さくらのユーホ

住吉さくらと申します。ユーフォニアムのための音楽などを作曲しています。よろしければ聴いてみて下さい。

どうか素敵な思い出を・・・

2017-07-01 08:34:18 | 日記
皆さんおはようございます。
私の大好きなアーティスト、茅原実里さんのブログに、先程イベント出演のためロサンゼルスに向かわれたとの記事がアップされていました。素敵な旅になる事を願い、嬉しいのと同時に寂しくもあり、羨ましくもあります。
私が茅原実里さんを知ったのは「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門有希役です。私が「涼宮ハルヒの憂鬱」を知ったのは発表された頃ですが、小説などを劣った文化と教えられ、読む事を禁じられていた私が初めてハルヒを読んだのは去年、アニメ版を観たのは2年前です。
その後今までハルヒシリーズのたくさんのイベントがあった事を知り、行けなかった事で私は今ももの凄く辛い想いをしています。
私がハルヒのイベントに行く事、ましてその時みのりさんが出演される事など叶いませんが、もし叶ったら・・・泣いて喜ぶと思います。
私は元々勉強も運動も何をやっても駄目で、音楽は「最後の希望」でした。私には記憶障害があり、勉強した内容を覚える事も重要な用事を覚える事も難しいです。メモをしても、そのメモ帳を買った事自体を忘れてしまいます。
私の障害では、脳の一部が通常の人の脳より小さい事が多いそうです。またその脳の状態は、外傷や脳腫瘍で脳の前頭葉に損傷を受けた状態に似ているそうです。
そしてこの障害により、体の動きが悪くなったりもするそうです。
私が楽器を吹いている時の、「タンギングが極端に遅い」「フィンガリングが悪い」等の原因はこれだったのかもと思い、ショックです。今の普段の生活においては、突然手に力が入らなくなる(一瞬だけ)、それもあって物を落とす事がよくある(手から突然力が抜ける)、パソコンを操作している時、自分の意思とは関係無く右クリックしてしまう(指が勝手に動く)等の事が常に起こっています。
私はそんな自分の人生をユーフォニアムにかけました。ユーフォニアムを好きなだけでなく、プロのユーフォニアム奏者になれたら、こんな私でも他の人と同じように仕事をしたりできるかもしれない、何もできない自分でいたくないとも思いました。
結局私にはそれすら叶いませんでしたが、もし叶っていたら・・・考えるのは辛いです。もしかしたらみのりさんと同じように華やかな舞台に立てたかもしれない。幸せに音楽活動できたかもしれない、もしかしたら・・・。みのりさんは「響け、ユーフォニアム」にも出演されていますね。その作品ではユーフォニアム奏者の今村耀さんが編曲を担当されたんですよね。もしかしたら私もみのりさんたちと一緒に仕事ができたかもしれない・・・。
私には価値なんて無いのだろうか・・・考えるまでもないのだろうか・・・。
なのに夢を諦めきれないのはなぜなのでしょう?。
私が馬鹿だからでしょうか・・・。
でも叶えたいです。
いつかみのりさんや中村由利子さんのコンサートやその他のイベントに行きたいです。
それが叶うまで音楽を創っていたいですし、叶った後も音楽を創っていたいです。いつか素敵な男の人と結婚して、私が創った音楽を一緒に楽しみたいです。
でもそんな夢の世界は私の手の届かない所にあるんだろうな・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆さんにとっての結婚とは? | トップ | ポエム »
最近の画像もっと見る

あわせて読む