理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

「透けない白衣」中小企業が開発 男性の患者さんの「生きる意欲」を失わせるような白衣を作ってどうする!という声も・・

2016年12月13日 12時30分05秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

「透けない白衣」中小企業が開発 特許も取得、一方で無言電話や抗議も… 生地と裏地の組み合わせで実現

裏地付「透けない白衣」=大真提供

写真拡大

 東京都内の中小企業が「透けない白衣」を開発しました。「どんな下着の色や柄も透けなくすることができる」とうたっていて、生地を分厚くするのではなく、白衣生地と裏地の色の組み合わせで透けない仕組みで、特許も取得しています。その技術や開発の経緯について、話を聞きました。

【画像】これが透けない白衣。内側はこうなってます。特許も取った透けない理由を写真で解説 

作ったのは「大真」

 透けない白衣を販売しているのは、東京都千代田区にある「大真(たいしん)」です。企業や事業所向けユニフォームの製造企画や販売を手がけています。
 商品名は、ストレートに「裏地付透けない白衣」。ワンピースタイプ、ジャケット、パンツの3種類があり、価格はいずれも税込みで14904円、12744円、9504円です。通常商品より2割ほど高く、ラインナップは女性用のみ。男性用は現在開発中だそうです。

 「どんな下着の色や柄も透けなくすることができる」と話すのは、開発に関わった営業担当の西原成幸さん(49)です。

きっかけは

 開発のきっかけは、市場の縮小でした。「最後までユニフォームが残るところはどこかと考え、病院だという結論になりました。そこでオリジナリティーのある白衣を作ることになったんです」と西原さん。

 他社製で「透けにくい」とうたう商品が多くあるなか、「透けない」と言い切れるものを目指しました。
 素材を厚くすれば透けなくできます。しかし、動きにくくなるため、白衣としての機能性を損ねてしまいます。

 一般財団法人「日本色彩研究所」から色彩指導者の認定を受けている西原さんが考えたのは、新しい素材探しではなく、「既存の白衣の生地と、既存の裏地の色の組み合わせ」で透けないようにする仕組みでした。

特許も取得

 色の三属性である「色相」「明度」「彩度」について研究して試すうちに、裏地の明度をあるラインより暗くすれば透けないことを数値で示すことに成功しました。
 「じゃあ、裏地を黒にすればいいと思った方もいるかもしれませんが、それだと白衣の下に裏地があることが見えてしまいます。白衣の側から見て裏地の存在もわからず、下着も透けない明度を探し出したんです」

 白衣に関するこの手法について、親会社の名義で特許も取得しました。

でも「数えるほどしか売れていない」

 実はこの商品、昨年8月から販売していますが「数えるほどしか売れていない」(西原さん)のが実情です。

 ところが今年6月、東京都中小企業振興公社の「ニューマーケット開拓支援事業」の対象製品に選ばれたことを受けて、ニュースリリースを出したところ、ネットを中心に「下着が透けない白衣は助かる」「女性の視点から見たらこれは切実だったんじゃないか?」と話題になりました。
 一方で、「素晴らしい技術なんだけど男からしたら……」といった意見も上がっており、大真に対して「こんなもの作るな」と怒鳴る電話や、無言電話もかかってきたそうです。

 西原さんは「需要のある商品で自信もあります。
モニターとして試すことも可能なので、お気軽にお問い合わせください」と話しています。





>無言電話や抗議も…って。。。(´。`;)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金正恩氏「朴槿恵暗殺」特殊... | トップ | 【大阪】線路突き落とし事件... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男性と性欲その他 (Unknown)
2016-12-13 15:26:02
男というのは衝動的で、性欲が溜まると振り回され攻撃的になり、暴力を振るいたくなる生き物です。その性欲を発散するには女性と交わるのが最も良く、性風俗産業が廃れない原因となっています。

しかし古代の秘教には、性欲を体内で高次の生命力に変換する秘法が存在し、その効果として

①脳細胞の活性化と再生
②強靭な体力と病気知らずの肉体
③超能力の開発
④黄金の霊体の形成
⑤欠点を取り除き、性格を変える
⑥創造力の開発
⑦真の愛の開発

があり、人間を神々と共振する超人へと進化させることができます。

Unknown (デーグー)
2016-12-13 20:30:09
我が母は、45才から
平戸市の精神病院に勤めた、70まで
ぞくたくとしても働いた、、

脱走する物が 居る由、こんな所で
確保したとか、話してくれた

有り難い、、84才にも成ろうかな
今も花壇の手入れとかしゃがんで
遣って居る¥¥¥

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事