行き当たりばったり!

ぺんぺん草が日々思うことを綴ります

はっちゃけ広場のお知らせ

2018-02-17 09:55:52 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場(参観日の代休)
日 時 : 2月19日(月)
場 所 : 下若井町公会堂
参加費 : 300円
お申込み(前日まで)
090-7968-0922


<午前>
・三角筋応急手当法
・防災クイズ
・消防士さん 
   かっこいいパフォーマンス
講師 : 加西消防・消防士さん

<午後>
仏さん作り
講師 : 朽木住職

 


リクエストのあった「ほとけさん作り」
きっと想像力豊かなバライティにとんだ
ほとけさんを楽しみにしています。
ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ!貴乃花!

2018-01-17 16:36:59 | H29はっちゃけ広場

貴乃花親方のこと
「融通が利かない」「頑な」と言われ
何て不器用にしか生きられないのだろうと
孤立してしまうことを案じていました。

2013年 「我が弟子たちへ」の記事に出会い
その思いは吹き飛びました。
既に5年前
「ただ、ただ君たちが怪我をするのが怖い」
「全世界の神様を敵に回しても臆することはない」
と書かれています。

神様とだって戦う。そんな人に勝てっこありません。
弟子達への深い愛に満ち溢れ、どこまでも真っ直ぐ。
貴乃花とは、そういう人なのです。
だから、人は貴乃花を応援したくなる。

 
 貴乃花が、貴花田と言われていた頃、眉間にシワをよせ
苦悩の表情は
阿修羅にそっくりだった。
貴花田をみると興福寺の阿修羅像を思い浮かべ
阿修羅像
にお会いすると「あ~貴花田」と思ったものです

 貴乃花親方のブログ
 2013・5・12「我が弟子たちへ」 ~抜粋~
親方は相撲のことしか知らないけど、相撲のことしか詳しく
はないけど師匠から相撲の哲学を学び、必死で身に付けた。
毎晩腹の底で泣きながら、心とからだを鍛えてきた。門限を
過ぎたら気を養うように寝ていた。
自分が生きていることの実感を知りたくて。
布団に入る時だけがその時だった。
布団に横たわるまで死力を尽くして生きてみたい、と思い
ながら毎日を暮らした。
誰彼に良く思われようなんて考えたこともなかったよ。
喧嘩っぱやかったし、怖いもの知らずだった。

でも今は君たちの取り組みを見るのが怖い、
だただ怖い。
でも歯を食いしばって見つめているんだ。
神様をも味方につけようと思って。
それでも神様が味方してくれなかったとしたら、
親方が受けて立つ思いで見ている。神様を敵に
回しても親方はなにも怖くないさ。


ただ、君たちが怪我をするのだけがすごく怖い。
神様は居るようでいないものだよ。
居るとしたら、君たちの守護神は親方さ。
君たちのためなら、例え世界中の神様を敵に回し
たとしても、なにも臆することはない。

もしも神様が君たちの命を奪いにくるのであれば、
親方が奪い返す。

親方は相撲しか知らない。相撲は詳しい、負け方も勝ち方も
心得ている。しかし君たちには勝たせることしか教えない。
命懸けで勝たせる。
心が倒れそうな時には立ち止まって踏ん張れ!そこにいればいい。
敗けを知れば勝ちを知る。その方法は親方が知っている。
先代から与えられた哲学と自分で培った勇気がある。
その勇気の中には綺麗なものも汚いものもすべて入っている。
来るとこまで来たらこっちのものだ!

親方が教えた五進術は全員に教えている。言い方は違うけれども
一視同仁だ。これは君たち以外には教えない!
その答えは、師資相承の中にある、絆という掟の中だけにある。

男には男の道がある。
力士には力士の道がある。

この国を今後は亡き親方に代わり伝承せよ!
先祖伝来の牙城を守り抜け。

 (以上抜粋)

今読めば、心にしっくりときますが、5年前に読んでも
漠然としてピンときてないと思います。
貴乃花部屋の力士たち、こんな親方の弟子で幸せだよ。
本当の親でも、ここまで思ってくれないよ。
親方の教え思いをしっかり受け止め、男として力士として
道を究めるべく、鍛練、精進し親方の思い受け継いで欲しい。
活躍を楽しみにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場の様子

2017-11-27 17:38:19 | H29はっちゃけ広場

<午前>お正月用祝箸袋作り
昨年もやった箸袋作り。新年を迎えるのに家族分の
お箸袋を作ろうと、
「これは、お父さん」「この色は、おばあちゃん」
というように、その人をイメージしながら、色に拘って
丁寧に折っていたね。

みんなが作ったお箸袋は、お雑煮やお節、お正月の
団らんに、花を添えてくれるでしょう。

早速、お母さんから
「今から、お正月に使うのを楽しみです」
 
<ストラップ作り>
人気のストラップ作り。
何も考えず?とにかくやり始める子供達。
おいおい、ちょっとちょっとと言いたくなる。

いやいや、やりながら考えてんだね。
ストラップの先生が二度塗りするマニキュアのような液を
「下地に、こんな薄い色塗ってどうなるのかと思ってたけど
どんどん、良くなってきた」と言われてたよ。

頭に何もない方が、良いんだね。
そこが子供の発想のすごいとこだよ。
 

今年はとても個性的なのが出来上がりました。
作品を見て、「誰の?」「〇〇ちゃんの」と聞くとああ、なるほどね。
というほどその子らしさが出てるよね。

今回、紫外線ランプで乾燥後に、
ストラップの紛失がありました。その子は心を込めて丁寧に
作って、本当に眼を引くほど上手に出来てました。まさに
その子そのものが滲み出ていました。

お母さんに見せたかったと思う。
お母さんの喜ぶ顔が見たかった思う。
そんな作品を、紛失させてしまったこと、心が痛みます。
本当に本当に、ごめんなさい。

ぺんぺん草

次回は2月19日(月)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-11-26 09:22:57 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場
11月27日(月)学習発表会の代休
場 所 : 下若井公会堂
参加費 : 300円
<午前>お正月用祝箸袋作り
<午後>ストラップ作り


 

ふるさと散歩は急きょ、気球体験から大人の事情で
けん玉大会になりました。
みんな、がっかり! (>_<)だったみたいですが
そこは、切り替えが早い!

ゲームばかりで、日頃けん玉なんかしないのかと
思ってたら、すごい子いたよ!
インストラクターのお兄さんに勝っちゃった。

約2時間、6種類の遊び方を教えてもらい、
ぺんぺん草も、すっかり夢中になりました。
インストラクターさんが、何度も「ひざ」を使うと
言われていました。
そうか、けん玉は「ひざ」なんだね。たぶん200回
以上のスクワットをしたよ。
次の日、次の次の日、かなりの太もも、中臀筋の
筋肉痛でした。まいった!


前回11月13日(月)ふるさと散歩の代休の様子。
今回久し振りに、三木から、手打ちうどん講師の
草間さんが来てくださいました。

  
うん。うん。自己流になってきていたので、もう一度
基本から、きっちり学ぶいい機会となったね。

粉が丸まらないと、安易に水を足すと団子みたいな麺に
なってたんだよね。分量は守る。が基本中の基本かな。

 
みんなで力を合わせて麺を伸ばしていく。いちばん楽しい作業だね。
6年生が優しく手を添えて麺きり。
湯がくと太くなるから、やや細めに切る。

今年は、自分たちが打った麺は自分達で食べることとしました。
たっぷりのお湯で湯がいてら、流水で濁りがとれるまで麺を洗う。
じゃぶ、じゃぶ 気分は、すっかり麺職人!

腰が合って、本当に良い麺が打てました。
「おかわり~」
残念ながら、一本も残ってない!去年までは、けっこう残って
処分してた程だったのにね。
腕、あげたね。

 
<午後>ブロック遊び

 
どうなることかと思っていましたが、スターウォーズチームと
そうでない子に別れてブロックガ始まりました。

スゴイ集中力だったね。2時間以上、黙々とやり続けてた。
 

学習発表会は楽しかったですか?
日頃の学習や練習の成果は発揮できましたか?
また、いろいろお話を聴かせてね。

ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-11-09 12:53:36 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場 11月13日(月)ふるさと散歩の代休
場  所 : 下若井町公会堂
参加費 : 300円(要お申込み)
午  前 : 手打ちうどん作り
午  後 : ブロック遊び


 

 はっちゃけ広場、(運動会の代休)

運動会は絶好の運動会日和でした。9月は雨が多くて十分な練習が出来なかった
と聞いていましたが、そんなことは微塵も感じないキビキビ。はつらつな動きでした。
特に6年生は、自分たちの競技に、各競技の準備に片付け、本当に立派でした。

<午前>食物ピラミッド
・「生きること、食べること。よりよく生きるためによりよく食べる」

食物ピラミッドに今日は何を食べたかを貼り、
バランスの良い栄養が摂れているかを確認。
そして
エプロンシアターで、口から入った食物が肛門から出るまで、どのように
栄養が消化吸収され、排出されていくかのお話でした ・ ・
 
 
一番興味を持ったのは小腸!
小腸の長さは約6~7メートルもあります。驚くのはその表面積の広さ。
小腸を全部広げると、なんと!テニスコート1面分。
健康的なうんちは「バナナうんち」


せっけん作り&お部屋の芳香剤つくり
昨年も来てくださった、バドの井上早苗先生「香育」として、暮らしのなかにある
匂いや香りのお話を聞き、みんな楽しみにしていた石けんつくり。

石けんのもとに、自分の好きな香りを選んで揉み込み形を整える。
柑橘系やペッパーミントの香りが人気だったね。
 
 
ハート型は思いの外形を整えるのは難しい。でも根気よく丁寧に仕上げました
ハロウィン・アロマの香り。保冷材のジェルに香り付けと色付けをし何層か重ねる。
 
上にハロウィングッズを飾り付け、穴が開いたふたをして完成。
石けんに、芳香剤。本当に良い香りに包まれ、気持ちの良い何となくしあわせ~と
感じる作業のひと時でした。
お家にもって帰って、お母さん達にも好評だったようですね。

次回は11月13日(月)ふるさと散歩の代休です。
お天気を心配していましたが、朝方までに止むそうで予定通りで安心しました。
 
ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「わくわく体験」の様子

2017-11-07 11:52:24 | わくわくキャンプ

はっちゃけ広場 11月13日(月)ふるさと散歩の代休
場  所 : 下若井町公会堂
参加費 : 300円(要お申込み)
午  前 : 手打ちうどん作り
午  後 : ブロック遊び


 

7月23日(日わくわく体験)
場所 : 大谷キャン場跡

何回か参加している子もいるので、すぐにバケツをもって沢に ・ ・
そぉ~と石をどかしたり、魚をじっくり追い込んだり。
素手では、なかなか捕まえにくい、ドジョウを、じぃ-と目でおって
さっと捕まえる、スゴイ子がいたよ。それも何回も。ツワモノ!

 
 
 

お昼過ぎ、池の水温は少し上がってきたかな?
ライフジャケットを装着して池へ ・ ・

今年は、ターザン飛び込みをする子が少なく、ぺんぺん草としては
少し寂しかったなぁ。
雨降り続きの後だったので、やはり池の水が冷たかったよう。
焚火で体を温めながら、でも中々温まらない(><)!
 
 
体の芯まで冷え切った?体は五右衛門風呂で沸かしたお湯を
サイホンにして流し込んだ露天風呂。

何か、みんな銭湯にいるように、ゆっくり和んでいたね。
即席の露天風呂だけど、自然の中で木々のざわめきや
川のせせらぐ音が聞こえ時間を忘れて長湯になってしまう?

「待ってる子いるから、はよあがったってよ~!」
 
お風呂あがりはあったかく甘いココアと揚げたてポテトチップス!
あちちの揚げたてに塩をして ・ ・ 
すぐにあちこちからどこからでも手が伸びてくる。

揚げたてのポテチが動くと子供たちが動く。取り合い!
背が高く手の長い子は断然有利、
「ちょっと遠慮して~!」
「はい、小っちゃい子」

この揚げたてポテチを楽しみにしてくれてる子がいます。
取り合いになるから、おいしいと錯覚?してるんかなぁ~?
それとも、取り合いして食べること自体を楽しんでいるのかな?
 
 
みんなが捕まえたサワガニ。
メスと小さいカニは川に戻しました。

サワガニの天ぷら、カニと目が合うと食べれなくなるから
衣は厚めです。
カリッとサクサク香ばしくておいしい!
普段、カニを捕まえても、食べるという認識はない。
でもバケツや洗面器に入れて炎天下の中放置している ・ ・
そのことの方が残酷なんだよ。
カニの命は、みんなの命になったね。
 
薪割り
力任せに叩くのではなく、ねらいを定めて大きく振りかぶる。
反動を利用してストンと落とす。
最初は、ぎこちなく、ヨロ付くいたりして見ていて恐い ・ ・
でも、だんだんと真ん中に命中し、薪割りの良い音が響いていました。
 
 

間伐材がたくさんあったので、
ロープのみで簡単なツリーハウスをつくってみました。
昔の方の知恵をかりて結んだロープ。
これだけの子供達が乗っても少しの緩みもなくビクともしなかった。
まだまだ教わらなければならないことたくさんあります。

最後に、金剛院の住職さまより
自然の有り難さ、命の尊さ、人の心の尊さと温かさの話を聞き
わくわくを終了しました。

今年は池の水が冷たく池を楽しめなかったところもありました。
でもそれが自然のなかの遊び。

また来年ね。

ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-09-22 15:16:11 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場(運動会の代休)
9月25日(月)
<午前>食物ピラミッドのお話
<午後>入浴剤「バブ」作り
場所 : 下若井公会堂
時間 : 午前8時~ 午後3時半頃まで
お申込み : 090-7968-0922


前回7月3日の様子

<午前>じゅず作り&じゅず占い
じゅず作りは毎年やっているだけあって
みんな、そてぞれ拘りを持って作るように
なって来ました。
薄い色を好む子、はっきりした色が好きな子
色んな色をいっぱい使う子、個性が出てます。
 
 

うふふ~女の子はアクセサリー好きだよね。
写真、とって~ 今度チラシに使ってよ~ ♡
男子は、お母さんにプレゼント、だそうです!

<午後>お点前体験
 
 

まず、正座が大変だね。うっ~モゾモゾ‥でも
だんだんお点前に集中してくると、うんうん。。いい感じ
盆略を更に略したお点前ですが ・ ・
お茶杓を持って
「お菓子をどうぞ!」から
お棗をもち抹茶をすくう
「入れ過ぎ、入れ過ぎ」
お湯を注いで、茶筅でかしゃかしゃ
「これが、やりたかった!」
でも、ん?なかなか泡立たない。

お客役さんは
茶碗を手のひらに乗せまわす
「うわっ、にがい!」
「おいしい~お茶や」

「けっこうなお点前でしたっ」

 
親御さんから「将棋」を教えてやって欲しいというお声があり
ちょこっと将棋 ・ ・ 強くなってね。

明日の運動会心配していたお天気
、大丈夫そうですね。
お母さん、安心してお弁当作れます。
運動会楽しみにしています。

ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-06-29 09:14:41 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場 
日時 : 7月3日(月)参観日の代休
場所 : 下若井公会堂
参加費 : 300円
お申込み : 090-7968-7968(前日まで)


<午前>じゅず作り&じゅず占い
<午後>お点前(おてまえ)体験
 

あと、ちょこっと将棋    
  
持ってくるもの 水筒、300円
大人の方の御参加大歓迎!  
昼食、おやつはついています。
会場は午前8時から午後3時半頃まで開放しています。

遊びに来てね。

ぺんぺん草

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-04-16 15:48:15 | H29はっちゃけ広場

はっちゃけ広場
4月24日(月)午前8時~午後3時半頃まで
下若井公会堂
参加費:300円
要お申込み(前日まで)


前回2月20日(月)の様子
<午前>竹輪つくり
魚をすり身にしたものを竹にまとわり付かせ
形を整える。
火をおこしたU字溝におき、時々回しながら
丁度良い焼き色が付いたらOK!
香ばしい匂いが漂い食欲をそそられた様で
写真を撮ろうと思った時には、竹のみの
残骸になってた。
竹輪嫌いいの子がいて、家では食べたこと
なかったけど、普通に食べれてた(^^)/
竹輪というより、魚だったんだね。

 
<午後>紙皿カーリング作り
予定では、ブーメラン作りだったのが
いつの間にか、カーリングになっていてごめんなさい。
人の話を聞いてないので、作り方がチグハグ?!
それでも、最後は形になった。良かった。

 

おやつは、ごぼう入りのカステラ♡
もちろん手作り。
 

ほんのりごぼうの香りがして、おいしいという子。
ごぼうが入ってなかったら、おしいのにという子。
いろんな味を体験していこうね。

ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民のかまどは賑いにけり

2017-02-09 11:22:46 | ブログ

 はっちゃけ広場
2月20日(月)参観日の代休
場 所 : 下若井公会堂
参加費 : 300円
お申込み : 090-7968-0922 (前日まで)
<午前> 竹輪(ちくわ)作り
<午後> 紙皿ブーメラン


 

2月11日は、建国記念日。
日本の初代天皇である神武天皇が即位された日。

何故2月11日が建国記念日かというと、神武天皇が
即位されたのが旧暦の皇紀元年一月一日だからです。
いまから2672年前のことです。


2年前
一宮市の市立中学の男性校長(56)が、学校のホーム
ページ上のブログに、神話に基づく日本建国の由来など
に触れながら、自国に誇りを持つよう訴える記事を掲載し
たところ、市教育委員会から「神話を史実のように断定的
に書いている」との注意を受け、記事を削除していたことが
分かった。学校側には教職員組合から抗議文も出されたが
「校長は間違っていない」「感動した」などと記事内容を評価
する声も多数寄せられているという。ブログ記事は削除しな
ければならない内容だったのか。
原文のままご紹介します。

     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


2月11日は建国記念日です。
そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源についてお話
をしたいと思います。日本の建国は、今から2675年前の
紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が
始まりです。世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代
仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられまし
た。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きす
る煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。

 
仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは貧しく
て炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はな
おひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されま
した。
税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大
いに荒れました。天皇は衣を新調されず、茅葦屋根が破れ、
雨漏りがして星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。

三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧に
ると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つの
をご
覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたという
ことです。


「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」

そして一緒におられた皇后に
「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。

皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服に
は穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえ
るのですか」すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいる
のだから、私も豊かということだ」と言われ、天皇は引き続き、さら
に三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと
税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。すると人々は命令
もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立
派な宮殿ができあがったといいます。


この話は神話であり、作り話であるという説もあります。
しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言える
のです。 こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限った
ことではありません。敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和
天皇はマッカーサーと会見をしました。そして、その会見で昭和天
皇はこのようにマッカーサーに話したのです。

「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重
光らを罰せず、私を罰してほしい。ただし、このままでは罪のない国
民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非食糧援助をお願いし
たい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その
費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。

それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろう
と考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上
がり陛下の前に進み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、
「私は初めて神のごとき帝王を見た」と述べて、陛下のお帰りの際は、
マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を取ったのです。

 

このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型
の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。

日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。

しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけ
ではありません。また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつ
くったわけでもありません。古代の昔から、日本という国は、天皇陛下
と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ
国家であったのです。

 

私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。
皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを
持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで
欲しいと思います。(原文のまま)

 
      ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

素晴らしいです ・ ・ ・ 
そんな国の国民であることを幸せに思います。
早く公務から解放されお二人で穏やかな日々を
お過ごし頂きたいですね。

世界最強の天皇陛下

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2017-02-05 13:15:14 | H28 はっちゃけ広場

はっちゃけ広場
2月20日(月)参観日の代休
場 所 : 下若井公会堂
参加費 : 300円
お申込み : 090-7968-0922 (前日まで)
<午前> 竹輪(ちくわ)作り
<午後> 紙皿ブーメラン


 

 前回11月28日のはっちゃけ広場の様子

<午前>お正月用祝箸袋作り
女子は、丁寧にせっせと折り紙で家族の人数分の箸袋を
作っていました。
きっと、お節料理が盛り上がったことでしょう。

 
<午後>ストラップ作り
もう4回目となるストラップ作り
慣れてかえっていい加減なものにならないかと
心配しましたが、いえいえ気合入っていました。

講師の有近先生の説明を、耳を澄ませて聞き
慎重に作業開始。

 
土台の色となるマニュキュアのような液を2回塗り、
乾いたらパーツを仮置きしていく。
いやいや、こだわってます。
全体のバランス、色合い、ちいさな小さなパーツの
置く位置を、何度も微調整したりして、思いが伝わ
つてきたよ。
 
完成~!
それぞれ良いのができました。
お母さん方がおっしゃるように「小学生が作ったと思えない」
男子は殆ど、お母さんへのプレゼントのようです。
きっとお母さん喜ばれたでしょうね。
 
今日のおやつは「大学芋」でした。

またね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の一枚!

2017-01-16 10:15:08 | 日記

と言いながら、7枚もアップになりました。
加西の「どんつき」

こんなに降ったのは何十年かぶり。
雪掻きしないと車が出せないレベルだと
20年とか ・ ・ ・かな?

記録に残す(大袈裟か)ため記事書いときます。

上の屋根から下の屋根へ雪が落ち、その度に
どんっ!ずっしんっ!と地震のように音がし家が
揺れて、あばら家が潰れやしないかと心地悪い
です。

子供達は雪遊びを堪能したでしょうか?
 
 
        

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと、いい話!

2017-01-08 10:32:20 | ブログ

年末に「地域医療フォーラム」を聞いてきました。
市民病院のレベルの維持向上、市内医療機関の受診率
市民の市内病院の入院率、地域包括ケアシステム、地域
医療室からなどのお話でした ・ ・ ・

山邊前院長が
「加西病院は消化管外科と冠動脈は他機関に勝っている」
とおっしゃってました。

それと関連した、いい話。
知り合いが、加西病院で、すい臓がんの診断を受け、明石
がんセンターを紹介され受診し検査したが、もはや手遅れで
手術をしても ・ ・ 放射線治療で診ていきましょうという感じ
だったそうです。

「加西病院の外科は悪くないよ!加西病院に戻って先生に
相談して手術してもらうよう頼んでみ!」

がんセンターがさじをなげた?くらいですから大変な手術だっ
たと思いますが加西病院は引き受けてくれた。
それから3年
ちょっと過ぎました。その方は今も穏やかな日常
生活を送られています。


病気・症例としてしか診ない最先端医療の病院よりも、その
人を親身に思い最善を尽くしてくれた地元の病院の勇気と、
頼もしさを感じました。
最先端に負けない地域愛、人間力です。

             


いつも加西病院の経営に一生懸命に尽力して下さっている
山邊先生にお伝えしたいと思いましたが、医療フォーラムで
質疑応答がなく、お伝えする機会がなく残念でした。

病院の質・レベル・経営など難しいことは分りませんが、
今、目の前の困っている人に手を差し伸べ寄り添うことが、
地域の病院として頼りにされ愛され、市民は安心して
病気に
なれる!?そんな信頼関係も大切かなと思いました。

              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場のお知らせ

2016-11-23 15:58:33 | H28 はっちゃけ広場

はっちゃけ広場 
日時  : 11月28日(月) 学習発表会の代休
場所  : 下若井公会堂
参加費 : 300円
要お申込み(前日まで)090-7968-0922


 

急に寒くなってきました。
いよいよ、本格的な寒さがやってくるのでしょうか!
去年は暖かい冬だったので、気合をいれておかな
ければですね。

<午前>祝箸袋作り
お正月に使う祝い箸袋を作ります。
家族の人数分作ってね。

<午後>携帯ストラップ作り。
ストラップ作りも、4回目になります。
最初はパーツを並べるだけだったのが、3回目で
はパーツを選ぶのもひとつひとつ真剣で「これっ!」
気に入るまで、
おく位置も何度も並べ替える。

お母様からは
「子供が作ったとは思えない」
と言うわれるほど素敵なストラップが出来るように
なりました。


 
        

寒くなって来ましたが、体調を崩さないようにして下さい。
ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はっちゃけ広場の様子

2016-11-19 09:08:51 | H28 はっちゃけ広場

次回はっちゃけ広場 
日時  : 11月28日(月) 学習発表会の代休
場所  : 下若井公会堂
参加費 : 300円
要お申込み(前日まで)090-7968-0922


 

ふるさと散歩、絶好の行楽日和に恵まれて
上野町の磯部神社に行きました。
遠いかな~と思っていましたが、気持ちの良い
お天気の中、川べりの道をお喋りをしながら
歩いていると、意外にあっという間に着きました。
宮司さんのお話はとても聞き取りやすい話し方
で手作りの紙芝居で神社にまつわる民話を紹介
して下さいました。

これから中学生になって、思い出ができ身近な思
いをもって、この神社の前を通って行き帰りできる
でしょうね。

11月14日(月)はっちゃけ広場の様子

<午前>
手打ちうどん作り

もう4回めになる手打ちうどん作り。
大体の作業工程の流れが分かってきているので
それが、かえって話をきちっと聞けてない、という
(>_<)
粉、塩、水、きっちり量を測って渡しているにも関
わらず、粉が上手くまとまらないと、勝手に水を
足してしまったり、寝かす時間が短かったり、捏ね
るのに生地がもちもちになってないのに、切る作業
に入ってしまったりと、ちょっと慣れてきたからこその
手抜き?的になってしまっ感じかな。

 
 
一番最初の粉に水を何回かに分けて入れ、
粉をまとめていく作業。手に粉がくっついて
なかなか、粉がまとまってくれない・・ここで
我慢しきれず、水を足しちゃんだね~。

20分寝かしたら足踏みで捏ねる。
そして大好きな作業、伸ばす。
麺きりは危なっかしいけど、ひと切りひと切り
慎重にやってた。手を切った子はなく、これは
よかった。

トッピングは、ちくわ。かまぼこ、たまご、ぼっかけ。
「麺がかたい~!」
「これぐらいで、おいしい!」

「おつゆ、バリうまい!!」

 
<午後>
佐伯久代先生による
牛乳パックを使ってコマや小物入れ作り

まず先生は、何やらはさみを器用に早く動かし
あっという間にクリスマスツリーなど切り抜かれ
子供達は、「えっ~」

小物入れは、牛乳パックに布を貼る作業が、思い
の外大変だった?!
よくくっつくようにと、速乾性木工ボンドをベトベトに
分厚く塗りつけてしまって、乾かないからくっつかない。

ボンドは薄く、きれいにのばすのがよくくっつきます!
 
 
お家で使ってくれているかな。
しっかりしているから長く使えそうです。

今回も忘れ物が多かったです。
どんな物にも必ず名前をかいてください。
お願いしますね。

次回は
11月28日(月)です。
ぺんぺん草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加