蛙と蝸牛

本の感想。ときどき競艇の話。

SPACE BATTLE SHIP YAMATO

2012年08月19日 | 映画の感想
SPACE BATTLE SHIP YAMATO

原作は30年以上前の作品なので見たことがある人もだんだん少なくなってきていると思います。
私は原作アニメのかなり濃いめのファンだったので、本作はとても楽しめましたが、何の前提もなく見たら「ナニコレ?」ってなりそうな懸念も感じました。

アニメのTVシリーズと映画版の続編を2時間強に圧縮して、名場面、名セリフもぎゅっと詰め込んでいるので、筋書きが少々唐突に感じるところもあり(例えば、真田が死地に赴く前に古代に「おまえを弟のように思っていた」という主旨のことを言う場面がありますが、長いシリーズを経てこそ納得できるものであって、この映画ではイキナリ感があって、BLかよなんて勘違いがおきそう)ますし、SF的設定も(今となっては)かなり無理めのところが多いです。

一方、デスラー(声優がオリジナルといっしょというのがすごい)とスターシャの処理というか解釈はなかなか上手くいっていたと思います。特にスターシャの登場のさせ方には感心しました。

森雪も、戦闘機のパイロットにする必然性は感じませんでしたが、冒頭のシーンはよかったです。

繰り返しになりますが、原作アニメのファンの人にとって、本作は豪華キャストによるヤマトのコスプレみたいなものと考えれば、けっこういけると思いますが、それ以外の人にとっては駄作でしょう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステキな金縛り | トップ | ツーリスト »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL