理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

ディズニー「ズートピア」が長編アニメ賞 ジブリ作品「レッドタートル」はアカデミー賞受賞ならず 映画「ズートピア」がじわじわ人気 ディズニー・アニメの魅力とは? 2016.05.22

2017年02月28日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

ディズニー「ズートピア」が長編アニメ賞 ジブリ作品「レッドタートル」はアカデミー賞受賞ならず

2017年2月27日 13時1分 モデルプレス

【アカデミー賞・ズートピア/モデルプレス=2月27日】世界最高峰の映画の祭典「第89回アカデミー賞」授賞式が26日(日本時間27日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催。長編アニメ映画賞が発表された。長編アニメ映画賞を受賞したのはディズニーアニメ映画「ズートピア」。

同賞にノミネートされていたスタジオジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」は受賞を逃した。

◆ズートピアで5年連続受賞

同作は、ディズニーのイマジネーションによって新たに誕生した、動物たちが人間のようにハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”で繰り広げられる物語。ウサギの女の子ジュディが警察官になる夢を叶えるため、“夢を忘れた”キツネのニックとともに奮闘する。

ディズニー・アニメーションまたはディズニー・ピクサー作品は「メリダとおそろしの森」(第85回)、「アナと雪の女王」(第86回)、「ベイマックス」(第87回)、「インサイド・ヘッド」(第88回)、そして今年の「ズートピア」と5年連続受賞となった。

同部門にはほか、「クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス」、「モアナと伝説の海」(3月10日公開)、「マイ・ライフ・アズ・ア・ズッキーニ(原題)」がノミネートされていた。 (modelpress編集部)

2016年5月号記事http://the-liberty.com/article.php?item_id=11096 より

リバティWeb シネマレビュー「ズートピア」

あきらめない。何があっても


http://the-liberty.com/article.php?item_id=11351 The Liberty Webより

映画「ズートピア」がじわじわ人気 ディズニー・アニメの魅力とは?

2016.05.22

ディズニー・アニメーション最新作「ズートピア」(4月23日公開)がじわじわと人気を上げている。公開3週目に入ってから首位を獲得し、約28万8000人を動員。興行収入は約3億8700万円(興行通信社提供)という。全世界の興行収入は9億ドルを超えた。

この作品は、動物たちが人間のように暮らす楽園「ズートピア」で、「人参をつくることがウサギの"人生"」とされるなかで、夢をあきらめない新米警官・ウサギのジュディの奮闘を描いたもの。「キツネらしく詐欺師として生きる」ことを選んだキツネのニックと反発しながらも事件を解明していく……というストーリーだ。

アニメ映画ながら、「大人から子供まで楽しめる」と話題になっている。また、多種多様な動物たち同士の関係は人間社会における差別や偏見を投影しており、社会問題にも切り込んでいる。

ディズニー作品には、大人の根強いファンも多い。大人まで虜にするディズニー作品の秘密は、どこにあるのだろうか。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社で「ディズニー・オン・クラシック」を企画製作した中田昭利氏の著書『ハリウッドから学ぶ世界No.1の遺伝子』から、ディズニー「5つの遺伝子」の一部を紹介しよう

人を幸福にする仕事をする

中田氏は「5つの遺伝子」の筆頭に、ウォルトの言葉である"Our job is to make people happy"、つまり「私たちの仕事は、人を幸福にすること」を挙げる。これはディズニー社の根底を流れる理念となっているが、その言葉の通り、ディズニー作品はいずれも夢や希望をもたらしてくれる。

「ズートピア」でも、主人公のジュディの姿からは、「夢を持って進み続けることで人生が変わり、世界も変えていける」というメッセージが伝わってくる。子供も大人も、「自分にも幸福を作り出す力がある」という希望を抱かせてくれるだろう。

キャラクター作りのためにケニア取材

さらに中田氏は、ディズニーが「『人の動き』や『演出』『内容』といったソフトの部分に、徹底的にこだわっている」という点を挙げている。大ヒット映画「バンビ」の撮影時にも、ウォルトはカメラマンにシカの生態を観察させたり、アニメーターに本物のシカを連れてきてスケッチさせた。

「ズートピア」のスタッフも、アフリカ・ケニアへ取材に行き、動物の生態や性格を徹底的に観察してキャラクターを作り上げたという。ウォルトの精神が、時代を超えて受け継がれているのだ。

キャラクター作りにも秘訣がある。中田氏は、「観客から共感を引き出すキャラクター」というポイントを挙げる。映画「白雪姫」の大成功は、キャラクターが「人格」を持ち、人間のように生き生きと動いているという評判によってもたらされた。

「ズートピア」でも、「あなたに似ているキャラクターがきっといる」というキャッチフレーズのとおり、個性的で親しみの持てるキャラクターが数多く登場する。多種多様な人間の性格や心理について、徹底的な研究が行われていることが伺える。

このように、「人を幸せにする」「細部にこだわり徹底的に研究する」「共感を引き出す」といった理念は、映画製作に限らず、あらゆるビジネスにも通じる。ウォルトが残してくれた精神に改めて注目してみたい。(朗)

【関連書籍】

幸福の科学出版『ハリウッドから学ぶ 世界No.1の遺伝子』中田昭利著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1661

幸福の科学出版『ウォルト・ディズニー「感動を与える魔法」の秘密』大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1125

【関連記事】

2016年5月号 「ズートピア」 リバティWeb シネマレビュー

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11096

2014年12月14日付本欄 「アナと雪の女王」の続編の邦題決定 人気の秘訣は「感動を与える」「リピーターをつくる」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8898

映画「ズートピア」がじわじわ人気 ディズニー・アニメの魅力とは?

 

宮崎駿、引退撤回。理由は「自分以外の人がスタジオジブリで作品を作るの嫌なのでは」と鈴木敏夫P発言

苦しい言い訳? 宮崎駿監督の「憲法9条」「従軍慰安婦」発言真意

反日スパイスの入った映画なら、いらないですから

 「日本は中国や韓国に蹂躙されるんじゃないの」宮崎駿監督(守護霊)がアニメ映画創作の真相と秘話を語る!

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/426827275a68be06d77d06720eeb0fa0



百田尚樹氏より 村上春樹氏の新刊『騎士団長殺し』の中に「日本軍は南京で大虐殺をした」という文章があるらしい "犠牲者数は40万人と言う人もいる"と村上氏

村上春樹の素顔に迫った本書は、
大衆文学の底の浅さや、政治的発言の先に
第二の大江健三郎になる可能性を示唆した

「日本人は虐殺されて罪を償うべき」
大江健三郎守護霊が力説 日本が滅びるべきだという理由


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨーク・タイムズ、ア... | トップ | トランプ政権、金正男氏殺害... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。