さくら便り from Uganda

ウガンダ生活も残りわずか。
世界って広い。違いすぎる!
けど、やっぱり離れがたくなる。
世界のどこへいっても。

日本でもウガンダでも

2017-03-19 | 思い
3月19日、ウガンダ時間11時半。
ひとり、空港のベンチに座っています。
1年9ヶ月のウガンダ生活を終え、
日本に帰ります。実感がありませんが。

長かった。けど、今になって振り返ると
あっという間だったウガンダでの生活。

昨日、大勢のウガンダ隊員仲間達に
素晴らしい送別会をしてもらって、
今朝もたくさんの人に見送られて、
寂しいけれどうれしくて、幸せでした。

辛いことも泣きたいことも悩んだことも
本当に本当にたくさんあったけど、
こんな素晴らしい仲間に出会えて、
そして素敵なウガンダ人にも出会えて、
やっぱりやっぱり来てよかったです。

ウガンダに来て、気付いたこと。
世界はとても大きくて、様々で、
自分の感覚とは違う感覚を持った人が
たくさんいる。びっくりするくらいの
違いで溢れている。ほんとに。
けど、みんな誰もが幸せになりたくて、
笑顔を向ければ、笑顔を返してくれる。

日本でもウガンダでも、それは同じ。
頭ではわかってるつもりだったけれど、
実際にこの1年9ヶ月を経て、それが
一筋縄ではなく、そう単純でもなく、
いくつもの山と谷を超えていくなかで
身をもって確認できたのは大きかった。

世界はびっくりするほど広いけれど、
信じられない程の違いで溢れてるけど、
全て一つにつながっている。
だから、日本でもウガンダでも、
世界のことを考えて行動したいのです。

それは自分の世界に巡って返ってくるし
ウガンダで出会った、世界で出会った、
大事なみんなに返ってくるだろうから。

それはつまり、やっぱり目の前のことに
真摯に向き合い考えて、行動すること。


いろいろ考えすぎてしまって、
なかなかブログを更新できずにいて、
最初の頃に思っていたようには
ウガンダのこと世界のことをみなさんに
発信するのとはできなかったけれど、
間違いなく1年9ヶ月前の私には
無かったものを外に内にひっさげて、
顔上げて日本に帰りたいと思います。
そして、やっぱり目の前の人たちに、
大勢じゃないけど、小さな世界だけど、
私の見たもの感じたものを伝えて、
小さな世界をたくさん繋げていきたい
と思います。ブログに書けなかったこと
どうぞまた日本で会って聞いて下さい。

さ、帰ります。日本に。
そして、生きていきます。世界で!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のバス | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おかえりなさい! (はまだ)
2017-03-24 22:15:26
さくら先生、おかえりなさい(^o^)
ブログを拝見していました。
懐かしくて、羨ましくて、眩しくて。
15年前の自分に出会えた気持ちでした。
お会いできるのを楽しみにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL