理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

「災害ボランティア活動の大切さ―九州北部豪雨の被災地で」1、江夏正敏の「闘魂一喝!」

2017年07月19日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

幸福実現党  
江夏正敏の闘魂メルマガ vol.94
2017年7月18日発行
━━━━━━━━━━━━━━    
江夏正敏 幸福実現党
政務調査会長のオフィシャルブログ
http://enatsu-masatoshi.com/
━━━━━━━━━━━━━━
1、江夏正敏の「闘魂一喝!」
「災害ボランティア活動の大切さ―九州北部豪雨の被災地で」
━━━━━━━━━━━━━━
7月上旬に起きた九州北部豪雨は、多くの犠牲者と多大な被害をもたらしました。今も避難所生活を強いられている方が大勢いらっしゃいます。心よりお見舞い申し上げます。
さらに、自宅に戻れた方も、床上・床下浸水などで、泥が家の中や、その周辺に堆積し、日常生活に支障をきたしています。
行政も一生懸命に対応しておりますが、民家まで手を回すことができません。そこで、民間のボランティアの活躍が期待されるのです。
今回のメルマガは、実際に現地を視察し、ボランティアに参加した経験から、災害ボランティアについての所感を述べてみたいと思います。

●直後の被災地へは必要な方のみ
災害中、もしくは直後は、状況も分からず危険です。
また、緊急車両が被災地に向かいますので、場合によっては渋滞の原因となりますので、本当に必要な方以外は、現地に行くことがはばかられます。

●社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを立ち上げる
民間ボランティアが求められるのは、行政が現地を把握し、被災者のニーズを収集してからとなります。
たいてい、社会福祉協議会が主体となって、ボランティアの仕切りをすることになります。
ボランティアに行かれたい方は、それらの情報を報道やネットで収集して行くことになります。

●不審者に間違われないように
被災地や避難所を単に巡ると、場合によっては不審者扱いになります。人がいなくなった家などから泥棒をする不届き者もいるからです。
避難所も、避難されている方々がストレスを抱えながら生活されているので、多くの方が押し寄せると負担が増えることもありえます。気を付けたいものです。

●オリエンテーションとマッチング
さて、災害ボランティアセンターが立ち上がると、スタッフは被災者の皆様に、支援して欲しい内容を聞きます。
その情報を元に、ボランティアの方々とマッチングをしていきます。そして、オリエンテーションを受け、ボランティアとしての心構えを教えてもらいます。そして、現地へ。

●ボランティアの心構え
私が福岡県朝倉市の災害ボランティアセンターで教えていただいた心構えは、次のようなものでした。
「被災者の気持ちを尊重してください。相手によって望んでいることは違います。
自分に合わせて活動をするのではなく、相手に合わせて無理強いしないように活動してください。
ボランティアの方が善意で『これもしましょう、あれもしましょう』と言うと、被災者の皆様は断りにくいのです。相手がして欲しいことをして下さい」
「自分のことは自分で守ってください。休憩もしっかりと取ってください。
昼食の用意、宿泊場所の確保、交通費や貴重品の管理も自己責任です。あくまで無理をしないでください」
「被災者の立場に立った活動をしてください。混乱している被災者の心を乱すような態度は好ましくありません。
挨拶や言葉遣いには気を付けましょう。被災者のプライバシーを守りましょう。
被災者の思い出の品物もありますので、必要なものか捨てていいものかを確認してください」
「断る勇気も必要です。被災者からの依頼内容に応じた活動をしてください。
活動内容以外のことを依頼された時には、ボランティアセンターに確認してください」
「謝礼は受け取らないでください。お茶やジュースぐらいであれば、気持ちよく頂きましょう」

●ボランティアは必要
今回のボランティア活動で、その必要性を痛感しました。泥やがれき、木材などが散乱している家を、高齢の被災者が片づけることは至難の業です。
行政も家の中までは支援できません。助け合いの精神で、お手伝いすることがどうしても必要です。

●互助の精神を大切に
私も1995年に起きた阪神大震災のボランティアに参加しました。当時は、政府の動きが緩慢で、初動がうまくいっていませんでした。
そこで、有志の皆様と被災地へ突撃ボランティアを敢行したものです。
当時に比べれば、今回の九州北部豪雨で、社会福祉協議会が主体となったボランティアの受け入れ態勢は、早くなっているように感じます。
日本の互助の精神がまだまだ生きていると思いました。今後も、この互助の精神を大切にしていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━
2、編集後記
━━━━━━━━━━━━━━
天変地異が多くなっています。
昔であれば、天意を忖度して、政(まつりごと)を正していきました。
現代でも、そのような謙虚な心が必要なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━
◆ 江夏正敏(えなつまさとし)プロフィール 
1967年10月20日生まれ。
福岡県出身。東筑高校、大阪大学工学部を経て、宗教法人幸福の科学に奉職。
広報局長、人事局長、未来ユートピア政治研究会代表、政務本部参謀総長、
HS政経塾・塾長等を歴任。
幸福実現党幹事長・総務会長を経て、現在、政務調査会長。
http://enatsu-masatoshi.com/profile
━━━━━━━━━━━━━━
◇本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
 転送・転載の際は引用元の表示をお願い致します。
◇本メールアドレスは送信専用です。
──────────────
◆ 発行元 ◆
江夏正敏(幸福実現党・政務調査会長)

◇オフィシャルブログ http://enatsu-masatoshi.com/
◇公式Facebook https://www.facebook.com/Enatsu.Masatoshi.HR

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | ジャイアンも中国で検索不能... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。