ことだま

大切な想い
大切な言葉でつづると
なんだか
今日も元気に
なれるんです☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

温度

2008-11-30 02:01:08 | Weblog

人は 所詮一人
だけど
一人の孤独が
つながりを
きずなを
深めるのかもしれない。

長く人生を歩んだ人ほど
それは
くっきりと 深く
孤独な人を引き寄せる

一時でも
温かさを感じたいから

あなたは 引き寄せる人?
それとも 温まりたい人?
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

どかに あるよ

2008-02-16 22:51:08 | Weblog
きみの そばに

ちかすぎて

みつけて もらえない

でも


ほら ちゃんと あるよ

手で やさしく

おおってね

ps 大切な ものって
案外 自分に 近すぎて 
気づいていないことって
あると思わない?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008-01-30 13:13:00 | Weblog
本物ってなにかしら

素足で

   舞う 

 あなたの まなざしは

とても 靜で

      優しくて

         澄んでいる 

とても 熱さなんか 感じないのに

握った手は あったかで

熱を おびる体

本物だけが もっている 

熱い 熱

あなたは 持っていますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たこあげinPERU

2008-01-07 17:46:52 | Weblog

日本の裏側 

いま 

何してる?


8月 

凧揚げしている

ペルーの国で

子ども達は

無邪気に

はねる

1月

もう 3月まで
ながいながい 
休日

あなたは
何して
遊ぶ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心

2008-01-04 03:20:44 | Weblog

まっさらな 空に 
あなたの 澄んだ 
白い 息 
まっさらな 新年に 
あらたに 抱く 志 
        でかい夢 

全ての人に 
    幸せが 
     訪れますように☆ 
全ての人が 
    満ち足りますように☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一緒

2007-12-23 07:35:47 | Weblog
いつだって
いつだって

いっしょ
おいで

ぱんちゃんと
絵本の
さかなを

ほら
つかまえた☆

あなたは
何を つかまえる?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

叫び

2007-12-22 13:32:55 | Weblog

消してしまいたい 
        自分  
コンクリートで 
塗りたくって 
消していまいたい 
塗り込めても 
塗り込めても 
胸に たぎる 
思い
 
にじみ出てしまう
こころの熱

いまだ
あなたは 
   私を
わしづかみしたままだ

私は
ばれないように
ひたすら
沈黙を 守る

涙さえ 流せない
痛み

消してしまいたい
消してしまいたい

だれか
この 思いに
もがく
私を
コンクリートで
埋めて おくれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くものいと

2007-12-21 23:50:47 | Weblog
あやういバランス

たて と よこ

するする と ねばねば

間違えると
  つかまるぞ

そっと
 のりこえて

どんどん
  のぼろう

きをつけろ
  間違えるな

あやういバランス

のりこえて
  天をめざす
    ぼくたち

毎日の冒険

あなたは
     最近 
      
        冒険してますか?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あわい夢

2007-12-16 10:20:22 | Weblog
おんなのこらしさって

どんなの?

あわい あわい

 夢の 中

あなたは どんな 女の子が

好きですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダブル

2007-12-16 02:30:08 | Weblog
 今日は 京都のキャンパスプラザで
 多文化共生を 目指していく
 関西の 作文コンクールの授賞式が
 行われた。
 「ちがいを ゆたかさに」を テーマにした
 作文コンクールだ。
 そこで 発表された 作文は
 日本と 中国や韓国、タイやペルー、モンゴル・・・
 様々な国にルーツを持つ
 ダブルの人たちの 叫びが 綴られていた。
 いったい どれだけの人が
 真剣に、外国にルーツを持つ
 マイノリティーな 人たちの声に
 耳を 傾けているのだろうか。
 初めて あった人たちの 作文なのに
 聞いていると
 その 真剣な 叫びや 
 あたたかさに 会場のみなが
 涙していた。
 こんな すばらしい 作文コンクールを
 いったい どれだけの人が
 知っているのだろうか。
 こんな すばらしい 真摯な思いに
 ふれることが出来る 機会が
 いったい どれほど あるだろうか。
 あなたは
 ダブルという 言葉を 知っていますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加