ほぼ 毎日配信します 『本日のフレーズ』

英語大好きなかた 英語をこれから大好きになるかたのお手伝いがしたいです

本日のフレーズ # 1004 Lavender's blue

2017-05-07 21:41:54 | 英語
本日のフレーズ

は 映画 『シンデレラ:実写版』より
と言っても 直接 《フレーズ(台詞)》ではありませんで 映画の中に流れる 音楽 童謡なのですが
Lavender's blue
実は これも イギリスに古くから伝わる 童謡 マザーグースのひとつで
そして 童謡というのは 『口承(口伝え)』でありますから 《地域や年代によって 歌われるバージョンがいろいろある!》のですね…
メリーさんの羊 のようにあまり地域差や年代差がなきもののあれば
London town がアメリカに渡って Boston town になった歌詞もありますし メロディも 複数存在したりします (ので 図書館のボランティアでは 複数あるうちの 一番 『子供たちが好きな』『盛り上がる』バージョンで 歌ってます)
この ラベンダーの歌もその通りで
おそらく 実写版シンデレラで歌われているのは…
Lavender's blue, diddle diddle,
Lavender's green
When I am king , diddle diddle ,
You shall be queen
ではないかと思うんですが (ママが すごい小さな声で歌ってるので よく聞こえませんが… すみません)
でも! 私が最初に知ったバージョンは!
Lavender's blue, diddle diddle
Rosemary's green
When you are king, diddle diddle
I shall be queen.

Who told me so, diddle diddle
Who told me so ?
'twas own my heart, diddle diddle
That told me so.
と言うもので… 歌詞的には現代版はこっちでしょ?! な感じですが
あ!訳要りますか?
最初のバージョン
「ラベンダーは青い ランラララン
ラベンダーはみどり
ぼくが おおさまになったなら ランラララン
きみは おきさきさまなのさ」(訳:谷川俊太郎さん)
二つ目のバージョン
「ラベンダーは青い ランラララン
ローズマリーは緑
あなたが王さまなら ランラララン
私は おきさきさま
誰がそう言ったの? ランラララン
誰がそう言ったの?
私の心がそう言ってるのよ!」
ね? こっちの方が現代的?でしょ?!!Σ( ̄□ ̄;)
はい うちのガールズクラスに捧げます… (  ̄▽ ̄)
いまどきの女の子は これくらいの 勢いでないと… しかし このバージョン実は 'twas (It wasの略)や shall を使っていて かなり古いバージョンです そんな昔から 女の子は 『お姫様願望』があったということですね もちろん シンデレラ (フランスのペロー童話) より同時期かもっとも前に ですよ~
私 個人としては おとぎ話としてのシンデレラもあっていいんじゃないの? 実写版 なんか ちょっと 辻褄合わせに行ってない? 理屈っぽくない? なのですが…
まあ でも『シンデレラコンプレックス(れっきとした 心理学用語)』があるくらいなので 「待ってるだけでは 王子様(理想の彼)は 訪れないのよっ!」というメッセージを込めたくなるのもわからなくもありませんが…
この マザーグース 本当に 楽しく でも奥深く いろいろ話したくてたまりません
少し前にチラっとら話しましたっけ?「『ロンドン橋』 は 何番まであるでしょう」とか
「学校に羊を持ち込んだメアリーは 本当に怒られたのか?」とか
恐い童謡も決定あるんですよ~なんで『本当は恐いマザーグース』がないのだろう それとも 誰か もう書いてるのかな?
おとぎ話 というのは 非現実な話に見えますが 実は すごい いろいろ語ってるものでもあるのですよね
ちょっと 英語を離れちゃったかな?

またいろいろ マザーグースもご紹介しますね~ (*^▽^)/★*☆♪
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日のフレーズ # 1003 間違... | トップ | 本日のフレーズ # 1005 Keep ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL