業による創意工夫の重要性は増していく。

記事によると、ヤマト運輸はすでに2011年に定年を65歳に延長。

今回は、基本給を含め、賃金全体の水準を65歳まで維持する仕組みに
改める。同社の社員のうち、配達員は5万人強。このうち60歳以上は
1700人いるが、5年後には約3000人に増える見通し。

経験を積んだ高齢者を戦力の柱に育てるという...

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
 リバティ新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━


★競争を生き残る病院の条件(前編)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6410

★リバティ夏期集中講座 天国・地獄を分ける「方程式」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6409

★日本の繁栄を創った名経営者たち - 新たなルネッサンスへ 
大川隆法・霊言シリーズの衝撃4
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6412

★ハッピー教育相談室 - 学園熱血教師のアドバイス(17)
「チアダンスの世界大会で女子中学生たちを準優勝に導いた指導法」(後編)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6406

★【第17回】いじめは必ず解決できる
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6405

★Happy Science News The - Liberty 2013年9月号
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6404

★山口敏太郎のエックス-リポート 【第15回】
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6403


 

日本に誇りを取り戻す(`〇ω〇´)

 

にほんブログ村 政治ブログへ
 

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
 
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【白人支配を終わらせた日本軍】 | トップ | 日本人が知らない親日国家「2... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (英)
2013-07-31 18:09:46
原発再稼働を、寄生庁もとい規制庁にまるなげだからね。
Unknown (泣き虫ウンモ)
2013-07-31 20:31:47
今頃は発狂したくなるぐらい暑いのですが、まだコタツをしたままです。日本の最北端に住んでるわけでもないのに、一体なんなんでしょうか?コタツのスイッチを入れる日もあります。上記の話に変わりますが、宗教がなければ文明は起きませんし、今の状態を外国と比べて優れた文明国家だと考えるのは、間違いですね。
文明国家になるには、その時代における最先端の宗教が必要ですから。そのためには、宗教的知性も必要ですし、それに基づいた信仰心も必要ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事