息吹・萌の会

萌の会の会員さんの情報をお待ちしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劇団息吹公演のご案内

2017-05-06 18:41:10 | 日記
いつも劇団息吹の舞台をごらんいただきありがとうございます。
7月14(金)・15(土)若江岩田イコーラムホールにて「Andante ら~♪ら~♪ら」を上演いたします。
笑えて、泣けて、心が温かくなるお芝居です。みなさんもきっと思い当たることあると思います。
みなさんのご来場を劇団員一同心からお待ちしています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団息吹「嫌われ者」公演に思うこと

2015-07-05 20:41:57 | 日記
5月29・30日、若江岩田のイコーラムホールにて「嫌われ者」の公演が、そして6月16日には、息吹稽古場にて合評会が行われた。
入場者数は412名でこれまでのドーンセンターでの公演よりも多くの人達に観賞してもらうことができた。
会場選びにも困難な問題がつきまとうが、東大阪は地元であるし、ドーンセンターに比べて心地よい環境で観賞できるのはありがたい。

●東川宗彦追悼公演 「嫌われ者」
「嫌われ者」は、息吹と深い繋がりがあり、長きに渡ってご指導いただいた劇作家東川宗彦さんの追悼公演・・・・・・だが、公演案内のチラシ等には「追悼公演」の文字は無い。劇団からは追悼公演であると聞いているが、釈然としない気がする。
47年前の再演である。今も昔も変わることのない永遠のテーマである「選挙と金」、いや、今はもっとスケールも大きく巧妙に行われている。
「玉吉一家」の人間模様をコミカルに描いている。当時はアメリカのベトナム戦争やソ連のチェコへの侵入、国内の激化する労働争議、高揚する民主勢力の渦の中に我々の生活が置かれていた。
47年前に比べ現在は、憲法、秘密保護法、集団的自衛権・・・・・戦後70年の今、うかうかしているとまた戦争する国へと変えられるやも知れない。家族関係も当時と比べて希薄になっている。そんな中での再演である。

●喜劇「嫌われ者」 は家族の息づかいが聞こえる東川ワールド
全体的には、観客に芝居の面白さと家族の情愛を選挙と金絡みの中で伝える事は出来たと思うが、人間模様の息遣いがストレートに伝わらない。東川さん独特の人間の持つエネルギーと愛情の柔軟さが感じられない。「喜劇・.嫌われ者」としての位置付けを明確にすべきではなかったか?「不条理演劇」、「悲劇」、「喜劇」あり。喜劇としてのリアリティーを表現する役創りをすれば観客との笑いの一体感がもっと生まれたのでは・・・?上演作品を舞台で蘇生させて観客の全身に浸透させる。そんな舞台創りを劇団57年の歴史を生き抜いてきたベテランの俳優陣に期待したい。

●演劇を続けていくことは困難だけど、生きる希望であり指針であってほしい
 職場と演劇、業余劇団の永遠の課題は47年前よりも困難になってきているという。仕事の関係で休団者が出てきたとの事。
劇団息吹の仲間達と演劇を続けて行くことが、
生きる事の大きな希望であり、指針に繋がる。
そんな「場」として若者たちが感じてくれればと想う。幸い出演した若いメンバー2人が入団。
また、50代の女性はアンケートに、入団希望と記入されていたと聞いている。息吹にとっても大きな希望である。
これからも観客に喜んでもらい感動してもらえる舞台を創ってほしい。何よりも、ベテラン俳優陣に「舞台全体の芸術性の向上」を目指してほしい。
萌の会の一員としても、大いに期待したい。
白石 靖和

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総会2部は「第九で憲法9条」

2015-07-05 20:31:38 | 日記
●総会2部 記念企画
        第九で9条ピースパレード

 「萌の会総会」2部の記念企画に来てくださった、秋元裕美子さん、とにかくパワフルで多彩、そして実行力をお持ちの方と見ました。
 まずは映像で「第九で9条ピースパレード」実行委員会の活動が映し出されます。
 
    
          ▲今年は8.6秒バーズーカが人気です

パレードではピース漫才もします。
       ねえちゃん「おっちゃん、9条しってる?」
       おっちゃん「難波の球場ものうなって寂しいな」
       ねえちゃん「そら野球場や!わたしがゆうてるんは憲法9条!!」

        こんなふうに漫才スピーチをしながら歩きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第7回萌の会総会が開催されました

2015-07-05 19:49:14 | 日記
第7回総会が6月14日(日)午後2時より、劇団息吹稽古場(かわち勤労会館)で開催されました。会員34名中、実出席11名、委任状10名、合計27名の参加で行われました。
劇団からは木田代表・坂手さん・竹内さんに参加いただきました。



●1部総会 報告

(1)2014年度活動報告
(2)2014年度会計報告と会計監査
(3)2015年度活動方針
(4)2015年度予算の提案
(5)2015年度事務局及び会計監査の選出

 劇団代表の挨拶では、東川さん作「嫌われ者」は萌の会の協力もあり、入場者数410人で成功することができたこと。
なによりこの舞台を通じて2名の若者が入団したことと、舞台を観た方が入団を希望されているとのうれしい報告がありました。
また、2014年度会計報告及び2015年度予算案に対し、下記の意見が出されました。

 ➀2014年度決算報告
   慶弔見舞金と交際費は別々に計上すべき
   広報・活動費は切り離して計上すべき
 ②2015年度予算案
   慶弔費 10,000・交際費 10,000
   活動費  5,000・予備費 10,000
   上記により次期繰越金 32,947となる
予算案の修正は次期役員会で確認することとし、すべての議案が承認されました。

●第7回総会での代表の挨拶

    


会員の皆様には「息吹・萌の会」への日頃の多大なご支援、ご協力に感謝申し上げます。今年は萌の会も創立7周年を迎えますが、皆様のご支援のおかげで活動も順調に推移しております。
昨年は、萌の会の会員でもあり、大阪の新劇界にとってはなくてはならない存在であった、東川宗彦さんが他界されるという悲劇に出会いました。東川さんは萌の会主催のお花見や旅行にも参加され、楽しくお話をさせていただいていた方だけに、一層寂しさが募ります。
 一昨年の劇団息吹の代表であった岩崎徹さん(通称・キュウちゃんの名で親しまれた)のご逝去に続いての悲しい出来事でした。改めてご冥福をお祈りします。黙祷・・・・・。
さて、今の世界情勢は極めて不安定な状況になってきています。中東と欧米、特に中東とアメリカとの関係が緊張の度を高めており毎日のようにテロの報道がマスコミのニュースで報じられています。アジアでも近隣諸国との緊張が続いていますが、何か解決の糸口は見つけられないのでしょうか。武力には武力で、テロにはテロで対抗するのではなく、話し合いによる解決以外には、憎しみを増大させるだけで、真の解決にはつながらないと思うのです。「秘密保護法」や「集団的自衛権」などが拙速に閣議決定され、アメリカとの緊密の度合いを深めていますが、このことは、逆にアジアの国々に不安を与えることにならないか心配しています。
私たちは平和をこよなく希求しています。文化を愛するものとして、文化を通して平和の大切さを発信し、多くの人たちと語り合い、暴力によらない平和な社会をつくることを目指していかなければなりません。
これからも「息吹・萌の会」が劇団息吹を支え、ささやかながら、その一助となることができれば、幸いです。終わりに、会員の皆様方のこれからますますのご健勝とご活躍をお祈りいたします。

息吹・萌の会代表  藤川 昌男
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「息吹・萌の会」総会のご案内

2015-04-19 17:50:11 | 日記
息吹・萌の会総会を下記のとおり開催いたします。

●日 時 6月14日(日) 午後2時~
●場 所 かわち勤労会館2階会議室
     1部 2時~3時 総会
     2部 記念行事 「第九で9条ピースパレード」

政府は憲法違反の集団的自衛権行使容認の法制化を中心とした「戦争立法」を5月中旬にも国会への法案提出を狙っています。この国はいったいどこに向かっていくのでしょうか。

 
「第九で9条ピースパレード実行委員会」の仲間たちは2008年から毎月、大阪のメインストリート御堂筋をベートベン第九の音楽に憲法9条を歌にしてパレードをしています。憲法9条の9ちゃんの着ぐるみ、原発NOのNON君など、楽しく派手に市民にアピールします。時の時事ネタを漫才にしたものも見物です。御堂筋ならぬ、河内勤労会館の会議室でどのようなパーフォーマンスが飛び出すのでしょうか。お楽しみください。

     

会員のみなさまには近く総会の案内と出欠ハガキがお手元に届きます。ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加