ほぼ 毎日配信します 『本日のフレーズ』

英語大好きなかた 英語をこれから大好きになるかたのお手伝いがしたいです

本日のフレーズ # 980 Mumin

2017-04-11 22:16:46 | 英語
本日のフレーズ

写真 見えますか? 現在 『フィンランド デザイン展』をやってるそうで…
で 左端に ポスターあります
Mumin なんと!読むでしょう
…といったら きっと「は? 『ムーミン』は『ムーミン』って読むに決まってんじゃないの?!」( ゜o゜)
だと 思うのですが… 日本人なら…
でも この 名前 Mumin 英語読みだと 『マミン』(余計なことながら フランス語だと『マタン』)
え? なにそれ?! あるい「個人名が 国によって よびかた変わるって なにかの冗談?! 」You gotta be kidding me ! だと思うのですが なんですが…
はい『アルファベット圏では その国の読み方で 読んでしまう』これほんと! 日本は おそらく唯一 《その国の呼び方で 呼んでいる》国です これが出来るのは 日本語に カタカナ があるからです!カタカナ偉大!そしてやっかい! ゜゜(´O`)°゜
基本 カタカナを見たら 『英語じゃないかも』と疑ってかかっていいくらいです!いやほんと (  ̄▽ ̄)
とはいえ ほぼ同じ アルファベットを使ってるので 仕方ないところもありまして… 「個人名くらい そのままオリジナルで呼んであげなよ!」と思うでしょ?
しかし同じようなこと実践日本にもありました 中国 韓国 日本は 同じように『漢字』を使っているため 日本では 漢字を『日本人読み』しちゃうんですよ
その昔 金大中 という大統領がきたの知ってますか? その人のことを昔は テレビでまで 『きんだいちゅう』と呼んでいました
違うんです ← 韓流ファンはご存じかな
金大中 は 韓国語読みだと 『キムデジュン』になります
「え? !Σ( ̄□ ̄;) 飲み方 違うの?!」ってかた 少なくないですよねぇ なので 勝手に 《日本語読み》するのは韓国に失礼だから ということで 日本では ちゃんと 金大中 の上に ふりがなで キムデジュン と書くようになりました
日本人って それだけでも すごくえらいと思いますよ! 英語圏の人は (フランス語も そうです ドイツ語はごめんなさい 習 なので! その 『アルファベットを勝手に自国読みする』のを知らないと おもわぬやっかいに 巻き込まれるかも?
たとえば パリで エッフェル塔を観たいから と 誰かに英語で
How can I get to the エッフェル tower ?
って聞いても だれも教えてくれません… ← めちゃめちゃ察しのいい人がいれば… ひょっとして大丈夫かも だけど…
エッフェル塔は 英語は the Eiffel tower 読みは 『ジ 《アイフル》 タワー』!!(゜ロ゜ノ)ノ
おもしろいでしょ? ~(*´∇`*)
ハリウッドや アメリカのテレビ局 ← 最近では ドラマ『クイーン・メアリー』など
で 『外国 (アメリカ国外)が舞台の 物語』をつくると 出てくる 『外国の名前』が ほぼ!《英語読み》になってまふんで おもしろいですよ~
イエス・キリストは ジーザス・クライスト
ユリウス・カエサルは ジュリアス・シーザー
← 日本ではこっちの方が知られてる?シーザーサラダとか…
アンリ国王は king Henry ヘンリー!
え… 世界史で 頑張って アンリ国王もヘンリー国王も覚えたのに なぜ?!
あ!そう言えば この前 生徒ちゃんたちと観た映画も 『タンタンの冒険』タンタンは個人名なのに 台詞では ティンティン! と呼ばれてました
古い人形劇だけど 数年前にアニメ化された 『サンダーバード』には 中国人のかわいい女の子出てくるのですが 彼女の名前は Ting-Ting さすがにこのままでは まずいと思ったのか NHK 彼女の名前を変えちゃいました! 個人名なのに! たしか リンリン になってたと思います アニメ版では 戻ってたかな?
こんな感じで《カタカナは全て英語ではない》 と 覚えておくといいかもです
美味しい物系は フランス語 医学系は ドイツ語から来てること多いのです
あと 日本人が勝手に作ったカタカナも とっても多いんです~(  ̄▽ ̄)
一度 講義をしたことあります 『気を付けろ! そのカタカナは映画じゃない!?』また 資料作ろうかな~
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日のフレーズ # 979 You ar... | トップ | 本日のフレーズ # 981 It's s... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

英語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL