蛙と蝸牛

本の感想。ときどき競艇の話。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

2017年08月13日 | 本の感想
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題(ジェーン・スー  幻冬舎文庫)

タイトルやペンネーム(著者は普通の日本人らしい)から容易に想像できるように、プライドが高い人が自分のイメージ通りに人生が進まないことの苛立ちを綴ったエッセイ。

私は美人でスタイルがよくて教養もあってずっと東京育ちで(ラジオだけど)レギュラー番組ももっていてエッセイを書けば講談社エッセイ賞(本作で受賞)なのに、どうして社会的な大成功(今でも十分成功していると思うが)を得られず、超金持ちの男を捕まえることもできないのか、を嘆いた内容。とにかく著者の自意識が前面に出ていて読むのが少々つらかった。今時(でもないが)でいうイタい本だった。

のだが、そういう自意識と離れた内容の「桃おじさんとウエブマーケティング」「Nissen愛している」はとても面白かった。
また父との葛藤?を描いた「母を早くに亡くすということ」も良かった。自我をうまく受け入れてくれない父親(=世間)とどう折り合っていけばいいのか?をめぐる苦闘が生々しくて、プライドが高い自分をかなり客観的に観察できる視点が感じられた。
いずれも最後の方に収録されているので、時間が経つうちに著者の尖ったプライドも丸みを帯びてきてエッセイも洗練されてきたのだろうか?
日経の夕刊(土曜)の著者による連載コラムを見ると(まだ2、3回くらいだが)確かにツンツンしたイタい感はあまりないように思えた。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼツメツ少年 | トップ | スプートニクの恋人 »

コメントを投稿

本の感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL