本の居酒屋 ・「甲州の川柳日記」

甲州は私の雅号です。徒然に思い浮かんだ川柳とお薦めの本。
※このブログの画像、テキスト等の無断転載を固く禁じます。

「図解でビビッとわかる孫子の兵法」(クリエイティブ・スイート著、宝島社刊)~ カルピス・サワーを飲みながら

2016-10-16 16:14:13 | 読書
 「孫子の兵法」は散逸した原書を三国志の曹操猛徳が再編集したとされてます。現在に広まってるのはこちらのほうで、中国の太古の遺跡から「原書」が発見された時には、曹操の曲解がないか検証されましたが、ほぼ原書を忠実に再現したものだったらしいそうです。

 私は洛陽でこの「孫子」を買ったのですが、うっかり捨ててしまいました。守屋洋氏の訳本も読みましたが何かピンときません。


 面白半分にコンビニで買ったのですが、ノリは軽くとも「面白く」出来てますね。カルピス・サワーを飲みながらページは進みます。オタクが喜びそうなイラストが年甲斐にもなく「萌え」を感じました。

 内容的にはいくつかの「孫子」を読んだ私にとっては要諦は外してはいない点がしっかりしてるので、十分に「合格」の本です。

    
 (今日の一句)

    猛徳の  スピリットに酔い  夜も更けて


 良書は何度も読み返して暗唱できるほどがいいのでしょう。まあ、この本は「娯楽」の域なんでしょう。でも、硬いアタマを柔らかくしてもう一度オリジナルを噛み締めるのも読書の道です。副読本としての価値はあると見ました。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「30日でキャリアアップす... | トップ | 「潮騒」(三島由紀夫著、新潮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。