さくらのユーホ

住吉さくらと申します。ユーフォニアムのための音楽などを作曲しています。よろしければ聴いてみて下さい。

伝えられない苦しみ

2017-07-14 15:01:58 | 私の事
皆さんこんにちは。
お昼になって胸が苦しかった私は先程、少し布団に入って休んでいました。そしていつの間にか眠ってしまっていました。
眠っている時、夢を見ていたのは覚えていますが、内容は覚えていません。
今回は、私が眠っている時に見た夢などに付いてお話します。
私はいい夢を見た事は殆どありません。怖い夢などの嫌な夢や、そうでなくても不思議な夢ばかりです。
子供の頃、私はよく夢を見て大泣きしていました。よく見たのが誰かに追いかけられる夢で、今でも見ます。
追いかけてくる人はいろんな人がいますが、お父さんである事がよくあります。
お父さんが私を追いかけてくる理由。もちろん私を殺す為です。
お母さんに銃で撃たれる夢を見た事もあります。
子供の頃の私は、そんな夢を見る度に夢の中で大泣きしていました。そして私が泣いていたのは夢の中だけではなく、夢の中で泣いていた時は、目が覚めた時に必ず顔中涙でびしょ濡れになっていました。
胸が凄くどきどきし、息は苦しかったです。喘息の症状が悪化する事もよくあり、殆ど完全に呼吸できなくなる事もよくありましたが、お父さんが私を病院に行かせた事は一度もありません。
私が子供の頃、夢の中で追いかけられている私は逃げていました。必死でした。早くしないと殺される!、追いつかれたら殺される!、やだ!、嫌だ!、死にたくない!。そう思い、必死に逃げていました。
ですが、大人になるに連れてだんだん変わってきました。
大人になってから、夢の中の私は追いかけられている時、まず逃げません。必死で抵抗しています。椅子やバットで殴ったりナイフで刺したり。ですが、夢の中のお父さんは化け物です。全く効きません。血まみれにされようが腕を切り落とされようが心臓を刺されようが死にません。
もうだめだ・・・私、死ぬんだ・・・。そう想い、覚悟を決めた時に目が覚めます。
泣く事はまずありません。ですが、胸は凄くどきどきしています。苦しいです。更に子供の頃には起こらなかった事が起きます。凄まじい頭痛です。
泣いたりしなくなった分、代わりに激しい頭痛に襲われるようになったという感じです。
私は夢を見た後に想いました。夢の中でもお父さんに押し付けられた事を守ってしまっていると。
私は幼い頃から、絶対に逃げてはいけないと教えられました。それは、例え自分が子供で相手が大人であろうと、私の命が危険に晒されていようと関係ありません。逃げるんだったら死ねと教えられました。高校の時に男の子の友達が路上で知らない人に襲われたという話を聞いた時、先生から、「危ない時は逃げろ。とにかく逃げろ。」と言われ、凄く驚いたのを今でも鮮明に覚えています。
また、先日お話させていただいたとおり、泣く事も禁じられてきました。泣くなら死ねと教えられてきました。
泣く事ができなくなった事で、私は更に苦しむようになりました。
泣くという事は感情を表現する事の一つです。私にはそれができなくなってしまいました。
圧力鍋も加熱し続ければ爆発します。怖い夢を見た時の私の心は加熱し続けている圧力鍋みたいなものです。耐えられなくなってしまいそうです。
泣いてしまうのは溢れ出す程の感情があるからです。
感情を隠すのは辛いです。
想いを伝えられないと苦しいです。
先日、「伝えられる幸せ」という事でお話させていただきました。伝えられない事は凄く辛いです。
また、「アダルトチルドレン」についてお話させていただいた事もあります。「アダルトチルドレン」は、暴力や無視によって心を傷付けられ、感情表現できなくされてしまった子供たちです。
私も似たような感じです。
辛いです。凄く辛いです。
私は「伝えられるっていいなぁ、幸せだなぁ」と想いました。
なのであのお話をさせていただきました。
私は「伝えられないって辛いな、苦しい」と想いました。
なのでこのお話をさせていただきました。
皆さん、想いを伝えられていますか?。
一人で苦しんでいませんか?。
一人で苦しまないで下さい。
皆さん、人が想いを伝えるのを押さえつけていませんか?。
絶対にしないで下さい。
取り返しのつかない事になってしまいます。
みんなで想いを伝え合って下さい。
みんなで助け合って下さい。
そのみんなの中に私も入れて下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当事者にしかわからない事 | トップ | 好きだったあの子の想い出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私の事」カテゴリの最新記事