蛙と蝸牛

本の感想。ときどき競艇の話。

皿の上に、イタリア

2017年05月20日 | 本の感想
皿の上に、イタリア(内田洋子 講談社文庫)

内田さんの作品を読むたび、「これはもしかしてフィクション?」などと思ってしまいます。
そう思えてしまうくらい、多彩で、ドラマのような著者の日常が記録されています。

タイトル通り、イタリア料理を紹介するエッセイ集なのですが、料理とともに登場するお酒(主にワイン)がとてもうまそうで、通勤電車で読んでいると「帰ったらすぐにビールかワインが飲みたい、新鮮な魚のツマミも」と思うことしきりでした。

本書は短いエッセイの集合体で、それぞれ異なるエピソードが語られますが、冒頭に登場するカラブリア出身の屋台の魚屋兄弟3人は何度も登場します。そこで売られている魚もとてもおいしそうなのですが、ハードボイルドな魚屋兄弟3人の描写もまた素敵でした。

いろいろな料理、食べ方が登場しますが、素材のよさがポイントになっていることが多く、同じ料理をつくってみたい、と思えるようなものはあまりありません(詳しいレシピとかも書いてないし)でしたが、オリーブ油にまみれたフォカッチャをコーヒーにどっぷり漬けて食べる、というのはやってみようかな、と思いました。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ティエリー・トグルドーの憂鬱 | トップ | 不屈の棋士 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL