さくらのユーホ

住吉さくらと申します。ユーフォニアムのための音楽などを作曲しています。よろしければ聴いてみて下さい。

皆さんにとっての結婚とは?

2017年06月27日 21時06分28秒 | 生き方
皆さんこんばんは。住吉さくらです。
今回は、私の夢の一つでもある「結婚」についてお話したいと思います。
皆さんは結婚はしていますか?。私はしていません。
私は最近、自分で作曲した音楽の販売を始めました。私が創った曲は既に発表している曲以外にもありますが、完成度に満足いかなかったり、他の曲と一緒に発表したかったりで、まだ発表していない曲もあります。
私は、こんな時に相談できる人がいたらいいなと思ったりします。
皆さんにとっての結婚相手はどんな人ですか?。女性なら旦那さん、男性なら奥さんはどんな人をイメージしますか?。
私にとっては、単に普段一緒にいるだけの存在ではなく、どんな時も優しく、全てを受け入れてくれて、他の人には相談できないような事も相談できる人です。私も結婚したらそんなお嫁さんになりたいです。
私が好きなアニメの一つに、「とある魔術の禁書目録(インデックス)」があります。
私はその作品の登場人物の一人である「アクセラレータ」を見て、感動で大泣きしてしまいました。
「アクセラレータ」はその作品に登場する人物の中で最高の超能力者です。「アクセラレータ」というのは能力名兼あだ名で、本名は出てきません。アクセラレータは、武器を向けられる事はあっても優しい言葉をかけてもらえる事はないといった感じの人生を送ってきた少年です。
彼はある組織の「実験」で、一万人以上のクローン人間の少女を殺害します。この少女たちは、「御坂美琴」という超能力者のクローンで、自分の事を「ミサカ」と呼びます。また、彼女たちは総称して「妹達(シスターズ)」と呼ばれています。
アクセラレータはあらゆるベクトルを操る事ができます。どんな攻撃でも跳ね返す事ができ、その力は同じく最高クラスの超能力者である、「超電磁砲(レールガン)」こと「御坂美琴」ですら足下にも及ばない程です。ですが、「妹達」を救う為、「上条当麻」という少年が、アクセラレータに戦いを挑みます。そしてたった一人、「イマジンブレイカー」という能力を持つ上条当麻の右手にだけは彼の能力が効かず、彼は生まれて初めて戦いに敗れてしまいます。
「実験」は中止になりましたが、彼はその後、「ラストオーダー」と呼ばれる少女と出会います。彼女は生き残ったクローンの一人でした。
そして、彼女の言葉で、彼は少しずつ心を開き、優しさが生まれ、ついにラストオーダーを守る為に戦うようになります。
確かにこれはアニメの世界の話です。ですが、私はとても共感し、そして凄く泣きました。人と関わる事、人に優しくされる事でここまで素敵に変われるかもしれないんだと・・・。
私は、幼い頃から「相談したりする事は悪い事で、絶対やってはいけない事。何でも自分一人でできないといけない。」お父さんに教えられました。ただし親の命令は絶対でしたけど・・・。
私は、今になってそれは不可能だと思うようになりました。
先ほどの音楽の事だけでなく、たくさんの問題や悩み事で、今私の心はつぶれてしまいそうな感じがします。
こんな時に優しい旦那さんがいたらどれだけ心強いだろうと思います。
ラストオーダーはある時、地下街で上条と出会います。この時上条に対し、ラストオーダーはアクセラレータの心を「弱い」と言いました。そして「今度はミサカが守ってあげるんだ」と言いました。
高校の時、ある同級生がこんな事を言っていました。「人間って「人の間」って書くんだよ。」
周りを見ると、他の子たちも困った事や自分一で解決できないと思う事があったら、家族や先生に相談していました。ですが私にはそれができる人はいませんでした。
先生とかが、「困った事があったら相談していいんだよ」と言ってくれても私にはそれができませんでした。
私も結婚したらいろんな事を旦那さんに相談したいです。
そして、私も旦那さんの相談にのってあげたいです。
相談にのって、自分の考えを言うという事は、「決断する」という事です。
例えそれが最終決定でなくても、本人が決める事だとしても、ただの自分の考えなだけであっても、それが重要であってもなくても、大きくてもそうでなくても、それは「決断する」という事です。
そして、それには「責任」が付いてきます。それが大きなものでもそうではなくても付いてきます。
そして、それを経験する事で成長もできると思います。
また、好きな人、大切な人がいる事によって、その人の力になりたい、助けになりたいという優しさも生まれます。
私は、「結婚」を必要な事だと思っています。
皆さんはどうですか。
結婚して、私が創った音楽を旦那さんと一緒に楽しんだりする事が私の夢の一つです。今私にできる事はありませんが、それが叶うように願いながら、私は音楽を創り続けています。
皆さんも、どうか幸せな結婚をして下さい。そして幸せになって下さい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大好きだけど・・・ | トップ | どうか素敵な思い出を・・・ »
最近の画像もっと見る

生き方」カテゴリの最新記事