蛙と蝸牛

本の感想。ときどき競艇の話。

海よりもまだ深く

2017年06月18日 | 映画の感想
海よりもまだ深く

主人公(阿部寛)は、かなり昔に文学書を受けたものの、その後、鳴かず飛ばずで、今は(浮気調査を主とする)探偵をやっている。
妻(真木よう子)と離婚したが、まだ未練たっぷりで、元妻が新しい男とデートしているのを尾行したりする。
主人公の母は古い団地で一人暮らしだが、ある台風の夜、偶然その団地の部屋で主人公と元妻、長男が一晩すごすことになり・・・という話。

阿部さんが演じるバツイチの小説家志望の主人公、とだけ聞くと、ハードボイルドか?そうでなくても少なくともミステリだろ、なんて思うものなのですが、全然そうではありませんでした。主人公はかなり最低な男で、探偵活動の対象者と裏取引したり、高校生をカツアゲ?したり、母親のへそくりをちょろまかそうとしたりします。(仕事が終わってボロいアパートに帰り、机の前で小説を書こうとしたりするところは、ちょっとだけカッコいいのですが)

本作のテーマは、古き良き団地生活のノスタルジー、でしょうか??(違うか・・・)。
母親の部屋が描写されるシーンがやたらと多いですし、一応クライマックスである台風の夜に主人公と妻と子供が入り込む修理中のタコ型滑り台ドーム?も昔なつかしいフォルムでした。

是枝監督の作品は、事件がない日常を描く、みたいなパターンが多いのですが、本作はあまりにも事件(というかストーリーの起伏)がなさすぎのような気がします。作品を重ねるにつれストーリー性が薄れていくというのは、アート系の監督にはありがちな傾向かもしれませんが、ちょっと退屈でした。

登場する時間はごく短いのですが、探偵事務所の潔癖症?の所長役のリリーさん、主人公の助手役の(主人公に対して)ツンデレな?池松さんが、いい感じでした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイインターン | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL