桜岡設計事務所のブログ

東旭川、桜岡にある設計事務所の日々の事、仕事の事、愉快な仲間達。

梁あらわしの家

2017-01-25 21:05:51 | 現場
旭川市内の現場は内装がどんどん進んでいます。
左官屋さんと塗装屋さんが連日入って下さっています。




キッチンのレンガも取り付けられました。


この家は部屋のあちこちに収納があります。


そして近年の現場では久々の、天井梁あらわしの家です。
天井にどっしりとした梁がかかり、強く落ち着いた印象を受けます。


リビングは吹き抜けているプランがここ数年では多かったのですが、
久々にこの仕上げを見ると古民家のような格調があって凄く素敵だなぁと思います。

内装は我が家と同じ黒い塗装。経年変化でダークブラウンに近い色になります。
この色も梁の存在感を引き立てるのに合っていると思います。完成が楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本格的な冷え込み | トップ | 三歳になりました(猫ブログ) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アンジー)
2017-01-27 16:29:53
☆ こんにちは~☆

どっしりと 黒い太い 梁がむき出し ってのも ほんと古民家みたいで 素敵ですね♪ 漆喰の壁が だんだん色が さめていく? のも 味わい深い!ものですね

うちにも 納屋の奥の 二階の部屋… スッゴいぶっとい梁が使ってあるんだけど そんな風に リフォームして 屋根裏の隠れ家?! みたいに してみたいな〜 なんて 妄想 楽しんでます ♪〜θ(^0^ )

アンジーさん (高橋嫁)
2017-01-29 14:17:28
こんにちは。
梁の存在感って木造建築ならではで良いですよね。
うちは漆喰の中塗り材で仕上げてしまうのですが、確かに水分が抜けて完全に乾くと落ち着きが出ます。
写真だと判りにくいですが、真っ白よりも生成りのような色で優しい質感です。
屋根裏部屋ってワクワクしますよね!私も憧れています。
裸電球かランプつけて漫画読みたいです。笑

コメントを投稿

現場」カテゴリの最新記事