SAKURASAKUのBLOG館

南から北まで日本中を楽しませる桜に
こよなく親しむBLOG館です。

気分転換にテンプレートを変えて見ました。

庄内緑地の蓮・季節の移ろいと共に花の移ろいと動物達

2017-07-14 10:18:10 | 日記
厳しい暑さの中毎年訪れる庄内緑地の蓮池、今年も出かけてきました。
ここの蓮は「紅重台蓮」で少し趣が違った種の姿を見せています。
お椀のような形で開花、花弁は数十枚あり枯れる時は形をあまり変えず
数ある花びらを1枚ずつ捲る様に落とすそうです。
名古屋の蓮池では余り見かけない品種で、庄内独自の栽培だそうです。
 
名古屋の蓮池の花の数は、年々少なくなっているようで寂しさを感じます。
 
梅雨明けも近いこの時期、暑さに向かって咲く花と、春から咲き続けた花と
季節の移ろいに合わすように、花々も移ろいはじめ、咲き始める花
散りゆく花と世代交代でしょうかね。
期待していなかった動物達ですが、梅の頃に多く見たメジロに遭遇
この暑さの中での遭遇は、初めてでラッキーでした。
チョウトンボも、メタリックな羽の色をと頑張ってきましたが
メジロとチョウトンボの為に暑さの中で待つ間の、たっぷりの時間
熱中症との戦いでしたが何とかゲットでき頑張りがいが有りました
 
色々纏まりのない画像ですがDIGIBOOKに纏めました。
ご笑覧頂ければ幸いです。

デジブック 『来る花去る花&動物達』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の一花 クレオメ | トップ | 今日の一花 コウホネ(河骨) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事